« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

丁寧な生活

30日 私はイノウをつれて松屋銀座でターシャ デューダ展がやっていていってきました。。
パパはタカラと御徒町にいったので、少しだけ動きがとりやすかったです。
とはいえ会場は31日までだったのですごい混雑っぷり、イノウは眠いのもあってぎゃんぎゃん
泣き出して他の人の目も感じて授乳しに一度出てねかしつけてからしきりなおしで再入場。。
ターシャさんは93歳のばあさん。今も現役で絵本や挿し絵の仕事をしつつ、衣食住に関する日々のさまざまな手仕事を楽しみ、どれにもプロの腕前を発揮しています。  彼女はバーモント州の森の中、約二年をかけて自らデザインした家に、最愛のコーギ犬をはじめヤギやうさぎなど多くの動物たちと暮らしています。1830年代のニューイングランド式庭園を受け継いだ三十万坪に及ぶ庭には、彼女が丹誠を尽くした季節の花が咲き乱れてます。せっけんやパッチワーク、ぬいぐるみ、マリヲネット、もちろん日々の食事も丁寧にて作りをたのしんでます。夏を過ぎたらクリスマスの準備をはじめて蜜ろうそくを1週間かけてつくり、飾り付け用のジンジャーブレットをつくったり、クリスマスのアドベンチャーカレンダーをつくったりとゆったりとマイペースに日々の生活を楽しんでいるようです。
子供や孫たちに日々のびっくりサプライズをかんがえたり、季節のイベントを一緒に準備してその際にすばらし作品をのこしています。作品というより子供たちを楽しませた小さなイラストの手紙やイラストつきのティーパーティ招待状など結果ってきに生活から生まれたのであって、自分の美意識の表現をやりきったからうまれた彼女のせかいなんですね。子供や姪を楽しませるために書いた絵本が仕事となり子供も独立して40代でバーモンドに移り住み自分の理想の生活をつくりあげていった、
シンプルでぬくもりに満ちた、慎ましやかなターシャの暮らしぶりは、この上なく豊かなものなのだと思います。
彼女は絵本画家ではありますが、自分のことを主婦といっているそうです。
絵本やさしえの仕事につかれたらマフィンをやいたり、庭の様子をみたり、家事にあきたら手をやすめてまた絵をかいたり いろんな仕事をもっていたほうが楽しく働けるといっています。
まさしく同感です。
私も子育てを楽しみたいとおもっています。子供と作り出す季節のイベントや四季を一緒にたのしみたい。食事もなるべく丁寧にきちんと手作りで作るようにしています。時にはパッチワークもしたり洋裁もします。道具に対して愛情をもち丁寧な生活を目指しています。
そして最近子供との会話から絵本ネタもできあがってきたり、子供が生まれる前とはまたちがった描きたい絵もいっぱいでてきました。

正直 仲間がどんどん作家として作品をのこしたり、絵本を出版していってるなか子育て中心となっている自分にいつも焦りをかんじています。しかし自分の美意識をまもったきちんとした衣食住をしてないのに自分の絵なんてできあがってこないとおもいます。
マイペースに夢をあきらめることなく生活していれば夢はかなう!そう信じてがんばりたいですね。

イノウとタカラが遊ぶようになった

Dsc036051
23日に誕生日を迎えて1歳になったイノウくん。。どんどん活発になります。
追いつけません。。。砂場もします。扉をあけて庭に飛び出します。おにいちゃんと取り合いになってもまけません。
ここ5日毎日、
朝から兄弟でガーガーはしりまわり、取り合い大騒ぎ。
洗濯物を干してる最中二人も庭に飛び出し、芝と土でどろどろになりながらボールやほうきをふたりで振り回し、自転車をいじってまっくろくなる
そのまま公園砂場に直行
めいいいっぱい遊んで風呂に直行 
遊びすぎてごはんも夕飯もままならずお布団直行。。
家の前の公園に毎日いってます。、イノウも砂場も滑り台も階段のぼりもしたがりおんぶさせてくれません。。いっぽうでタカラは暴走してほかのところいっちゃうし。。。。
男の子兄弟。。。パワーすごすぎてついていけない。。。

入園までカウントダウン!

うきうきわくわくのタカラの幼稚園入園まであとすこし!
やっとこさ忙しい日々の中やっとこそさ入園準備がととのいました。
イノウの冬の乾燥からなのか一就寝しても3回ほど起きてはおっぱいなのでついついあげながら寝てしまい。。。のなか真夜中にむっくりとおきてはちくちくお裁縫。。
すべて完成しました!!わーい!
Bag 生地はマリメッコのブーブー!
中は赤の水玉でちょっとママの趣味にしてしまいました。

ブーブーの生地は今回新たに買い足しましたが他の生地は家にあったものを消化。

Dsc03521 グッズの名前つけはみなテプラにしてしまいました。ペンのキャップ、のりのふたにも名前をつけなきゃいけないのですがお手軽きれいにしあがりました。
手ぷらの生地用のリボンテープに印刷されたアイロンのりつきは便利!まぁ洗濯で落ちないようにするためにはこれからおりをみて縫い付けますが。。。とりあえずはきれいに一気に仕上がりました。

工夫した点と言えば
幼稚園のリュックと手提げ袋にはそれぞれおそろいのてづくりのイニシャルマスコットをつけてリュックを他の子のと間違えないようにしました。イニシャルのマスコットにはひらがなで名前が刺繍してあります。
手提げ袋や靴いれは子供がひきずったりで磨耗しそうなそこや手持ちはヒッコリーデニムにして強化しました。手提げぶくろは接着芯を挟んで張りをもたせて仕上がりをきれいにしました。
タカラの目印マーク、テーマとした車と星を他の子と同じ物など区別できるよう制服やグッズにつけました。制服などよく洗う物は車の絵つきのオリネームを縫い付け、

Dsc03501 スモックなどは車のワッペンに端切れ生地でリボンをつくってはさみこみ縫いつけることで名札つけ部分をつくりました。

Dsc03518 上履きは左右間違わないように、星のボタンを内側につけ「お星さまとお星様がごっつんこ!」してからはくようにいっています。。かかとにひもをつけてひっぱりやすいようにしました。
Dsc03520 手ふきタオルは角に三角の生地で覆うようにしてループをつけたのでループがとれにくいし、生地もかわいく目印になります。

テキスタイルで子供の生地では一番大好きなデザインを奮発して今回は選びましましたが、工芸科染織専攻卒業した私としては生地を自分で染めたかった、、
イノウの時自転車柄のオリジナルデザインでつくってあげられるといいな〜
グッズも作りおえ、タカラも入園したら染めもそろそろ再開したいです。

_dsc3498

イノウが歩く歩く!

イノウは23日でもうすぐ一歳です。
ちょうど11か月にかいる頃突発性発疹をやってからというものものすごい変化、なかなか食べない子だったのにいきなり食べるようになり
ひょろひょろと歩き出したと思ったら、いまではほとんどはいはいはせず、
よっぱらいのおじさんのように何かを手に持ちながらふらふら。。。
食べる量もふえたのでおっぱいもあまり飲まなくなり、ときどきおっぱいが
張るくらいです。
あ〜あかちゃんの時期ももうおしまいね。。。としみじみ。。

 でもこれからがまたたいへんなのよね。ふたりの動きについていけず、、、
またママは授乳やせでいくら食べてもふとらないので調子に乗って食べていたら
結婚時より産後3キロおちた体重はもとにもとにもどてしまいました。。
ダイエットしないとタカラの入園式にきてけるスーツがなくなってしまいます。
いかんいかん。
 正直毎日がつらい!ひっくりかえる皿に、てづかみメニュー。。タカラもまだばたばたこぼしながらの食事。。。朝はなんとかタカラの食事パパにみてもらえるけど昼、夜は御飯もつくって食べさせるのをひとりでやるのは泣きたくなります。

ざっと一日を振り返ってみると

6時半に家族そろって起床!朝御飯つくりながら同時に昼御飯や夕飯の下ごしらえもします。パパが七時半に出勤してからはトイレもいけないくらい。。
8時10分から9時までタカラが他の遊びに熱中してないときはどうしてもNHKにおせわになってます。その貴重な50分でかたづけ、洗濯機をまわして、ひるのお弁当か下準備、夜の下ごしらえもほぼ完了
9時からイノウをたいていおんぶしながら洗濯物を干し、掃除。。
10時にはたとえ掃除が中途半端でもきりがないのでやめて子供との時間とわりきります。まずはデカフェを立ちながら飲んでちょこっとおやつをとったら絵本読んだり、。児童館にいったり、公園にいったり、ほとんど家にいません。
児童館にいったときは3時にはかえってきておやつ!昼寝してくれ〜攻撃をしますがなかなか幼稚園まえになると寝なくなってきてます。
4時まで寝なければあきためて夕飯の支度に洗濯をたたんでかたずけて。。。イノウはいたずら防止やタカラとけんかや外出の際はずっとおんぶ、なのでたとえタカラが昼寝してもイノウはぎんぎん!で遊びたい!なのです。。。だからイノウをあやしつつ、お風呂をあらって、夕飯のしあげ。
6時半には夕飯たべてかたずけて3人で風呂はいって
8時半からお布団にもぐりこみ
9時から9時半には子供がねつく。。
旦那が帰ってきて御飯食べて片付けて。。。

そんな1日をおくってます。。。いつもぎゃーぎゃー。。
「もいやだ!ひとりになりたい。。」「○○しなさい!かたずけなさい!」
とがみがみストレスで子供にあたりまくり。。。
一日が長い長い。。。とおもっていたらイノウが歩いている。。。。
このつらい!毎日もあっという間なのかもしれない。
つらいばかりでなくせっかくのかわいい!ところも見逃さないように
毎日噛み締めながら生活しよう。。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »