トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

ハロウィン

月曜日39MAMにてタカラの2か月の会で知り合ったママサークル「OBONKOBON 」のハロウィンパーティーがありました。今年で2回目ハロウィンの衣装毎回作っていたのですが、今年は作る余裕なかった〜。。去年、一昨年の作った物きせましたIno_kabochiya_2
イノウはかぼちゃマン。。ユニクロでみつけた紳士物の激安500円パンツをリメイクしてつくりました。。



Takara_peterpan_2 タカラはピーターパン。去年のより当たり前だけど大きくなっていてウエストのベルトがきつかった。来年はまたなんかつくらないとね。



お友達がウッディだったからbuzzつくってあげたかたけど難易度がたかかった〜。
ママ友と知り合ったのがタカラが2か月の時から。。ながいつきあいです。ほんとうにみなさんに支えられて一緒にストレスをぶちまけ解消させながらも子供たちが一緒になって遊びここまできました。みんながいなかったら乗り越えられなかったこといっぱい!児童館のお友達もそうだけどほんとママ友の存在はありがたい。。日々感謝!幼稚園で離ればなれになってもこれからも皆様仲良くしてやって下さい。
会場となった39MAMは下総中山にできたキッズカフェ。。最近ふえてますね。キッズカフェありがたいことです。。ここのいいところは椅子ではなく家みたいにカーペット敷きにクッションを並べたコーナーがありとてもそのスタイルがくつろげるのです。(テーブル席もあります。仕切れる部屋もあります)小さい子がいると椅子の足など邪魔になるしゴツンコするものがふえるし。とくに乳幼児の居場所がいままでのキッズカフェにはありませんでした。しかもそのコーナーのちかくにはベビーサークルがあり小さい子向けのおもちゃがはいっています。
また子供たちが遊んでるスペースの壁半分は透明で天井までのびているので子供のキャーキャー声で何話してんだか分かんないということもないし。座れば子供はみえないけどちょっと腰あげると子供の様子も見れるし、リフレッシュに成りますね。いくら保育しくれる方がいるとはいえ見え過ぎると結局自分の子めでおいつづけ気が休まらないですよね。
おもわず時間延長して2時間半いました。。パーティプランで2500円ぐらいでした。御飯はまぁまぁ。。でもフリードリンクとポップコーンは食べ放題なので飲み物追加。。てことがなくていいですよね。。子供たちはみんな汗びっしょりになってあそんでいて。「たのしかった〜 またいきたい!」といったのが一番良かったことですよね。ママたちで持ち寄ったお菓子をつかみ取りしてさせてハロウィン気分もあじわい満足の一日でした。

タカラが出産?

おしっこの方は7月に総合スポーツセンターのプールに入りたいひとはおしっこがオマルかトイレでしないきゃいけないとはなしたら出来るようになりましたが、なかなかウンチくんができないタカラ。というのも何度か成功していたのに失敗するたびにおこってはいけないとおもいつつついおんぶしながらウンチパンツをあらうことにいらだちを感じかなりおこってしまい。余計ビビってできなくなってトイレを拒否してかくれてするようになってしまった。6日間の沖縄旅行で旦那がずっと一緒。パパ大好きっ子タカラくんなのでウンチがでそうになるとパパ〜とあまえてました。そして沖縄でパパが見守る中久々にトイレでうんち成功!!帰ってきてもパパのもと休日に成功!平日になりわたしの番。。やっぱりあせらせ失敗させてしまった。う〜これはあせってはいけない。。プレッシャーかけないようにしなくてはとおもい。わたしではなく沖縄で買ったBUZZくんがタカラを応援しているようにした。「オッケー!まずはトイレに座ってみないかい?バズライトオッケー!」といった感じ。おっしっこをしたときもしきりにほめた。「かっこいい!おしっこできるタカラはかっこいい!オッケー!」「そうだよ!ぼくかっこいい!」「ついでにすわってみるほうはどうだい?タカラくん?オッケー?」(BUZZ風)ついに腰をかけ踏ん張りはじめたタカラくんまたの間からついついのぞき「そうだ!そうだ!みえてるよ!あともうすこし!オッケー!」お腹をさすりながら「がんばれ!タカラ!かこいいぞ!!」一緒にりきんで!さすって!なんども股のあいだをのぞいては応援した。。ついについに立派なウンチがでてきた。。やった〜!!「タカラはかっこいい!すごくかっこいい!」「たーくん。かっこいいよ」と自分でもいうタカラ。。すごくかわいくって抱きしめまくった。もうBAZZではなくすっかりママにもどって喜んだ。。心底よろこんで心底から「タカラはかっこい!」とおもった。。まるで自宅出産したときみたいだ。額にあせをかきながらみまもった。。とてもタカラの成長を感じうれしかった。
それからまたあせらせて便秘にさせそうになったり、少しだけ失敗でのこりはトイレでできるようになったりとだんだんできるようになってきた。。またおこらないように元に戻らないようにせっつかないようにしなきゃ!BUZZくんみまもってやってください。。

