« 節分 おにさん弁当 | トップページ | まずは運動から »

ブイヤーベースとアイオリソース

Photo 休日、以前お料理教室で習ってきた温野菜のアイオリソースをつくてみました。
ブイヤーベースは子供がアサリが大好きなのでよくつくっていたのですが、つきもののアイオリソース(ルイユ)を添えたことはありませんでした。私はお好み焼きにマヨネーズはかけない派なので同様にいらない。と考えてたから。まぁブイヤーベースに温野菜のアイオリソースの献立なら両方にソース使えるのでつくってみました。
ブイヤーベースにアイオリソースは有りでした。個人的にはやはりスープに混ぜるのは好きでないのですが献立のバランスがいい。温野菜はアスパラとジャガイモと人参。どれもスープで茹でています。子供も食べるので生のニンニクは辛いので少なめ、黒こしょうも少なめでつくりました。オリーブオイルは子供にはくせがのこるのでサラダ油と半々にしました。やっぱり手作りマヨはおいしいよね。子供たち両方ともよく食べました。食べ過ぎです。ガーリックフランス添えるとおいしいのだけど子供は御飯を混ぜてリゾット風にしてやると喜びます。
このアイオリソース次の日のランチでは温野菜茹でたスープで鶏胸肉をゆで、そのスープの中でお肉はさまし、取り出してきったものにそえました。イノウくんよくたべました。おいしかったです。蒸し鶏もそうですがスープの中でさますとしっとりと仕上がり子供もたべますよ。 おまけに野菜や鶏を茹でたスープはきれいに灰汁をとってポーチドエッグとパセリを浮かべてまたおいしい夕飯のメニューになりました。

お料理教室って何度もいきたかったけど作る予定のメニューがしっている献立ばかりでした。常にあたらしいレシピをもとめリクエストがないかぎりほぼ同じレシピでは作らず、研究しているし、最近はプロ向けのレシピ本を購入して独学するのにはまっていたので必要ないかな?と考えていたのですが。友達にさそわれていってみたらこれが楽しくて、やはりおそわるのはしっているメニューでもちがいます。しかもプロに教わった下ごしらえの心配り、ほかのレシピにもつながる配合のさせ方などすごく勉強になりました。もっとお料理のこと勉強したいです。素材のこともしりたいです。調理師、野菜ソムリエ、栄養士、フードコーディネーター、マクロビ、、、勉強したいことたくさん。。
 過去に幼稚園の先生向け雑誌のクリスマスの飾り付けの特集の仕事で紙コップ工作と同時に幼児と作れるクッキーの飾り付けのクッキー制作、レシピを作ったことがありました。もちろん作り方の挿絵もありで、、、もの凄く楽しかたし何度も試作をかさねました。またあんな仕事できたらいいな。。いまは子育てしながら充電しておこう。。。

ほかにも習ってきたものたくさんつくりました。家だとなんだか失敗が多い。。。がんばるぞ
ほうれん草とハムとマシュルームのキッシュ
Photo_2 残りの練りパイ生地で粗目まぶしクッキー
Photo_3 クリスマスの鶏のクリーム煮とラタトゥユ
Photo_4


« 節分 おにさん弁当 | トップページ | まずは運動から »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 節分 おにさん弁当 | トップページ | まずは運動から »