« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

風さんとあそんだよ

先週末の土日はものすごい突風でしたね。我が家は土手が近いのと吹きだまりになるような箇所なのでとくにすごく感じました。土曜日は旦那とタカラは公園であそんでいて突風がふいてや〜とかえてきました。「すごかった〜!」といいながらなんだか楽しそう。日曜日朝から突風。子供たちは昼寝もしないでぐたぐた。。わたしが「北風小僧の寒太郎になる?」というと、旦那が「お散歩にいこう!」といい、家族全員で風遊びに出ました。
いつもの公園も閑散として、砂が飛んでいつもと違う地表。砂場に風紋。風見鶏はぐるぐるまわり。風に押されながら歩いたり、みんなで手を繋いで風に向かっていったり。タカラもはしゃいで土手の坂をあがったりさがったり。みんな寒いからジャンプしてあそびました。「風に負けるな〜」といいながら歩きましたよ。
そこに木のみがころころとんできました。
Tane さてこれは何でしょう?「お家に帰ってしらべてみよう!」

そして今日はイラストレーター仲間のかんべさんの個展をみに青山のギャラリーハウスマヤさんにいきました。青山へいくと定番はクレヨンハウス。早速木のみを調べることができそうな本を探索。素敵な本に出会いました。
「植物記」福音館書店  3300円 埴 沙萠      
31ite4gjool_aa115_ とにかく一度開いていただきたい。写真もすばらしい、装丁デザインもよい。植物の生命力、四季を感じることが出来る。色んな根っこの集合。木の実の集合。木肌の集合。カタバミの一日の花の開き方の観察。しろつめくさが解けていく様子。落花生ができるまで。たんぽぽが種が落ちて根がのびていく様子。。。。。もうそのほかいっぱいいっぱい植物の楽しさがのっています。これを持って植物みにいっていっぱい外で遊べそうです。教育テレビの理科の番組映像やNHKの植物のドキュメントのような図鑑です。。小さい頃から植物図鑑が一番好きな本でぼろぼろになるまでみていたわたしですがこの本小さい頃にであっていたかったなぁ。。。これをみたら植物の研究者になりたくなるよ。
結局、あの種はなんだ?図鑑より「ミズマソウ」ではないかと?植物博士グランマにこんど答えをきいときます。
ちなみに「昆虫記」というものもあるらしい。是非手に入れたいものです。
さてクレヨンハウスは言わずと知れた絵本屋さん。いつか自分の絵本を出版したいと足しげく独身時代に通い、今は子供のためにと気が付けば絵本は200冊近くあると思います。
そんな私から「風」にちなんだおすすめ
51rwkhgkwsl_aa240_ 「かぜはどこへいくの」バワードノッツの絵がほんぼのとしてうつくしい。詩的ですきです。


でもタカラ(旦那も)最近はまっているのは「バルンくん」
こもりまことさんのシリーズを旦那も気に入りかい集めてしまいました。
タカラは工事車両がすきなので「バルンくんとおたすけさんきょうだい」が特におきにいり。
61ae6w0dvtl_aa240_
旦那は「ダットさん」古名車ぞろいのマニアックさにノックアウトしたようです。

イノーがイノー氏にだっこされて

やっと幼稚園グッズをつくりおえブログ更新とおもったら、イノーが先週気管支炎に。。今週はまたイノーが木曜日から40度近い熱で昼間平熱に戻ってもまた夜には38度こえる熱がつづき今日の夜になってもやっと平熱におちついたとおもって風呂に入れたら前進に発疹が。。。どうやら突発性発疹だったらしいですね。。とにかく疲れました〜。タカラも飲むし、イノウが食欲なくて脱水になってはいけないということでず〜と生まれたてのようにおっぱいあげまくっていました。。。40度近く熱出すと子供はぐったりするし。。おろおろしちゃいました。
先週も今週も熱出す前にタカラの「砂場!公園に行きたい!」に付き合い長い間寒い中公園にいたのでタカラのせいだ!とばかりイライラ(そもそもだだこねられても公園行かなければいいのですが)。。おっぱい飲まれて疲れ切っていたり、自分の行きたかった展覧会2ついけなかったり。。。家事がうまくはかどらない。。など自分の都合でパパとタカラに当たりまくっていました。。。。。チューリップをいけながら反省。。。ふたりの好物の特性シュウマイを作りごめんなさいのつみほろぼし。。。。(このシュウマイは豚ひき肉にさらに豚バラ肉を叩いた物を加えホタテ缶がはいっています。。蒸したてはどこの有名中華料理やよりも絶品!)

さてさて11日なのですが明治神宮外苑で行われた、学生選手権クリテリウムのエキビジョンでベルナールイノーが走りました。イノウの名前はこのかたからいただいたのです。。これはみにいってイノーのはしる姿をみせなければ、、あわよくばサインをもらえたら、、さらにあわよくばだっこしてもらえたら。。。なんて淡い夢をいだきいってきました。。神宮では小学生の走る姿もあり。。未来のわが子とかさねあわせてうきうき。。こどものロードはやっぱりキヨミヤザワ(旦那の実家近くの超有名自転車屋)でかっちゃう?なんて旦那ともりあがりましたが、すぐにタカラは神宮の公園へ10時から3時までのロング公園。。。パパは競技をイノー選手をみて競技をみて大満足だったようです。
ちなみにベルナールイノーとはツールドフランスのヒーローです。野球でいう長島茂雄。サッカーでいえば中田?とにかくすごい人。。彼の言葉に「平地でも手を抜かない」という言葉があり旦那は彼のそのこころの強さにひかれ、あやかって名前をいただいたのです。
ベルナールで鈴=ベル、鳴る=ナール で鈴鳴すずなりくんにしようかともおもったのですがイノウになりました。イノウでよかったです。
その日の夜は青山のシマノのカフェ「ライフクリエーションスペースOVE」で外苑クリテのクロージングパーティがあり、学連関係者に加えて一般参加も可能とききつけずうずうしくもいってきました。。。意外にも一般の人はほどんどいなく近付くチャンスはいっぱい。。ベルナールイノー選手にわが子にあなたの名前をあやかってつけさせていただいた。と通訳さんをとおしてはなすとイノウをだっこしてくれてほっぺたにチューもしてもらい写真もとらしてもらいました。自転車柄のスタイにもサインをもらい最後の集合写真でもイノー氏にだっこされタカラもイノー氏のひざに座らせてもらい。。パパは感激しまくってました。「イノウと名前をつけたかいがあった!」といいまくってました。よかったよかった。。

Inoino01
その会場にいくにあたり近くのコインパークにとめたのですがそこが私たちが結婚式をあげたジャスマック青山スタジオの真ん前だったんです。おもわず家族写真をぱちり。子供も二人になり原点にかえったようでうれしい一日であありました。

節分

最近なかなかブログをアップできません。子供を寝かし付けながらついつい私も寝てしまい気が付けば12時。。えい!と起きれればそれからいそいそと3時まで幼稚園グッズをつくっています。。とはいえまだまだ作っている最中。。布選びで困難な道に走ってしまったのです。。。キルティングで四方向から生地が取れるがらで作れば楽だったのに、カーテン用としてうっていた前から大好きな柄気に入っていたマリメッコのPIKKU BO BOO にしたために一方向からしかとれません。。裏地もつけて接着芯もつけてとなったのです。。がんばって作ってますので完成したら近日公開といきたいところです。
さて3日は節分でしたね。しかも大雪の。。。午前中は雪が吹雪いている中を歩きたくってわざわざ我が家は家族全員で傘もささずに公園へ雪だるま作りに出かけていきました。。。月末に雪遊びに長野にいくつもりなので装備点検も含めて外出?東京の雪はべちゃべちゃ雪です。子供の服一度きりだし撥水でだいじょうぶかな?とおもっていたんですが防水のふくでなくてはやはりだめですね。。楽しく遊んだもののびっしょりをいやがりもどることに。。公園で吹雪く中遊んでる家族はもう2組くらいしかいませんでした。。パパとタカラがお風呂につかって遊んでいる間にママは昼食準備。
Setsubun_pasta ひとつはドライトマトのボンゴレビアンコ、もうひとつは節分パスタ?
イワシでございますオイルサーディンのパスタです。。このオイルサーディンは大地の宅配のものなんですがおいしくっておいしくってはまってしまっています。青物魚がすきなタカラはキープして食べようとします。。なのでご紹介。
オイルサーディンのパスタ。
『材料』
パスタ/300グラム(今回はタリアッタレで作りましたが細めんのほうがいい)
鷹の爪はお好みであったらおいしいけど子供がたべるのでうちはなし
ニンニク/2カケ分をみじんぎり
オリーブオイル/大さじ1弱
オイルサーディンの缶詰/大地なら一袋。。普通は1缶(中のオイルも使用)
浅葱を好みで。。今回は大地の宅配に入っていた「ひろっこ」を使用
醤油/大さじ1〜2杯
レモン汁
『作り方』
麺をたっぷりの湯で茹で始めます。
フライパンにオリーブオイルを入れてニンニクを入れてから弱火にかけ
ニンニクに色が付き始めたらオイルサーディンを中の油ごとフライパンに入れます。サーディンが温まったら濃い口醤油もしくは麺汁を入れてサーディンに
味を絡めてたらアルデンテに茹で上がった麺と麺の茹で汁大さじ3〜4杯と浅葱、
火に掛けたフライパンに入れてサッと和えてたら皿に盛りできあがり。
混ぜる直前にレモン汁を絞りチーズをお好みで。。
さて夕飯も今日はゆったり家で過ごしたのでこってみました。
Photo ローストポーク、ブロッコリーのバターいため、キャロットスープです。
私はプロの料理人のレシピが大好きでよく作るのですが今日は『おまちどうさま』(レストランキノシタ木下和彦氏著)から豚の塊肉ローストフルーツソテー添えをつくりました。子供がいるのではちみつをメイプルシロップにしてカレー粉をしょうゆにかえて作りましたが絶品!やぱっりパイナップルと豚肉はベストマッチなのね。私はよくパイナップルジュースでスペアリブのパインジュース煮をつくるけどパイナップルの酵素がお肉をやわらかくしてこれまた絶品です。子供にはやわらかくなるからパインジュース煮のほうがよかったみたい。。この『おまちどうさま』という本はシェフ本のなかでも特におすすめです。プロのこつが事細かにかかれています。どれくらい強火でどうなったらどうなったら弱火にするのかポイントポイントがわかりやすい。しかしながら実家はガスオーブンでしたが今は電気オーブン。。。やっぱり勝手が違うよ〜。。なところがあります。。いつかまたガスオーブンで料理ができる生活かしたいなぁ。。。ケーキもピザもパンもおうちで作るならガスの方がおいしいよね。。ガスパッチョ!生活あこがれです。
御飯をたべたら元気に豆まきだ!
Oni

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »