« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

チーズケーキ

いっぱいおいしいチーズケーキがたべたくてつくりました。
Photo
お気に入りのレシピです。鮫島正樹さんのチーズケーキレシピなのですが。粉チーズでコクがでていて、メレンゲがしっとりふわふわでおいしい食感をだしています。ビスキュイ生地もサクサク、松の実もアクセントになっています。ちなみに鮫島氏のレシピはほかもおいしいです。そしてダンディーです。
Photo_2

Pedal POWER

 うちの洋服は、ほぼアウトドアメーカーで構成されている。AIGEL     THE NOHTH FACE   Colombia  Patagonia A&F しかショッピングモールでもみないくらい。着心地に縫製のよさに満足している。速乾性や生地の強さはこども服にぴったりである。質実剛健? AIGELなんかはお出かけ女の子スタイルなデザインもあるけどどこのアウトドアメーカーも女の子っぽさがたらないそこで、最近のお気に入りになったのがフェアートレード商品。イノウのパジャマとママのパジャマを以前買ったのですが、これまた着心地がいい、何度洗濯してもくたらない。しかもオーガニックコットンで肌にも安心。有害な染料もつかってない着る人だけでなく生産者にも安心なのです。若い頃はブランド名で私も服をほしがるところがあった。でも高い割に作っている人に還元されない製品、安売りのためより人件費を安く買いたたいたために、貧しく勉強もできずそれどころか食べるものも食べれず奴隷のように仕事をしている子もいる、そうような製品はなるべく買わないようにしている。何かを買う、それはどんな社会に票を投じるか?になることだとおもう。本当に必要なものか?何度も何度も自答しなければ買わない。「楽園の真実」という映画がある。ぜひ皆さんにも見てもらいたい。これはうちの旦那さんが見せてくれた映画。彼も環境問題に関心が有る、でも環境問題がマスコミによりねじ曲げられ報道されてないか?いろいろ勉強して私に教えてくれる。社会経済から見た本当のエコ?とはという視点で議論してくる。私は生活に密着して考えていて、毎日のごはんを大切に考えつくる、その食物の背景を考える。そして食べ物だけでなく自然に体が必要としていることをするようにしている。わたしの環境問題の関心は小さい頃から悩まされたアレルギーにもあるが自宅出産のさいにいろいろ考えさせられた。自然な育児をしたいのだ。

話はそれましたが、そういった考えからフェアートレードに興味をもったのです。しかも我が家にぴったりのTシャツをみつけてしまった。自問自答期間は短く即買いです。
Photo_3

最近のフェアートレードはアジアンチックでないのよ。すごくオシャレでデザイン性も高い。いろんなデザイナーとコラボもしている。。だぼついたかんじではなく日本人にあったシルエット。。一度のぞいてみてください。people treeの社長さんの本もおすすめの本です。 Photo_4

ひなまつり弁当

Photoきょうは、もうすぐひなまつりなので雛祭り弁当。
オムライスお雛様(御だいり。。のりチーズ うずら ほうれん草 みずな ソーセージ のり)(お雛様。。薄焼き玉子 うずら さつまいも 人参 のり)
ハートのペンネ きんぴらごぼう 塩ゆでブロッコリー ミートボール)

大好きなおかずばかりで満足のようでした。
そして幼稚園でつくったひな飾りを持ってかえってきました。「ママとパパだよ」
Photo_2 ??なんだか怒っているママと謝っているパパぽい?。。。反省します。

鰹節

とうとう手に入れました!鰹節削り器 と かつおぶし!
Photo
旦那にずっとおねだりしていました。本当は樫の木の引き出しがある、大工張りの刃がついたのが望みでしたが、ちょうど旦那が刺身ずきの我が子のためきょう朝早く浦安の市場で魚をかいにいってくれました。そのついでにたまたま珍しく店頭にあった。貝印のさつまおごじょという鰹節削り器 とかつおぶし をかってきてくれました。削り機 2000円と 鰹 780円。。まぁ まずは体験!なれたらいろんなかつおぶしを経験して使い込みいつかは一生ものの鰹節削り機!辰巳芳子先生のように丁寧には無理でもすこしづつ食材を見直した丁寧な料理ができるようがんばります。今は子育てで手抜きがあり、毎日するのは?きびしいけどねぇ実際のところ。
昼のお好み焼きには削りたてのおかかをのせて、夜は沢煮椀につかってみました。
風味がいいですね、鰹節は発酵食品であるということを再確認しました。少量でいい味が出ます。ちなみに沢煮椀はNHKの生活ホットモーニングでやっていたお気に入りのコーナー 夢の3シェフ競演 の 中嶋先生の魯山人風沢煮椀!激うまレシピでした。 うどに新ごぼう 春だね。。

