« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

はらぺこあおむし弁当

Photo_3

ちょいとお弁当の大きさ上、顔の位置が上になりましたがイメージということで、絵本「はらぺこあおむしくん」にしてみました。
メニュー
あおむしくん
青菜とわかめの混ぜ込みおにぎり ブロッコリーバターいため プチトマト(チーズとキュウリ) のり
ジャガイモ団子のバターいため
エビのチーズ包み団子ケチャップ添え サツマイモとリンゴの甘煮

皇帝ダリア3

ついに開花宣言です。とはいえ花火のように次々に花開いてはくれてません。雨の中ひっそりと開きました。寒さで開花がおくれているようで心配しましたが、次の冬晴れで(秋?)で残りのつぼみもいっきに咲いたらいいなぁ。。約2M45㎝ほどあります。小さな苗がこんなにおおきくなるなんて。ジャックと豆の木のよう。。

Photo

Photo_2

洋梨のキャラメルタルト

ひさびさにケーキつくりました。
洋梨って生だと「なんだかな?」って残念な味(我が家では不人気)なのにどうして火をいれるとこんなにおいしくなるんだろう?
Photo Photo_2

伊豆旅行

2泊3日で伊豆に旅行に行ってきました。パパがいっぱいいっぱい家族サービスがんばってくれました。

1日目 富士サファリパークにいってきました。家族全員初めて。かなり面白かった。子供も親も大興奮。ライオンバスにのったのですが。網越しに熊やライオンにリンゴやお肉をあげるのでかなり近距離にやってきます。バスをキリンやらくだが追っかけてきたり、楽しかった。やっぱり普通の動物園より動物がのびのびしているようい感じました。運転手さんのガイドも「へ〜」がおおくて楽しめました。もちろんマイカーでなら入場料だけでバス代なしで回れます。マイカーにのった葉っぱをたべているキリンがいてそれも楽しそうですが。ぜひバスにのることオススメします。バスで回れる動物以外にもたくさんエサをあげたり直接ふれあえる動物がたくさんいますよ。たのしいサファリパークをあとに伊豆の宿に直行。。。_dsc5101
ペンションエルブルズ にとまりました。東伊豆天城にあります。アクセスはわるいですがシラヌタの森があり、山の上に有るので静かで自然がいっぱい、山並みも360度すばらしく、山の奥に海もみえます。なによりお料理がおいしい。地場野菜がいっぱい出るのは旅行中にはうれしいですよね。スパイスや濃いだけの味付けでごまかしてなくやさしい味付けなので子供もおいしく食べていました。きちんと大人と同じ素材を食べやすい調理方法に変えてあったりと細やかな気配りがありがたかった。途中で食卓を離れようとする我が子に汚れても平気ですよ
と言葉を添えて絵本をもってきてくれたり、1組だったこともあり少し早めに夕食を出していただいたりと感謝しています。パパはご主人がむかし自転車でわが夫婦のように旅をしていたので決めたようでしたが、、、ダッチオーブン料理がわたしの決め手になりました。
2日目は下田のほうへ田牛サウンドスキーをしにいきました。砂場の大好きなタカラくんですが「お風邪コンコンだからおうちで遊ぶ」と出かける前は言ってましたがいけば大興奮。水族館もいいですがサウンドスキーはどこでも味わえないのでおすすめ、傾斜30度は大人でも大興奮。しかしイノウを抱っこしながら何度ものぼりおりはきつい。自然にできたものなのでのぼり階段はありません。砂に足をとられながらひたすら登るのみです。ソリは近くの民宿で200円でかりることができました。Dsc05155
また、ちいさな入り江の海もエメラルドグリーンできれいでした。そしてそのまわりには龍宮窟という洞窟が有り、上から見ても下から見てもきれい。上から見る遊歩道は短い距離ですが絶景。ぜひ!