◎今日の献立◎
・ポークソテー デミグラスソースりんごソース添え
・インゲンソテー
・ポテトフライ
・キャロットスープ
おいしいポテトフライの作り方。 
 よくあらったジャガイモをきり、水にはさらさない。
 ジャガイモがつかるくらい冷えたオイルをそそぎ弱火でじっくりあげておく
 狐色になったらおいしい塩ふってできあがり。。
 冷凍物やファーストフードのポテトは食べたくなくなりますよ。。

ピーナッツ

今日は「エッコロ広場」に初めて参加した。そこでおむすびを食べながら育児心理学的な話を聞いてきました。
将来わが子に「考える力」「行動する力」をつけてもらいたいと思っているのに、がみがみああしろこうしろと指示ばっかりだし私の考えばっかり子供に押し付けていてはそういう力は身に付きませんよね。また私が負のエネルギーを与えるような、子供も聞いていて嫌な気分になるようなことばかりはなしていては家庭内がたのしいわけもなく話したがらなくなってしますね。
ガミガミいうんではなく宿題してほしければ自ら勉強することは楽しくまたこんなに新しい知識でこんなことができたというのを親が楽しみながら子供に見せれば子供も自発的に勉強するんですよね。また愚痴ばかりでなくなるべく楽しい話題、自分がうれしかったことを子供に話して自分自身も家族も楽しい笑いが絶えない家庭にしたいよな〜。。意識的にそうしてこうと改めておもいました。
些細なことですが子供が自分の意見と異なったことをいったとき否定する前に「オウム返しの技」。「まるまる君はこういう風に思ったのね」と意見を確認するため名前入りでくりかえす。それから「ママはこう思うわ。」みたいな話し方をする。すると子供は聞いてもらえた。という気分になるという話。。これも実行したいものです。
まぁ なかなかそれより忙しさの中興奮してついついおこってしまっているのが現状。こういう子育て口講座。結局同じような話を毎回聞いているんだけど、聞く機会をもつことでまた修正。。また修正しながらだんだんとおこってばかりではなくきちんと子供を一人の人格者として話すようにしたいですね。
落花生は花が咲いて落ちると、そこから根が土の中に潜り込んで実をつける
という話。初めて知りました。一生懸命そだてて上にのびるよう支柱をたて絡ませてのばそうと思っても実はならないのです。子供が落花生のようにおいしい実いっぱいつけれるよう水を太陽と気候と相談しながら与えたいと思います。
ちなみにタカラは茹で落花生。気に入ったようです。

究極のナポリタン

今日は旦那が食べないので子供メニュー
200710261901000_4◎今日の献立◎ ナポリタン キュウリボートのタラモサラダ バナナ

ナポリタンはやっぱり太いと断然違う是非試してほしい。
(材料)・スパゲッティ(1,9mm) のフェディリーニ
    ・タマネギ(2〜3mm)の縦切り
    ・ボンレスハムまたはベーコン(塊を5mm角の棒状)
    ・にんじん(2〜3mm)の短冊→大人はマッシュルーム
    ・ブロッコリー(湯がいて小さく)→大人はピーマン
    ・パルメザンチーズ
    ・オレガノ
(作り方)1.スパゲッティを茹ではじめる 
     2.オリーブオイル入れたフライパンで中火でタマネギ、にんじんを炒める
     3.2がしんなりしたらハム、さらにブロッコリーの軸をいためる
     4.トマトケチャップを加え全体をなじませたらゆで汁を少しいれなじませ味見
     5.火を止めた中にゆでたスパゲッティ、パルメザンチーズをいれあおるようにまぜる。仕上げにバターとオレガノを入れまた味見して塩胡椒。

普通のように作ってますがポイントはやはり太めのパスタとそれに存在が負けないようにきられた具材です。にんじんタマネギは薄くきり過ぎるとたらたらとけちゃう。じっくりいためてあげれば存在感があっても甘くなって子供はたべますよ。
また具材に先に味を付けてからパスタを入れるのもポイント!これはチキンライスもそうです。トマトの味が引き立つそうです。それからオレガノ!これを入れるとプロの味になりますよ。
ちなみにサラダのタラモサラダに入っている物は
・蒸したジャガイモ
・タラコ→大人は明太子でも
・ガーリックパウダー→大人は生にんにくのすりおろし(辛みがでます)
・すりおろしタマネギを隠し味に→大人は多めでも
・サワークリーム(今日はサワークリームが残っていたからいつもは
クリームチーズ。マヨネーズを少し加えてもいい)→大人は加えなくても
・オリーブオイル(今回はすこしのばす程度)→大人は辛みが出る分多めにいれてもいい(辛みがとれます)
・塩 胡椒
以上を味を見ながらまぜるだけです。キュウリにのせると見事にたくさんキュウリもたべてくれますよ。今日はこどもバージョンでつくってみました。
これ!おいしいですよ。大人はガーリックトースト(フランスパンにオリーブオイルぬってニンニクこすりつけて焼いた物)にのせてると最高!
子供はバタートーストにのせてね。明日の朝はこのタラモサラダをホットサンドの具にします。
◎イノウの離乳食◎
イノウも二回食になりました。
・パルメザンチーズとにんじん入りおかゆ
・バナナとブロッコリーの穂先
・ルイボスティー

200710261813000_2_4





新米!!

新潟の友達から新米がとどきました。。ありがとう!!
昨日まで実家の父が「無洗米でないと自分で炊けな〜い」という理由から眠りについていた米を実家からもってきてたべてました。これが去年の米で今年精米なはずなのに保存状態がまずかったのか、やはり古米ということなのか、おいしいとはいえないもので、においがついていてぬかくさいというか?だから炊き込み御飯やリゾット、ピラフなど味が付いたものばかりつくってました。。
イノウの初離乳食もこれでおかゆ作っちゃってやっぱり?たべない。。(まぁそれはイノウはやっと一本生えはじめたところでかゆくて御飯どころじゃないかんじでスプーンがじがじしてるのもありますが)新米でおかゆつくったら前より食べるようになったきがします。私が食べても甘くて新米はおいしいもの!玄米も黒米も発芽玄米もおいしいけどやっぱり新米!!幸せを感じます。日本に産まれて良かったわ〜。。
◎今日の献立◎ 
新米! 大根のみそ汁 水菜としらすとあげの煮浸し 鶏とニンニクのさっぱり煮半熟卵添え(圧力鍋と酢で鶏が柔らかく子供でも食べやすいです)

沖縄土産にずっと200710231736000_2 興味があった塩「ぬちまーす」をかってきました。早速きょうチャンプルーの復習。。旦那がお客さんと食べるとのことだったので子供使用でキュウリで代用。「ぬちまーす」おいしかったです。さっそくタカラの「おいしいね。」がでました。おもわず御飯に塩かけてもういっぱいおかわりしてしまいました。塩!料理の決め手ですよね。実家の頃から食塩は使ってません。海水からつくった天日塩で料理しています。「藻塩」はてんぷらなどあぶらっぽさにまけないパンチとして、「岩塩」はボダムのソルミキサーにいれて肉料理。「宮古島の雪塩」はお澄ましなどやさしい味付けに。。「ぬちまーす」は雪塩にちかいですがやっぱりおむすび!また塩がほしくなりました。いろんな深みがあって塩使いっておもしろい!

沖縄旅行3

Shicer 5日目 今日はノープラン。午前中は森のガラス館に。。がっかりだった。なんせ7割がベトナム産なのだ。家族のガラスコップがなかったのでここでそろえるつもりだったが残念。。あきらめた。またタカラが壊さないかとヒヤヒヤした。子連れにはおすすめしない。でもそこで一気におみやげ買い終わり郵送したのでよしとする。。御飯をカフェ くばや〜 というところでたべました。シークワーサージュースも石釜で焼いたゴーヤピザも激ウマでした。チーズとゴーヤってあうんだね。。Pizza たくさんの種類の蝶とハイビスカス、熱帯の植物に囲まれ風のとおるテラスでのランチ最高でした。こちらすごくおすすめです。そのあとはタカラが待ちに待った海水浴。エメラルドビーチは子連れにはやはりいい!シャワー、入場料もただですし、きれい!くらげがこない、浅めのところあり!監視員あり!なんと波際で珊瑚にカモフラージュされた熱帯魚がいました、、イノウもまたウミガメ状態で大興奮です。。出産前『弟までたからくんのように激しく元気だったり、水遊びが激しかったりだと大変」といっていましたが。たから以上なきがします。夜はとり好という居酒屋で今帰仁アグーの塩焼きを堪能。。タカラはキープしながらたべてました。
6日目は那覇直行もう国際通りのみ、チェックしていた民芸店はきたいどうり。。琉球ガラスのコップかえました。。ここは三越のとなり。。おすすめです。染めも塗りも、陶器もあります。ついつい日本民芸館ののりのところにはひかれてしまう。染め物本業なので紅型みたかったのですがあまりにもプリントなものばかりでいまいち、過去に日本民芸館で沖縄の染物展もみてるのであえてここはいかずに民芸屋さんでなっとくすることに。。というよりタカラがもう飽きちゃってそういうの見る状況にあらず、首里城も石段が多くぐずりが見えていたので断念。。行きの失敗をくりかえさないよう飛行機早めにチェックインすべく2時間近くまえに飛行場に到着。。いろいろ手続きもあるし2階に遊び場があり子供たちでにぎやか、タカラも。。イノウもまじって遊んでました。。宿泊したなきじん海辺の自然学校はリゾートホテルとちがって他の子供もいないし遊具もない、あるのは自然のビーチのみ。。他の子たちと遊んでなかったのでおいかけっこしたかったみたい。。大興奮で予定時刻にあっというまになりました。。早めについて正解。。楽しい沖縄旅行でした。

沖縄家族旅行 2

Ootaki 3日目 今日は比地大滝のトレッキングです。かなりたくさんの階段のアップダウン。大人の足でも40分。タカラがんばっておんぶや抱っこなしにたどりつきました。がんばりました。いつもパパがいるとどうしてもすぐ肩車なのに。。帰りは途中で川の中をあるきながらくだったのもありますがかえり残り半分は肩車。最後は肩車のまま寝てました。それだけがんばったのね。ランチ込みで四時間の行程めずらしい野鳥もみれ親も久々の山歩き満足。古宇利島という車で行ける離島にもいき海岸で水遊び。イノウはまた海亀状態でした。最後に名護曲で沖縄の魚をたべてお腹いっぱいでねむりにつきました。
4日目  午前中はパパとタカラがマングローブシーカヤック探険、午後はママだけ初の体験ダイビング。産んではじめてすっかりこどもわすれて楽しんだきがします。47分の海中散歩に感激!ニモ、熱帯魚いっぱい!人生に一度はもぐることおすすめします。

沖縄家族旅行

沖縄に来て二日目です。旦那の勤続15年のリフレッシュ休暇で一週間休みをもらいきています。 Churaumi    一日目 タカラ、もちろんイノウもはじめての飛行機。タカラは三歳なので通常シート(金額も通常並)イノウは私の膝のうえ。満席の中3席バラバラのシートのチケットを渡され困りましたが、なんとか交渉してママとタカラは隣の席に、それでも大変でした。イノウが飛行機の中で三回もうんちするし、タカラは「ジュースおかわり、耳痛い、パパ大好きなのパパー!」と泣きだすし、大変でした。とりあえずは一日目はついたら万座毛だけより宿泊先のなきじん自然の学校につき、[くろちゃん]という店でリーズナブルな沖縄料理をいただきました。はじめてのテビチ(豚足)と沖縄そば。とうふチャンプルーが一番おいしかったです。
Ino_umigame 二日目は海洋博公園に一日中いました。ちゅら海水族館にエメラルドビーチ。私はじんべいざめをみながらのランチに大満足。タカラはもちろん海ではしゃぎまくり、イノウも負けず海亀のように海に向かってハイハイしてました。夕飯は[大家]というリッチな沖縄料理。ゴーヤのてんぷらがおいしかった。つける塩もおいしかったです。イノウがパイナップルをがぶついてたのにはびっくりでした。

無水鍋

私の料理はフィスラーの鍋たちによってほとんどが作られている。
パスタ鍋をかねたスチーマーつきの大きなサイズ、20センチの片手鍋、15センチの片手鍋、3リットルの圧力鍋、全て大好きなフィスラーである。。誕生日プレゼントは毎年鍋をリクエストして増やしていった。
しかし紅一点、ルクールゼの赤の鍋で絶対つくる料理がいくつかある。今日はそのひとつのけんちん汁である。ちょっとこだわってつくってます。大地宅配でとりよせた根菜たちをそれぞれ歯ごたえがのこるバランスできりごぼうやれんこんは灰汁抜きしておく。火にかけた鍋に少量のなたね油とごま油をたらし堅いものから入れる一種入れては蓋をして弱火でいため蓋をあける時に鍋蓋の水滴を鍋の中に入れるようにして次の野菜をいれまぜてまた蓋をする、またしばらくして次の種。といったかんじで野菜のうまみを存分に出したあと出汁をいれにて、塩としょうゆで味を整える。無水調理ですね。とにかく時間はかかるけど、とても野菜の甘みが出てそれぞれの素材の味を堪能できる究極のけんちん汁できますよ。同じ方法でラタトゥユやミネストローネスープも作ります。やはりフィスラーも無水できますがあの鍋蓋の重みがいい感じがします。
◎今日の献立◎
 けんちん汁、栗ごはん、ニラ玉(あんかけ)、さばの味噌煮

