« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

かたつむりの観察2

 続編です
その後のある日はどしゃ降りの日で、いつもの公園の貸し出し駐輪所はプールとかしていました。管理するおじさんたちは暇そう。他の家族が誰もいない中、我が家はカッパきてカタツムリ探しにきたのですが見るも無惨に泳ぎ始めた我が子たち。ママも最後は一緒になって水の掛け合いっこ。。楽しかったです。もちろんみんなでお風呂にすぐ入りホットココアを飲んだのでした。そうして、うちのカタツムリハウスの住人は10匹になりました。
Photo_2
Photo_3

 毎日エサを確認し、うんちの始末をせっせとしながらお世話をしています、、、
前回かいたように、人参のときはオレンジのうんち、キュウリのときは緑のうんち、レタスのときは薄緑のうんちをしています。キュウリが一番好きみたい。Photo_4

 また掃除の際カタツムリを外に出すと一斉に子作り行動に出る彼ら。。。開放的になるからかしら?
Photo_5

きょうとうとう卵を産みつけてました。Photo_2

 

2カ所にそれぞれ10個ずつぐらい土に隠すように産んでます。

ベビーの誕生が待ち遠しいわ。Photo_6Photo

親水公園

うちの子は水遊びが大好き。噴水、じゃぶじゃぶ池、プール、お風呂、雨の日散歩。
どれも長い長い、めいいっぱい楽しみます。
きょうは小松川親水公園にいってきました。文化センターに車をおいて子供たちは水着のまま、水の中を入りながら冒険に出発!東小松川公園まであるいてまたもどってきました。
途中、滑り台や、滝、船、海賊船アスレチック、よみがえる清流、などがあり子供たちは大興奮。途中でザリガニ取りにも夢中になりました。おすすめです。
次回は逆方向にいってみたり、自転車ツーリングするのもいいですね。

Photo

あめふりくまのこ弁当

Photo
タカラくんが幼稚園でおぼえてきて、ママもイノウも大好きになったうた「あめふりくまのこ」がモチーフ。
雨が降っていてもこの歌を鼻歌で歌うとすこし気分もかわっちゃう。こんどイラストにしてみよう。
ってことでまずはお弁当にしてみました。

おいなりさん(ごまいなり) にんじん、枝豆のしおゆで
かぼちゃのグラッセ レタス オクラの豚肉巻き塩味ソテー サクランボとぶどう

おやまに あめが ふりました
あとから あとから ふってきて
ちょろちょろ おがわが できました

いたずら くまのこ かけてきて
そうっと のぞいて みてました
さかなが いるかと みてました

なんにも いないと くまのこは
おみずを ひとくち のみました
おててで すくって のみました

それでも どこかに いるようで
もいちど のぞいて みてました
さかなを まちまち みてました

なかなか やまない あめでした
かさでも かぶって いましょうと
あたまに はっぱを のせました


トマトさんがどうしてできるの?

Photo_3

今、ハーブ以外でトマトを育てています。鉄鍋自家製ピザをこのトマトをつかって作る事をたのしみにしています。なのでイタリアンなトマトを栽培中。こどもたちは水をあげています。「どうしたらトマトさんはできるのかな?」「太陽!土!水!」「それだけじゃないよ何かな〜」いろいろ話しながら育てています。 赤くなってきてタカラに心配が。。。去年つくったトマトや花は随分鳥さんに食べられてしまったのです。「ママ!鳥さんに食べられないようにネットをかぶせて!」といわれ私はいそいそとイノウとネットを買ってきてかけておきました。「どうだ!」。。。タカラは幼稚園から帰ってくるなりみて

「マ〜マ〜 これ駄目だよ。ネットの四角が小さすぎ!チョウチョさんお花に止まらないとトマトできないよ 大きくしなきゃ」

そのとおりです。虫さんたちが受粉してくれるんだったね。すっかり忘れてました。
ママはうれしいよ、そういう事が気がついてくれるなんて!成長を感じ感動しました。

さてトマトがらみでおすすめな絵本

「トマトさん」 です。お友達の田中清代ちゃんがかいてます。夏にぴったりの絵本是非手に取ってみてPhoto

梅!

やってきました。梅の季節ですね。実家の頃から梅酒と梅ジュース作りをこの時期にしないとなんだか体が起きない気がします。今回はウメジャムもつくってみました。旬の食材を食べていると元気になるよね。今はやっぱり完成した梅ジュースをのむと、どんよりじめじめした雨の日、一瞬だけでもすっきりする。旬の話をよく、買い物中や御飯時子供たちにはなしています。本当にとれる時期、おいしい時期っていつ?わたしの知識も怪しくなりつつあるスーパーの豊富な食材事情、ありがたいけど今一度勉強し直したいわ。Umesyu

はしはじめ

Photo
 お箸に興味をやっとこさ示しだしたタカラくん。はじめに買ったエジソンは穴に指を通すのがいやだったらしく断念。次に使ったコンビのトングのようなしつけ箸は簡単なので本当によく使っていた。しかしながらトングであって箸の練習になっていない、普通の箸になるとぐちゃぐちゃでもてない。そんなときにコンビの箸の一本がなくなった。
 そこで高かったのですがシンプルなデザインと3ステップの機能、エジソンとコンビの中間の束縛(矯正)レベル、これなら持てるでしょうというデザインから考えて買ってみました「はしはじめ」今は一番下の使ってます。次第に上に進む感じ。3990円。次男も順繰りで使ってくれたら、、、安い買い物?となればいいのですが。。。今のところいい感じにすんなり持てています。

かたつむりの観察1

Photo_2 きょうはグランマのうちまで自転車の冒険にいきました。25分かけてグマンマのうちまでタカラくん自走です。
グランマは元小学校教師、元教頭先生で、元教育カウンセラーで、今も科学センターの先生で、水辺の学校の先生で、たまに小学校の理科の先生をしています。本当、いつでも忙しく動き回っていてなかなか子供を預かってくださいと助っ人お願いするのは厳しいのですが、、頼れて、おもしろくって尊敬している義母です。お話しするたびに知識豊富でわくわくするような実験話をしてくれます。
きょうは「アリの観察をしようとおもうが、どうか?」と相談。すると「カタツムリが面白いわよ」とおしえてもらいました。

カタツムリは2匹いれておくと一匹がオスでもう一匹がメスになるんだそうで、たくさんの卵をうむよとおしえてくれました。赤ちゃんの時からカタツムリの形をしているそうです。ちなみにナメクジとカタツムリは別の生き物でけして殻から抜け出たのがナメクジではありません。殻がなくなるとカタツムリは死んでしまうそうです。どんどん殻も成長するのでヤドカリとは違いますね。 野菜がエサで、人参をあげると人参色のうんちをするそうです。レタスはレタス色のうんち。。
子供たちとお夕飯の後、まだ空は明るいので夜散歩でかたつむり探しにでかけました。 5匹みつけてきょうから観察開始!きょうの御飯はキュウリですよ!カタツムリ君

手作りハンバーガー

Photoきょうは幼稚園が休みだったので、子供たちと手作りハンバーガーをつくりました。
献立は ハンバーガー フライドポテト コーン入りグリーンサラダ(特製バルサミコ酢ドレッシング) 人参スープ

とにかくたくさんお手伝いに挑戦!所々子供たちがつくってます。
 ハンバーグのタマネギ少しだけみじん切りしてみたり(目が痛くてダウン)調味料をいれて こねて 、、サラダのレタスをちぎり キュウリをきり 水切りをまわして、、、、人参スープをフードプロセッサーにかけ牛乳で味を整える事をさせたり、、、パンもこねて(半分はフープロ)まるめて ガス抜きして たまごぬって ごまふって、、、、ポテトをきって、、、 最後にパンにはさんで特製ソースをかけてできあがり。 これみんな子供たちがやりました。
途中 自転車の旅にでましたが、パンも焼いたから待ち時間もあり半日がかりで子供とつくりました。随分時間かかったけど「おいしい!おいしい!」「いらっしゃいませ!ハンバーガー屋さんです!」こどもたちは誇らしげ、パパにも自慢してました。さすがすごいボリューム!でも子供たちはぺろり平らげたのでした。
 パンに溢れ出るに肉汁がしみ込んでおいしかったです。ソースも自家製ハヤシライスにトマトケチャップをまぜて特製ソースで!「僕らのハンバーガーはたいしたものだ!」※ がでたのでした。

