« くり・ドングリくん弁当 | トップページ | ヤゴの観察1 »

かぶとむしの観察 4

さて前回42匹の幼虫さんを大騒ぎで飼育ボックスにわけた日からちょうど1ヶ月たちました。クヌギマットも茶色くなてきて糞がめだちはじめました。4つ分の飼育ボックスをひくりかえすと幼虫さんは21匹になっていました。もうほとんどが3齢なのでもしかしたらけんかして数が減ったのかもしれません。30センチのケースで5〜6匹がいいということなのでちょうど良い環境になりました。成虫になってくれるのは何匹なのかな?
土は全部ふるいにかけ、細かい糞の土を落として、あたらしいクヌギマットと混ぜて幼虫をいれたら完成です。タカラとイノウはクヌギマットあそび(土遊び)と水遊びになり大変だったよ〜。

糞の方の土は腐葉土とまぜてチューリップとスイセンの球根を植えるのにつかいました。春になったら蝶が羽化して舞い、チューリップの蜜すってくれるといいなぁ。。

Photo

« くり・ドングリくん弁当 | トップページ | ヤゴの観察1 »

観察と実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« くり・ドングリくん弁当 | トップページ | ヤゴの観察1 »