Photo その後、タカラの希望で地場魚をあつかった回転寿しやでランチ(ちょっと残念)そこから下田の町ペリーロードを散歩、ドイターのリュックにイノウをのせてタカラか肩車、パパ大活躍です。ソフトクリームを条件に残りはがんばって歩いたタカラくん。最後に足湯につかり大満足で宿にかえりました。そしてこれまた「お風邪コンコンだから」できのうは拒否された宿の露天風呂。なんとか説得して家族でじゃぷ〜ん。。家族で露天風呂なんてなかなかできないのでいい思いで、、さむかったけど気持ちよかったです。

3日目 最後にトントロ(トトロのこと)のもりにいって、「ママとパパとイノウとタカラが旅行中おせわになりました。」をいいにシラヌタの森へ、大きな杉樹齢千年の木にあってきました。残念ながらトントロにはあえませんでしたが、がんばて歩いた道、こけのはえた木、キノコ、虫、鹿、川、橋、ふかふかの落ち葉、冒険がいっぱいのトレッキングでした。こういう肌で感じる神秘的な世界の経験いっぱいさせてあげたいな。
Dsc05208 Dsc05213


かえったら宿にもどってチェクアウトなのですが、宿で最後のたのしみのダッチオーブン料理のランチです。朝食後、ペンションのオーナーの薪の準備や仕込みの様子を楽しそうに見ていた子供たち。。。外の風が強くなったので室内でランチです。すごくすごくおいしかった。子供たち大人分時間をたっぷりかけてほぼ間食。鶏もタマネギも人参もジャガイモもサツマイモもどれもおいしかった。スコーンも焼きリンゴもありました。
いつかぜひ私もキャンプでダッチオーブンに挑戦したいです。
Ca3a0086 Dsc05197

たくさん運転してがんばってくれたパパおつかれさまでした。そしてありがとう。

星弁当

弁当作り、旅行の次の日につき準備不足。。でもせめてすこしでもかわいく仕上げたい。
星人参がやっとでした。
Photo でもおかずはがんばって
エビフライ(以前作って冷凍しておいてよかった)
キャベツとハムのくるくる巻き
スパニッシュオムレツ(ジャガイモ 人参 ブロッコリー チーズ入り)
デザートはみかん

年少さんはソース瓶別にするとあけるのに苦労するのでおかずの下のシリコンカップにソースをひきその上に海老フライをのせています。スパニッシュオムレツの下にもケチャップが。。

ぐりぐら弁当

ぐりぐらシリーズが大好きなタカラくんです。親子2代で楽しめる絵本そんな本わたしも出したいな
Photo 暖めない(左) かぼちゃのぺちゃべちゃ* レタス 姫リンゴの子うさぎ
暖める(右) 青菜ごはん メンチカツ ブロッコリーソテー
Photo  ぐりぐら(薄焼き卵 蒸し紫芋 パプリカ塩ゆで)

*「かぼちゃのぺちゃぺちゃ」とは「ぐりとぐらとすみれちゃん」にでてくる料理 
勝手にイメージしてカボチャを少量のスープとタマネギを加えてゆでてマッシュ、クリームチーズとゆで卵を加えました。
パンにはさんでもおいしい。

我が家で絵画教室2

うちのタカラくんははさみが苦手。。とにかく集中してくれないので今にも手が切れそうでこわい。はさみの練習!とおもい基本に戻っていっぽづつ指導開始。。
はさみを使うお約束  
「刃をひとにむけない はさみをもって歩き回らない まっすぐすわる まっすぐもつ」 ですよね。それを確認させてスタート。
 まずはきちんとすわろうね。はさみのここ(刃)をもってごらん?目に持つ方をくっつけたら眼鏡さんだね、眼鏡さんができるようにここを人にわたすときはもとう。使わないときはケースにしまおう。切りたい対象物がおへその前にくるようにしようね。 切りたい紙をもった左手の親指は上をむくようにね。 はさみが垂直になるようにここ(三角がはさみにある)がみえるようにもとうね。チョキチョキ グーパーグーパーだよ。はい!グーパーグーパー。(ゆっくり)Photo
まずは基本の1回で切り落とせる1センチ幅の折り紙を用意しておいて幼稚園でやった「カレーをつくろう!にんじんチョッキン、お肉チョッキン。。スパゲティ作ろうチョッキン」とやっていました。
お〜っとおもったのもつかの間、ほんの2〜3分ではさみがもうあきちゃったタカラくん。糊使う!になりました。のりがみ(台紙)とお手拭きを用意して、、、とやっていたら「クレヨンで!」となりました。タカラの選んだ黒い紙に長い紙片からうかんだのかゾウさんをピンクでかきはじめました。かとおもったら雨を降らすといって細い紙をのりづけしてそれを何個かくっつけてたんぽぽにするといいだしてつくりだしました、、があきて、黒い紙に刻んだ紙が散らばってるのをみて落ち葉が落ちるみたい。といったので『のりではったら?」とわたしがいうと「落ち葉が落ちなくなるから貼らない」といいだしました。長い紙を幹にして貼って刻んだ紙をのせては立ててぱらぱらおとしてあそび、、、こんどは本当の葉っぱが欲しくなったようで、落ち葉を集めに公園へ。。当たり前ですが公園あそびに1時間。。集めてきたいろんなおおきさと色の葉っぱを思い出したようで先ほどの黒い紙の幹に差し込むように並べだしました。 たんぽぽをかざって(つくった)完成?いやこれを明日の朝、パパの前で落ち葉を散らして完成!だそうです。
完成図みたら?ですよね。。相変わらず集中力がなくいろいろ心配なタカラくんですが、タカラのやりたいようにつきあって素敵な工作遊びになったと思います。いろんなイメージ遊びができたことが重要だと思っています。
Photo_2