タンデムおっぱい

最近8月で三歳になったタカラくんが本気でお昼寝や就寝時おっぱいを飲むようになった。ごくごく飲んでいる。出産前になり、1歳7か月ですんなり卒乳したたからくんですがふたたびおっぱいを触りながら就寝につくようになり、産後もやはりさわろうとしてました。でも赤ちゃんが産まれたばかりのママは触られるのがすごくやだった。育児講座によると拒絶したくなるのはホルモンの関係、目の前の赤ちゃんを守るためそういう気持ちになっても仕方がないらしいです。でもやっぱり同じかわいいわが子。なんでさわらないで!!とおもっちゃうのかと悩んでたこともありました。歯をくいしばってさわらせていてあげたころもありました。心の安定のためと「タカラくんは味見ね」といってすこし欲しがればふくませてあげましたが、ぺっろっとなめたら満足して?飲むのをやめていました。ところが最近左に次男イノウくん(6か月)が就寝時飲んでると反対を飲むようになりました。私もホルモンが正常に戻ったのか?なんだか受け入れられるように。。ふたりは見つめあいながら飲んでます。時々手をつないで飲んでます。タカラがのみながら「きゃっきゃっきゃっ」て笑うとイノウも「きゃっきゃっきゃっ」って笑います。そしてまた飲みはじめる。。すご〜〜くかわいい。大きくなったタカラのあごがときどきおっぱいにぐりぐりくいこんでいたいけど。。すごく幸せを感じる瞬間でもあります。ママは妊娠前より2キロ痩せました。おっぱい痩せです。つい調子に乗って甘い物食べちゃうとやばいかも。。おっぱいのんで〜。。とおもったりすることも。。二人のおっぱい飲むのがなくなったら自制しないとやばいことになるぞ〜。まぁ男の子だし離れるのははやい。今のこのかわいい瞬間を楽しんでおこう。。

幼稚園選び

我が家は一番近い幼稚園に決定(願書出すことを)しました。
ここまでくるのがかなりながかった。シュタイナーにモンテッソリーにフレーベルに遊び系に勉強系とほんといっぱい選択肢があって。自分の子にピッタリ合うのを選ぶのひともいればあえて元気な子だからこそ落ち着いたところももってほしくて一見違ってそうなところを選ぶと言う選択肢もある。プレの優先枠がないと早朝?泊まりの願書提出がまっている。そうかんがえると去年の10月ごろからプレ選びをはじめたのです。つまり一年がかり。。見学にいったところは結局のところ4件。結婚相手と一緒でいろいろ教育方針とか条件とかかんがえればなやむのですが。ここって母親の感でおもったところにプレに通いはじめほかをみてもやっぱり第一印象でよかったところにきまりました。

私は結婚前幼稚園内の絵画教室の先生をやっていたから絵がいいところにすることにしました。のびのびとしたいい絵をかくところは心ものびのびしてる?また上手な絵、完成度がみんな一様にしてそろって高いのは先生の作用がはいっていたり自由度が少ない気がします。完成度がなくてもたのしかった〜というくらいぐちゃぐちゃな絵が選んだ園の年少には並んでました。でも年長になるととても幅広い個性がいっぱいの絵が並んでいたのです。私は絵画の先生時代2つの園を受け持っていました。ひとつはのびのび保育。でもひとつはお受験幼稚園でした。お受験幼稚園のこの絵は優等生でどこか記号化されていました。木も動物も太陽も人もみな一様に同じような形をかくんです。幼稚園に飾られたえも同様でした。同じような塗り方配置、完成度はたかいんですよ。でも絵画教室で自由な課題をあたえるとかけなくなっちゃう子が多かったです。ある日木をかこうと園庭に子供たちをつれだしました。そこには安全のためか所有の土地からはみださないためかいっぱい刈り込まれた木がはしっこ数本たってるだけでした。それでも木にさわったり、抱きしめてみたり、根っこをさわり、そのさきの土をさわり、おちた葉っぱをさわって教室に戻り、どんな木が好き?とか実が付いてるならどんなのがいいかな?とかつるつるざらざらだったとか?みんなで意見を出し合いイメージをさらにひろげ、とにかく五感をつかっていっぱいに感じてから絵に向かわせたことがありました。。ほんとはその日だけでなく日々毎日木をさわったりのぼったり木陰でごはんを食べたりいっぱい木をみてあめの日の木も、あらしの日の木も、真夏の木も、落ちた葉っぱも、その木の実を集めたり、そんな木とじっくりかかわる時間があったならとてもすてきな絵がかけるのにとそのときおもいました。かけなくても木にたいしてのイメージをいっぱいこころにひろげることができる。実際もうひとつの教えていた幼稚園には園庭いっぱいに枝をひろげた木にタイヤをつらした手づくりのブランコがある園で木だけでなく他のものをかかせても面白い物をかくこがおおかった。。今回私が選んだ幼稚園はそんな木があり、のぼることもでき、いっぱいイメージさせてから絵を描かせてくれる幼稚園のように感じたのでした。ほんとうは歩きで通園させていっぱいいろんなものを観察させながら歩けるといいのですが、下の子もいるのでバスになりそう。。なるべくバスのない日は歩かせたいですね。

わたしなりの手抜きグッズ

わたしはとにかく食いしん坊。一日中献立やレシピを考えているところがある。またキッチン雑貨マニアなところがあってこだわり抜いて選んだキッチン雑貨をすこしづつ増やしていっています。
こった料理が大好き。常に新しいメニューの更新をめざし、日々研究。料理雑誌を買っては端から制覇し、手を抜かない丁寧な作り方が好きなんです。

たとえばクラウムチャウダーなら色んな作り方のクラウムチャウダーがある、カキでつくったり、仕上げにトマトがはいったり、クリームチーズが入ったり、サフラン風味だったり、野菜をシャキシャキさせたり、とにかくいままでで一番のクラウムチャウダーを目指しレシピを研究してるのです。

結局究極のところはプロの料理人のレシピで素材がいい物をていねいに火加減をあつかう、何度も何度も味見をするのにのにかぎる。あとはおいしものを食べにいくことかな?(最近してないな〜つれていって〜パパ)
そんなんで2児の子育てできるの??いや〜一人めはやってましたが、2人目は時間的に無理。掃除もすきなんだもの。家事の時間はかぎられている。つい夢中になっちゃうから掃除、洗濯、夕飯の下準備、昼ごはんの準備なるべく終わらせるけどとにかく途中であっても10時までということにしている。そこからは育児優先で公園や児童館につれだすのである。料理にかけられる時間は本当に減りました。
使うまで邪道とおもっていたものもつかってみれば大助かり。
それが手抜きグッズ。
◎貝印のシンプルな皮むきき
◎フードプロセッサー
◎スライサーのベンリナー
◎フィスラーの圧力鍋
◎SNOWPEAK のサンドイッチクッカー
◎関孫六 貝印のキッチンばさみ 
手抜きなんだけど使い方にこだわるとまた新たな時間短縮なのに深い味わいのものができるのです。いまこの5点グッズを使った料理を研究中。。
旦那いわく手抜きになってるんだかどうか??
最近長男たからくんの口癖が『これママつくったの〜おいしいね〜!!うまい!』なんです。。子供って正直丁寧に作った物は反応がいい。。
この言葉が聞きたくてママは休む間もなくがんばっちゃうんだな〜。。

動きたくなってきました

長男は3歳。次男も6か月になり、なんだか10月にはいったとたん
すごく動きたくなってきて、発信したくなってきたんです。
長男のときは産後6ヶ月で仕事復帰したものの
子供が寝ている時、休日と仕事ばかりしていて常に
いっぱいいっぱい。。こどもにもあたってこれではまずいと思い
二人目妊娠とともに仕事はあえて営業しないでセーブしてきました。
今は子育てのみの毎日。。少しまえまでは産後うつぎみになったのもあってなんだかわたしって何も発信してない人?って不安になってきて。。
でも最近パッと心が晴れたきがしたんです。
いろいろ思い出してみれば日々、いろいろ探究してるぞって。。こだわってるぞって
エコに、インテリアに、掃除方法に、おもちゃに、絵本に、自然食、毎日進化しつづける料理、教育や育児だって、もちろん絵にたいしても、JAZZ にだって。。
とにかく日々の生活を丁寧に過ごすようにしています。完璧主義でこだわってばかりでいると育児ノイローゼになるよってみんなにいわれるけど手が抜けないわたしが私なんです。
優しい旦那さんに見守られ、ふたりのかわいい子供に成長させられすこしづつ自分なりのペースをつくっていきたい。そして5年後には個展したいな。。絵もそろそろ描きたいな。と思いはじめたんです。
ブログはそのための第一歩かな?

トップページ | 2007年11月 »