※ 「ぐりとぐらとすみれちゃん」という絵本で「僕らの畑はたいしたものだ!」と手作りの野菜をたべていうシーンがあり、自家製でおいしいものを我が家では「僕らの○○はたいしたものだ!」と表現します。

潮干狩りキャンプ

千葉へキャンプいってきました。
 まずは木更津で潮干狩り、、。2時頃が干潮なのでゆったり12時少し前に到着。。それでも人でいっぱい。まずはとってすぐにはアサリを食べられないのを納得させるためアサリ飯をたべておきました。子供たちは大のアサリ好きですから。。。船か歩きで掘るところにいくのですが、子供たちは「船〜!」乗るのに45分かかりその時点で遊び疲れたイノウは掘り出し5分で「おんぶ〜」寝ているイノウをおんぶしながらママは掘りました。。だってママだって初めての潮干狩り楽しかったんですもの〜。。まぁ結構入場料はらっているのでざくざくはとれるのですが、それでもパパの大熊手(柄の長さ50センチほどで先は12センチくらいある)が大活躍でした。いっぱいとれたもの「さ〜帰るぞ!」とふりかえったらタカラがいない。。もう海の水もふえてきてるし〜。。「タカラ〜」と声を張り上げ夫婦で探す事15分以上。。そして放送で呼び出しがかかり保護されている事がわかりました。。いや〜見つかってよかったよ。。Photo

そこからキャンプ場清和県民の森に到着。今回はキノコ型のロッヂに止まりました。テントでないので遅くまで遊べました。
Photo_2 夕飯は簡単に千葉産のお刺身てんこもり  豚汁 鉄鍋ごはん(おこげがグー!)   トマトとキュウリのサラダ(地場野菜100円つめ放題のやさいのためトルネードなキュウリでも味はおいしかったよ)

そしてお夕飯のあとはホタルを見に行きました。(初)ニュージーランドの土ホタルはいっぱいいてあまり動かずうっすらな明かり、、でも源氏ホタルははっきりとゆ〜らゆら。。まさしく憧れていたホタルの明かりきれいだった。。空気もきれいだった。

二日目は大滝で沢あそび。カエル おたまじゃくし やご 沢ガニ 沢えび どじょう あめんぼ 子供たちは大喜びでした。。男の子の親としては観察用虫かごと網は必須ですね。Photo_3

パパ運転ありがとう。たのしかったよ。おつかれさま。
夕方には家路についたのでたんまりとたまった洗濯物と片付けにおわれました。早速夕飯はボンゴレスパゲッティ。。これまたたんまりのアサリに大喜びの子供たちでした。

幼稚園でマクドナルドツアー

Photo

 先週、タカラが幼稚園の保育なかでマクドナルドツアーにいってきました。マクドナルドにいって店員さんが料理を作ってる姿、売る姿を見学して、買い物したチキンナゲットを幼稚園でひとつづつ食べたそうです。子供たちはマックの帽子をかぶってバスからおりてきました。
 マクドナルドが大好きな人にとってはだから?でしょうけど、我が夫婦の中ではどうして幼稚園でマクドナルドにつれていくの?と討論になりました。
 なぜならマクドナルドは食育的によくないと我が家では判断しているからです。2つの点から今回の見学に疑問があります。


 まず1点、ファーストフードであるということ。
幼稚園でも食育はいろいろ行われています。野菜を育ててみたり、親子クッキングでおにぎりや焼きそばをつくってみたり、芋掘りにいったり、、、太陽の光をあびて水をあげ世話をして年月をかけて育った命をいただいているということ。そしてだからこそ無駄なく丁寧に調理して残さずいただくという事を感じ取ってもらいたいとおもっています。幼稚園も同じ気持ちなのではないでしょうか?
 うちでも野菜をつくたり、日々食事を作りながら子供と食事の話をいろいろします。一緒にお買い物しながら旬ってなに?という話もしています。
 ではマクドナルドはどうでしょうか?先生のお手紙にも有りましたが、40秒でお肉がやけ、あっという間にハンバーガーやポテトができる事に子供たちは大興奮していたようです。実際は目にしてないかもしれませんが品質保持ということで時間が経てばじゃんじゃん食べ物を破棄しているマクドナルドです。
そしてその食材はどこから来てるんでしょうか?安く食材を仕入れるために農業労働者の安全、生活は確保されているのか?農薬をつかって短時間の生産効率をはかり育てられた野菜やお肉でないとなかなか厳しい価格ですね。食品にかかる運送費もそこには入っています。安く仕入れるために世界各国からあつめられるためにどれだけ環境破壊をしているのでしょうか?それにも関わらず子供たちには簡単にできて簡単に捨てられていいものというふうに食べ物の事を感じてほしくは有りません。