海賊弁当

Photo 明日はタカラの冬のお楽しみ会です。
先週と同様お楽しみ会のテーマの海賊を作ってみました。タカラくんの衣装にまねてつくってみました。

帽子は揚げエビワンタン、昆布のつくだに
ブロッコリー塩ゆで たらこおにぎり タラのカレー風味フリッター 
人参とエリンギのスープ煮 黄色いプチトマト いちご

ルピナスさん

Photo_2 「ルピナスさん」私が大好きな絵本です。そしてタカラ君が大好きな絵本にもなってくれました。
 まずバーバラ・クーニーさんの描く絵は、板に水彩絵の具で 描き、色えんぴつでアクセントをつけた絵なのですがとても詩的で素敵な世界なのです。流れ行く曲線、平面的な絵はどくどくで、心にしみいる絵です。
 お話もとっても素敵!
大きくなったら遠い国々にでかけ、海の近くに住みたいと言うアリスに、おじいさんは、もうひとつしなければならないことがあると語ります。「世の中を美しくするために、なにかできることをしなさい」
 大人になったアリスは夢の通り、遠い国々を訪ね、最後に腰を痛めてしまい海辺の村に住みます。年をとり腰も悪く寝て過ごさなきゃいけない日々がつづきました。そんな中、体調がよかった時にまいたルピナスの花が彼女の部屋から見え彼女を和ませます。その花は風や鳥たちが花の種を運んでくれて反対岸の丘にも咲いていました。その時、まだおじいさんとの約束を果たしていませんでした。そこでアリ スは、歩くさきざきでルピナスの花の種をまくことを思いつき実行します。やがて村はルピナスが咲き乱れる美しい場所となります。そしてアリスは「ルピナスさん」と呼ばれるように なりました。アリスが子供の時そうだったように同じ約束を幼いめいと交わします。
 アリスに凛としていきる女性の姿勢を感じます。夢に素直に生き、自然を愛し、すべての出会いに感謝し 自分のやるべきことをしっかりと見いだし、力強く人生を歩んでいく姿に勇気をもらいます。私も芯の通った自分でいたいとおもいます。

Photo
去年の秋、ずっとルピナスの種を探していたのですがみつかりませんでした。春になりルピナスの苗がでてきました。タカラくんに話すと「ルピナスさんだ!」とのったタカラくん、パパと一緒にルピナスの苗を楽しそうに庭にうめてました。「ルピナスの種をとってルピナスの花で庭をいっぱいにしたいね」と家族で楽しみにしています。


海賊船弁当

今、タカラくんは来週末に控えたお楽しみ会の出し物の練習の真っ最中。タカラくんはかわいい海賊の役です。役になりきるために衣装もつくりましたが、お弁当からも海賊がんばれメッセージ!きょうは海賊船弁当になりました。
Photo


船 
かぼちゃのバター焼き アスパラとパプリカのソテー 塩ゆで人参 カブの甘酢つけ チーズに海苔 
サバのトマトソース煮 青菜おにぎり イチゴ

消防車(はしご車)弁当

Photo_2 きょうはタカラの大好き消防車(はしご車)のお弁当です。
ケチャップバターライス 人参 パプリカ 海苔 焼き芋
パスタ フレッシュトマトの辛くないエビチリ ブロッコリー塩ゆで キャロットハニーサラダ 椎茸の佃煮 いちご

Photo_3 おやつにタカラとキャラメルポップコーンをつくりました。熱々のできたては最高においしい!香ばしくあま〜いにおい。でもそれは香料でない自然な匂いなので気持ち悪くならない。ポーップコーンの実とバターと砂糖と生クリームがあれば大量にできます。なのでお買い得!
バター塩味やカレー味にしたりもできお家でポップコーンってたのしいよ。

まずは運動から

タカラくんは今補助なし自転車になるべく練習中。。数メートルはいけてたのに、いちど大コケしてしまうと「もういや〜。できない。のれない。砂場する」になってしまいます。自転車に限らず、カトラリーの持ち方もよくなってはまためんどくさくなり、ちゃんともって食べるのをあきらめてしまう。なのですこしきつめに「あきらめてしまうのはかっこわるいよ!がんばろうよ!」と説得。少しでもできると「すご〜い、やっぱりた〜くんならできると思ったのよ」とほめまくり、カトラリーの使い方が少しずつよくなってきました。
 やる気になったタカラくんは自転車ものれる気分になったらしい。「自転車のれたら小さいレゴもらえるんだよね?(デュプロでない通常のレゴのこと」といいはじめました。前から約束していたことです。「そうだよ。公園1周できたらレゴやさんでバケツ買ってくれるってパパいってたもんね。タカラならぜったいできるよ。」といったら「じゃぁ 運動するよ」と腹筋と腕立てをはじめました(かなり微妙すぎる腹筋と腕立てだけど)、そしたらイノウがタカラの回りをまわりながらウルトラマンをタカラに手渡しました。タカラはウルトラマンも腕立てポーズにしてまた一緒に腕立てをはじめました。ちょ〜〜〜〜〜〜かわいいです。ナイスイノウくんです。パパが毎日腹筋と腕立てしているの見ているのね。。。。がんばれ!タカラくん!
Photo

ブイヤーベースとアイオリソース

Photo 休日、以前お料理教室で習ってきた温野菜のアイオリソースをつくてみました。
ブイヤーベースは子供がアサリが大好きなのでよくつくっていたのですが、つきもののアイオリソース(ルイユ)を添えたことはありませんでした。私はお好み焼きにマヨネーズはかけない派なので同様にいらない。と考えてたから。まぁブイヤーベースに温野菜のアイオリソースの献立なら両方にソース使えるのでつくってみました。
ブイヤーベースにアイオリソースは有りでした。個人的にはやはりスープに混ぜるのは好きでないのですが献立のバランスがいい。温野菜はアスパラとジャガイモと人参。どれもスープで茹でています。子供も食べるので生のニンニクは辛いので少なめ、黒こしょうも少なめでつくりました。オリーブオイルは子供にはくせがのこるのでサラダ油と半々にしました。やっぱり手作りマヨはおいしいよね。子供たち両方ともよく食べました。食べ過ぎです。ガーリックフランス添えるとおいしいのだけど子供は御飯を混ぜてリゾット風にしてやると喜びます。
このアイオリソース次の日のランチでは温野菜茹でたスープで鶏胸肉をゆで、そのスープの中でお肉はさまし、取り出してきったものにそえました。イノウくんよくたべました。おいしかったです。蒸し鶏もそうですがスープの中でさますとしっとりと仕上がり子供もたべますよ。 おまけに野菜や鶏を茹でたスープはきれいに灰汁をとってポーチドエッグとパセリを浮かべてまたおいしい夕飯のメニューになりました。

お料理教室って何度もいきたかったけど作る予定のメニューがしっている献立ばかりでした。常にあたらしいレシピをもとめリクエストがないかぎりほぼ同じレシピでは作らず、研究しているし、最近はプロ向けのレシピ本を購入して独学するのにはまっていたので必要ないかな?と考えていたのですが。友達にさそわれていってみたらこれが楽しくて、やはりおそわるのはしっているメニューでもちがいます。しかもプロに教わった下ごしらえの心配り、ほかのレシピにもつながる配合のさせ方などすごく勉強になりました。もっとお料理のこと勉強したいです。素材のこともしりたいです。調理師、野菜ソムリエ、栄養士、フードコーディネーター、マクロビ、、、勉強したいことたくさん。。
 過去に幼稚園の先生向け雑誌のクリスマスの飾り付けの特集の仕事で紙コップ工作と同時に幼児と作れるクッキーの飾り付けのクッキー制作、レシピを作ったことがありました。もちろん作り方の挿絵もありで、、、もの凄く楽しかたし何度も試作をかさねました。またあんな仕事できたらいいな。。いまは子育てしながら充電しておこう。。。

ほかにも習ってきたものたくさんつくりました。家だとなんだか失敗が多い。。。がんばるぞ
ほうれん草とハムとマシュルームのキッシュ
Photo_2 残りの練りパイ生地で粗目まぶしクッキー
Photo_3 クリスマスの鶏のクリーム煮とラタトゥユ
Photo_4


« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »