« 究極のナポリタン | トップページ | タカラが出産? »

ピーナッツ

今日は「エッコロ広場」に初めて参加した。そこでおむすびを食べながら育児心理学的な話を聞いてきました。
将来わが子に「考える力」「行動する力」をつけてもらいたいと思っているのに、がみがみああしろこうしろと指示ばっかりだし私の考えばっかり子供に押し付けていてはそういう力は身に付きませんよね。また私が負のエネルギーを与えるような、子供も聞いていて嫌な気分になるようなことばかりはなしていては家庭内がたのしいわけもなく話したがらなくなってしますね。
ガミガミいうんではなく宿題してほしければ自ら勉強することは楽しくまたこんなに新しい知識でこんなことができたというのを親が楽しみながら子供に見せれば子供も自発的に勉強するんですよね。また愚痴ばかりでなくなるべく楽しい話題、自分がうれしかったことを子供に話して自分自身も家族も楽しい笑いが絶えない家庭にしたいよな〜。。意識的にそうしてこうと改めておもいました。
些細なことですが子供が自分の意見と異なったことをいったとき否定する前に「オウム返しの技」。「まるまる君はこういう風に思ったのね」と意見を確認するため名前入りでくりかえす。それから「ママはこう思うわ。」みたいな話し方をする。すると子供は聞いてもらえた。という気分になるという話。。これも実行したいものです。
まぁ なかなかそれより忙しさの中興奮してついついおこってしまっているのが現状。こういう子育て口講座。結局同じような話を毎回聞いているんだけど、聞く機会をもつことでまた修正。。また修正しながらだんだんとおこってばかりではなくきちんと子供を一人の人格者として話すようにしたいですね。
落花生は花が咲いて落ちると、そこから根が土の中に潜り込んで実をつける
という話。初めて知りました。一生懸命そだてて上にのびるよう支柱をたて絡ませてのばそうと思っても実はならないのです。子供が落花生のようにおいしい実いっぱいつけれるよう水を太陽と気候と相談しながら与えたいと思います。
ちなみにタカラは茹で落花生。気に入ったようです。

« 究極のナポリタン | トップページ | タカラが出産? »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 究極のナポリタン | トップページ | タカラが出産? »