ストロースター

最近、自分の時間ができるとコツコツつくってますストロースター。
我が家のクリスマスツリーはデパート並みに早く11月2日にはでてました。
オーナメントはドイツのRERO社のをほんとコツコツ一年に2こ〜3個づつ足しておりなかなかにぎやかになりません。。ストロースターをできたら飾ってすこしずつ華やかになっていくのを楽しみにしています。だから全体のツリーの完成図はまだ。
Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4





手先が器用なほうと自分でも思っているのですがなかなか力加減がむずかしい。入れすぎるとストローが切れちゃうし、弱いとくずれちゃう。。4分の1分割も買うんだったなぁ。。糸も30番より太い方が良さそうです。まだ9個いっぱいつくるぞ〜上級キットでツリートップもつくりたいなぁ。。。
ザイフェンさんできっとは手にいてたのですがカラーストローの色合いがすてきです。ストローの質もよかったです。

よるくま弁当

きょうは「よるくま」というタカラの大好きな絵本を題材につくってみました。
紫芋が家にあってそれをいかしたものをつくろうとおもったらよるくまちゃんに
ちなみに「よるくま」は416gwkb0nvl_ss500_


これで お弁当は

Photo これ、
メニューは とりそぼろ 薄焼き卵 ブロッコリー 塩ゆで人参 おくらちくわ ソーセージのはな バナナ半分 ひとくちゼリー ふかし紫芋

うちのこは本当に混ぜ御飯が大好き。ピラフ、チャーハンは大人と同じくらいたべます。だからお弁当にも入れてあげたいんだけど、相変わらず食べこぼしがはげしくほとんど入れてあげれてない状態。。それなのにあえて子供の好きな「とりそぼろ」に挑戦!その分工夫しました。
Photo_2 お弁当にラップを引いて 御飯→そぼろ→御飯→薄焼き卵
上からラップしてラップごとお弁当箱からとりだして食べやすい大きさ(12等分)にきり周りに海苔をまきました。9等分だけもどしいれて開いたスペースにおかず。
またそぼろ自身も工夫して、パサつかないよう合わせ調味料のなかに生のとりむねひき肉をいれてあらかじめ混ぜておいてから火にかけて炒り煮する、すこし煮汁をのこしておいて片栗粉でとじる。こうすればパサツかずにしっとりぽろぽろしません。また卵そぼろもやめて薄く味付けした甘めの出汁と片栗粉をませたものを卵とあわせて薄焼き卵にしました。これまたパサツかずしっとり。。はたして実際幼稚園ではどうだったのだろう?
今日から暖飯機でお弁当があたためられます。寒くなりました。
これからはあたためておいしい弁当に気を配りたいですね。
暖飯機であたためるにおいて、お弁当はちいさなアルマイトに、袋ごと暖めるのでお弁当サイズにあった袋がいいといわれ、冬用お弁当袋セットつくりました。
タカラの好きなロボット柄のリボンテープでアレンジ
Photo

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »