« パンダ弁当 | トップページ | こいのぼり »

型絵染め復活!

タカラも3歳半。つまり染色を3年間おやすみしていました。
年賀はがき程度はつくっていたものオリジナル作品は4年ぶり。。。
ペンや色鉛筆のイラストの仕事が多くなっていき染色で自分の作品という物が作れなくなってきて
タカラも妊娠してなんだか自分の作品というものを作る気になれなかった。作りたいものもあまりなかったのです。また初めての育児に夢中でした。
イラストの仕事はタカラ産後も続けていましたが誰にも預けることもできずきつかった。
でも保育園にも預けたくなかった。3つごの魂百までをしんじていたし、このかわいい我が子の成長を他のひとが先に知るのがやだった。はじめてのタッチ。はじめてのトイレ。はじめてのママ。初めての食事。。すべて自分で見届けたかった。たとえ忙しくていらいらしたりやさしいママになれてなかったとしてもおんぶばかりになったとしてもそれでも母親のそばで幼稚園までは過ごさせたいという思いがあった。日中は子育てに専念して昼寝のときと夜中寝かし受けてから起きて制作する日々。イライラして子供にあたってしまうことがタカラが昼寝をしなくなったら多くなった。早く寝てくれ!仕事ができない!そんな焦りでいっぱいだった。自分の作品型絵染めもできなくなっていて焦りまくっていた。
そんなとき次男イノウを妊娠。なんだかふっきれてしまった。中途半端にしてたら自分も変になる。イラストの営業はいっさいしなくなりきた仕事だけをこなすことにした。どんどん仕事がへりイラストレーターとしても活動は少しだけになった。
より子育てを楽しもう!妊娠を楽しもう!とおもい自宅出産にすることにした。母も他界していて里帰りなんてできないことだし迷いはなかった。おかげで3人の助産師さんとタカラとパパに見守られながら楽しい出産ができた。より子育て、食育に夢中になった。
イノウが8ヶ月の11月頃。。。ふと制作の神様がまた私の中におりてきた。子供のために作りたいものがいっぱい出てきたのだ。
そしてこのブログを立ち上げることにした。
年賀状をつくりながら自分で子育てしながらどうやって染色をはじめるか試行錯誤の日々。やっと自分なりのスタイルがみつかった。よって先日きた本の装丁の仕事は型絵で制作させてもらった。無事提出。
子育てしながらつくるのにあたりありがたいことに染色材料は進化をしていた。型のりは作らず買うことにした。しゃばりは基本的にせずつりがデザインとしていきるものをつくるようにした。紗を張らない代わりに上から紗をはったスクリーンをおいてからのりおきをすることにした。これは以前から木パネルの中をきって網戸をタッカーでとめてオリジナルでつくってやっていた方法だけど田中直染料店でもうってることがわかって買うことにした。またなかなか渋谷に材料を買いにいけなかったのだけどネットでかえるようになったので復活の後押しにもなった。
一番のネック顔料のこと。そもそも型絵の魅力は型の制約からくる美しいデザインを作り出すことにもあるが私は民芸館や芹沢けいすけ先生、小島とくじろう先生、柚木さみろう先生の作品より顔料の美しさに見入ってしまった。この美しい顔料で制作したくなったのが女子美で卒制で型絵を研究専攻した理由だった。朱のうつくしさ、ベンガラのなんともいえない光沢、緑青のいろあい。藍のあお。。。。すべての基本色が大好きだ。炭にもこだわった。今はどんどんなくなている本来の天然顔料を高くても買い集め、何時間も顔料をすって豆汁でのばしながらさらに何時間もする。。するとみごとに光沢のある色が出る。。宝石みたいなのだ。その色がさらに創作意欲をわかせてくれた。でもそうやって時間をかけてつくった顔料も豆汁でつくっているので腐ってしまう。冷蔵庫の中は豆汁くさかった。短時間で集中して仕上げることが必要だった。
すごく今だ顔料で作れないのは残念だがアクリルガッシュに和の色シリーズがある。おおきくそれで作ることに妥協した。また炭1色ならまた独特の世界観も作れる。よし!これならいけるとおもった。
またイラストとして仕事するのにも納期が短くてもこれならできる!
いずれか時間ができたり個展をするときやイノウが幼稚園にあがったらまた顔料でやりたいとはおもうが今は制作がしたい!その分いっぱい型を彫りたい。今は型のデザインをあらためて勉強する時期にきているのかもしれない。
子育てでできないことはたくさんある。でもその中だからこそあらたな自分を見つけられるのだと思う。

« パンダ弁当 | トップページ | こいのぼり »

型絵」カテゴリの記事

コメント

今年の年賀状、おしゃれで素敵だったもんね。
子育てで出来ないことが沢山あるのはホント。でも、子供が居なかったら思いも付かなかったようなことを今やってるのもホント。
いやはや、奥が深い…。

さっちゃん、こんばんは!覚えてますか?大学で「豆汁」仲間だった私を。何だか文章を読んでじ~んときてしまったので初コメントさせてもらっちゃいました。
私も2歳になる男の子の母になりました。毎日ガミガミ怒鳴りつけて過ごしてます。落ちこぼれ母ちゃんです。
制作活動からは遠ざかってしまったけれど、このブログを読んであの時の記憶がよみがえってきました。いい時間を過ごしていたな、と。毎日、顔料と戦ってたなぁ~って。久々に大学の作品集を見て「若かったな・・」って(笑)
風の便りに聞く染っ子達の生活も随分変わったようですよ。いつか集合したいね!またお邪魔します♪

komachiさんは二人の豆汁チームのきだちゃん?
ほんと近いうちにみんなであいたいですね。
みんな制作してるのかな?子育てしてるかな?いろんな話できそうね。
ほんと貴重な時間を大学では過ごしていたね。大学院いっとけばよかった。とか今更ながら染色作家さんのアシスタントの仕事してみたいとかもっともっと染の勉強をしたいといまはおもっています。まだまだ遅くはないかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンダ弁当 | トップページ | こいのぼり »