« 虹を見たよ | トップページ | アゲハチョウの観察2 »

ショウリョウバッタ

庭にショウリョウバッタの赤ちゃんが15匹ほどとんでいました。産まれて間もないのかな?15ミリくらいのショウリョウバッタ。せっかくなのでこどもたちと観察。おなかをつぶさないようにそ〜と二人とも上手に持てるようになりました。
これまたせっかくなので工作してみました。
はじめ足はママがデフォルメしてブーメランのかたちのきりやすいものをデザインしてきらせました。完成して飾ってみたら「ちがうよ バッタさんの足はもっと長い!もっとちゃんとつくりたい」
時間をかけて観察して大きさ、色を決め、下書きのベースだけタカラの指示道理には私が描いたものの、すべてタカラくんがんばって切りました。ずいぶんハサミじょうずになったね。バッタを観察しながらおなかの中心に足は集まっていてこの足はこの角度、この位置とタカラがきめて貼りました。なかなか立派なのができたね。ちなみに筒状のトイレットペーパーのしんの形のままだと端っこを上からはじいてあげるとバッタのようにとびます。 はじめのママの制作意図以上のタカラのこだわりバッタができました。
Photo_5 Photo_6





シジミチョウをなんびきも捕まえられるようになった我が子はチョウも作る事に
半分におって私が描いたラインどうりに切らせました。開いたときの満足そうなタカラの顔。半面に絵の具をつけて反転させ模様をつけました。
下がタカラです
Photo_7





前回の絵の具遊びの完成品。線路を描いたので電車とトンネルをつくって遊んでます。Photo_8 右はイノウ初めての絵の具Photo_9

« 虹を見たよ | トップページ | アゲハチョウの観察2 »

こどもと創作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 虹を見たよ | トップページ | アゲハチョウの観察2 »