« イノーがイノー氏にだっこされて | トップページ | イノウが歩く歩く! »

風さんとあそんだよ

先週末の土日はものすごい突風でしたね。我が家は土手が近いのと吹きだまりになるような箇所なのでとくにすごく感じました。土曜日は旦那とタカラは公園であそんでいて突風がふいてや〜とかえてきました。「すごかった〜!」といいながらなんだか楽しそう。日曜日朝から突風。子供たちは昼寝もしないでぐたぐた。。わたしが「北風小僧の寒太郎になる?」というと、旦那が「お散歩にいこう!」といい、家族全員で風遊びに出ました。
いつもの公園も閑散として、砂が飛んでいつもと違う地表。砂場に風紋。風見鶏はぐるぐるまわり。風に押されながら歩いたり、みんなで手を繋いで風に向かっていったり。タカラもはしゃいで土手の坂をあがったりさがったり。みんな寒いからジャンプしてあそびました。「風に負けるな〜」といいながら歩きましたよ。
そこに木のみがころころとんできました。
Tane さてこれは何でしょう?「お家に帰ってしらべてみよう!」

そして今日はイラストレーター仲間のかんべさんの個展をみに青山のギャラリーハウスマヤさんにいきました。青山へいくと定番はクレヨンハウス。早速木のみを調べることができそうな本を探索。素敵な本に出会いました。
「植物記」福音館書店  3300円 埴 沙萠      
31ite4gjool_aa115_ とにかく一度開いていただきたい。写真もすばらしい、装丁デザインもよい。植物の生命力、四季を感じることが出来る。色んな根っこの集合。木の実の集合。木肌の集合。カタバミの一日の花の開き方の観察。しろつめくさが解けていく様子。落花生ができるまで。たんぽぽが種が落ちて根がのびていく様子。。。。。もうそのほかいっぱいいっぱい植物の楽しさがのっています。これを持って植物みにいっていっぱい外で遊べそうです。教育テレビの理科の番組映像やNHKの植物のドキュメントのような図鑑です。。小さい頃から植物図鑑が一番好きな本でぼろぼろになるまでみていたわたしですがこの本小さい頃にであっていたかったなぁ。。。これをみたら植物の研究者になりたくなるよ。
結局、あの種はなんだ?図鑑より「ミズマソウ」ではないかと?植物博士グランマにこんど答えをきいときます。
ちなみに「昆虫記」というものもあるらしい。是非手に入れたいものです。
さてクレヨンハウスは言わずと知れた絵本屋さん。いつか自分の絵本を出版したいと足しげく独身時代に通い、今は子供のためにと気が付けば絵本は200冊近くあると思います。
そんな私から「風」にちなんだおすすめ
51rwkhgkwsl_aa240_ 「かぜはどこへいくの」バワードノッツの絵がほんぼのとしてうつくしい。詩的ですきです。


でもタカラ(旦那も)最近はまっているのは「バルンくん」
こもりまことさんのシリーズを旦那も気に入りかい集めてしまいました。
タカラは工事車両がすきなので「バルンくんとおたすけさんきょうだい」が特におきにいり。
61ae6w0dvtl_aa240_
旦那は「ダットさん」古名車ぞろいのマニアックさにノックアウトしたようです。

« イノーがイノー氏にだっこされて | トップページ | イノウが歩く歩く! »

育児」カテゴリの記事

コメント

風にふかれた木の実の正体。
グランマにきいてみました。モミジバフウというそうです。さすがグランマ!街路樹や公園によくうえられているんだって、この突起のかたちはころころころがって動くためでもあるけど地面にひっかかって根がはりやすいようにできているらしいい、おもしろいね。ねっとでさっそくしらべてみたらやはりどんぴしゃ。さっそく種のお母さんの木をタカラと公園で探してみようとお思いますhttp://kanon101.cool.ne.jp/foto_sinrin/K_mansaku/amerika_huu/amerika_huu.htm
それから早速 「昆虫記」amazonでかっちゃいました。
植物同様おもしろい!!理科好きの子になりそう。
かまきりの子が出てくるようすみたことありますか?私は小さい頃庭でみてかんどうしました。それが駒送り写真でのってたりカブトムシや蝉や青虫君が成虫になるようすがこれまた駒送りにのてます。カマキリの顔のアップとかとおにかくおもしろいので一度てにとってみてください。
小学校教員だったグランマの得意分野は理科。。おはなししているとわくわくすることがたくさん。カマキリのたまご職員室で育てていて机がカマキリの赤ちゃんでいっぱいになっちゃったんだって!あとゴミ袋をいっぱいつなげて気球つくっちゃうとか。ぶっとんでます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イノーがイノー氏にだっこされて | トップページ | イノウが歩く歩く! »