 次に2点目、マクドナルドの味は味覚形成の幼児期にひかえるべきではないか?
我が家では生活クラブさんのおかげで食品添加物のなるべくはいっていない調味料がてにはいります。、そしてそれらで合わせ調味料をつくり料理をしています。お出汁をとり、できるだけ自分でできる食品保存の仕方が有ればいろいろつくり保管しています。冷凍食品は未調理の食材のみでたまに生活クラブの半調理品を使用するくらい。
 マクドナルドのハンバーガーを食べたら必要な栄養素が全部入っているというような事がマクドナルド食育プログラムのページにはあります。余分なものはたくさん入ってないのでしょうか?食品添加物は?ビーフ100パーセントで食品添加物は入ってないとマクドナルドの広報でははなしていますが食材自体はどうなのでしょう?抗生剤つけの牛、精肉にする段階でのバクテリア除去、化学調味料ではなく化学薬品つけと一部の報道にはあります。
 真実はわかりません、だから自分の舌で感じた事を大事にしようとおもっています。私の感想としてはポテトは油の匂いが変です。独特の悪い後味がのこります。ごめんなさい。個人的においしくないです。大量に幼児期にたべていては塩分も強く、化学調味料のうまみ成分?がおいしいの基準になってしまいます。ちなみにマクドナルドだけではなく、冷凍食品、菓子パン、コンビニ御飯、市販の合わせ調味料にも同じ事が言えます。
 ではすべてを除去するのは??むずかしいです。わたしもがんばって料理をしてますが、コンビニでおにぎりを買う事や外食をすることももちろん有ります。実際無添加のものは高価です。我が家だってマックに1度も子供を連れて行った事がない訳ではありません。でも幼稚園でいくということが問題と感じます。先生がマクドナルドを推奨しているようで、、、今、マクドナルドが食育フログラムをつくりNPOをとうして小中学生に授業で食育の時間にマクドナルドのハンバーガーをつくったり、栄養素が足りているかどうか、そのバランスはどうか、といったことをやっているらしいです。なぜマクドナルが、、、、もっとみじかに調理している人がいるではないですか?なぜ親が、先生が食育をしないのでしょう?

 きのうは担任の先生に電話で、きょうは園長先生に私の疑問を投げかけてきました。
「保育のなかでマクドナルドツアーにいくことに不安と心配を感じています。なぜ幼稚園がマクドナルドを選んだのでしょうか?建物も無垢の木をふんだんに使い、珪藻土の壁におおわれ、風通しもいい幼稚園です。窓も床も天然のオイルで丁寧にみがいて掃除されています。蚊をさけるのに殺虫剤ではなくアロマスプレーや蚊の苦手な周波を出し、子供には害のないものをつかっています。そこまで園児の健康に気を配っている園がどうしてマクドナルドを選んだのでしょうか?野菜を育てたりいろいろしているのになんでファーストフードを選んだのでしょう?」

想像していたとおりの答えがかえってきました。
「園でも毎年マクドナルドは避けたいとおもっています。お店やさんごっこのための工場見学、販売見学を目的に一生懸命さがしても受け入れてくれるところはなかなかない。マクドナルドしかなかったのです。おっしゃる事はごもっともです。私も今年こそぜひやめたいと考えています。どうぞお母様がたのお知り合いの方で近くでお店をやっており見学させてくれるところが有ったらぜひ紹介してください」
と園長はなしてくれました。

「ここまで先生たちが気を配った環境、エコで隅々まで掃除をしてくれているので、アレルギーや喘息を心配している親子にとってはありがたい幼稚園なんですよ。皆さんにもお薦めしています。だから残念に感じてました。お店は私も探してみます。先生たちもご検討よろしくおねがいします。」と私はこたえました。

幼稚園では算数やあいうえおを意識的に勉強として教える事はありません。ゆうびんやさんごっこやおみせやさんごっこで自然に楽しみながら身に付けばいいという考えの幼稚園です。お店屋さんの勉強といえば私たちの頃は商店街の八百屋さんやお魚さんやお肉屋さんお菓子屋さんでしたね。幼稚園の近くにも商店街はあります。商店街を歩くだけでは駄目なのかしら?

私は小さい頃からアレルギーマーチをやっており結膜炎、喘息、鼻炎、アトピー性皮膚炎になやまされ続けています。小学生当時、アトピーのひどい子は珍しく、湿疹とそこら中血が噴き出した顔や関節まわりをみて気持ち悪がれつらかった思い出があります。母はあらゆる治療をしていろんな病院に連れて行ってくれました。民間療法もしました。掃除もしてくれました。アレルギーがひどくなると、炭酸飲料とマーガリンの除去、冷凍食品はほとんど使わない、糖分が強すぎると悪化するといって手作りのお菓子をよくつくてくれました。母の基準でなぜだか以前はマックオッケーだったのにモスならオッケー。チキンナゲットは食べちゃ駄目になりました。ずっとマクドナルドのチキンナゲットに憧れていた私は中学の3年生のとき?友達と食べてあれ?憧れていたのがこんな味だったんだ。とがっかりしたことがあります。何もかも駄目では子供にはちょっとさみしいですね。わたしの経験です。
無理強いは母もしませんでした。アレルギーが悪化したときいうくらいでした。中学生になるとカップラーメンも菓子パンもおでこポリポリしながらたべてました。今だってチョコとケーキとコーヒーは大好き。

 たまには駄菓子もいいでしょう。たまにはマックのシェイクものんでみたいよね。スナック菓子だって友達とたべてもいいとおもいます。友達とわいわいお菓子を分け合って食べるのが楽しいのですから。一時期食べ盛りでジャンクフードでおなかを膨らます事も有ってもいいと思います。食べてみたいとみずからいえば食べさせますよ。(食べ過ぎにならないように気をつけながら)でもみずから親が率先して食べさせなくてもいいのではないでしょうか?まだ幼稚園というのもありますが、親の食育理論を叩き込もうという気も毛頭有りません。
 ただ愛情込めて料理するだけです。しっかりと食事の大切さとゆっくり素材を引き出した料理を小さいときに感じ取ってくれればうれしいです。

雨降りかえるさん弁当

Photo

きょうも朝は雨。とうとう梅雨入りしましたね。お弁当も傷みやすい季節となりました。
そこですめしにしました。なるべく素手で触る回数を減らしているのでほとんどが型抜きを使えばできるデザインにしました。しっかりとした味付け、しっかりと火を入れる事に気をつけています。

キュウリと穴子の細まき寿司
傘。。。カボチャと人参の塩ゆで にんじん魚ときゅうりのかえるさん
うずらベーコン アスパラベーコン レタス
デザートにゼリー

ダンゴムシとミミズ


ありがたい事にうちには庭が有る。ちいさいときから虫が苦手ではなく、よく兄と虫取りしたものだ。
今、子供たちとよくガーデニングしたり、芝生を植えたり、野菜をそだてたりしながら虫を見つけては観察している。いつもバケツにはダンゴムシとミミズでいっぱいです。最近はカタツムリもよくつかまえます。
ダンゴムシは子供たちに大人気ですよね。そこでおすすめが下の2冊!「だんごむしみつけたよ」「みみずのふしぎ」です。
ネタはばらしません。こどもとわくわくしながら読んでください。Photo


Photo_2

かたつむり弁当

Photo

梅雨に入ったのかな?。前日は雨が夜に降り、園外保育でお外御飯だったのでテルテルボーズをいれました。晴れてよかったね。

あじさいおにぎり  おかかおにぎり

          かまぼこ茄子のつけもの汁につけたもの(青)
          ソーセージ(ピンク)
ブロッコリー塩ゆで ジャガイモバター青のりがけ 
かたつむり     豚肉のチーズとバジルまきフライ ちくわ

すいか

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »