« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

鬼さんとお福さん弁当

Photo
もうすぐ節分なので太巻きと鬼さんとお福さんをいれてみました。
太巻きはサラダ巻き エビバーグ ツナマヨ アスパラ 薄焼き卵 を巻いています
甘煮豆 うずらのお福さん スナップエンドウ塩ゆで レンコンとごぼうのキンピラ エビバーグと人参で鬼君をつくってみました。

エビバーグはオリジナルです。
人参 海老 卵白 片栗粉 水切りした豆腐 酒 を適宜入れてフープロにかけてやきました。海老だけだとパサついた感じになるのですがふわふわ食感になりました。

ファーストプラン

待ちに待った建築家さんからのファーストプラン。。
Photo_8 今も駐車場として貸している土地。。4台を貸せる状態で家をたてることがグランマの条件。。自分のうちも加えて5台の車に囲まれた家です。

一階は玄関と納戸が中央車左 パパの夢の自転車部屋土間8畳!!!!が右です。
中央2階手前に突き出ている細長い〜部分が キッチンと家事道具やら私の仕事机プラス子供が宿題をしたりするばしょになっています。
Photo_9


キッチンダイニングを中心に実右上に子供たちの部屋 左上がリビング
キッチン左となり風呂場 さらにとなり 寝室

自分たちは木をイメージしていたので中心の幹になるような螺旋階段が有るイメージだったのですが このプランは自分たちの生活スタイル 土地の制約上やら街道に面していることからうまれた形のようです。。 確かにこの方が細長い土地にはあっているかも。。。。実際木登りの楽しさのような物が現れていればいいのでこのプランにはその楽しさが有ると思う。

問題点がいくつか。。。子供たちが小さいうち 仕事最中の物をいじられないようにする工夫。
型染めをする場所。 こどもたちと工作する場所 気兼ねなくお絵描きができるところ おもちゃを広げてたり大量のレゴを広げて完成した物をディスプレするところが必要です。これは贅沢な希望だけど。。。

解決には大きな割り切りと遊びで乗り切るプランを建築家さんに提案してみる予定。

橋や階段が登山をしているような楽しみを与えてくれるのでは?という建築家さんの提案でした。
屋上も登ってく? だって屋上からは夏 花火大会が見れるのですから。。
絵本「おおきなきがほしい」の木に登るようなたのしさ、木漏れ日のイメージがふえるといいなぁ。。

さて 仕事は雑踏の中でした方が好きですか?こもれるくらい場所がいい?私は生活の中でアイデアはうまれているとおもっているので生活とつながっていた方が好き。。だからこのプランは合っているも。。イラストレーターの仕事としてはそうなんだけど。。。作家として染色作品を作るときは世界を変えたくなります。 どやってそれをつくるか?一人朝早くおきて静かな中つくる? 狭い空間に行く? 異次元に行く? 光がポイントになってくるとおもいます。光にアイデアをもらえるんですよいつも。。。

節分工作

もうすぐ節分。。。何日かに分けて節分をテーマに子供たちと工作。。
まずは豆いれ
紙コップの豆入れ 手持ち付きです
Photo 子供たちはじゃんじゃん折り紙の切り刻み遊びをすることにはまっていて糊つけに興味なしだったので子供たちに色指定とパーツ選びをさせて私が貼っていきました。
モールで取っ手をつけて持ちやすくしてみました
右 タカラ 左 イノウ

紙コップダブル豆入れ
Photo_2 二つを鬼さんのベロでつないでいます。口を開けるとユーモアでしょ?こちらも上の工作と同様に共同作業で制作。
右 タカラ 左 イノウ

紙皿でおにさんの飾りをつくってみました。これまた切り刻みと色指定は子供たち
Photo_3 タカラはのり付けもしました。
左 タカラ 中 イノウ 右 ママ
これをお面に当日はしたててもいいですね。

鬼の的あてゲームもつくってみました。子供たち大興奮
Photo_4 Photo_6 Photo_7  Photo_5




鬼さんを段ボールに絵を描いて切り取り裏にはタンバリンが貼付けてつるしてあります。
広告を丸めてテープで固めた大きなお豆を投げてあたるとタンバリンのおとがします。 
お福さんは箱をつけてお豆がはいったら成功! 

節分まで鬼さんブームが続きそうです。

くるくるレインボーと割り箸鉄砲

名作 割り箸鉄砲 と くるくるレインボー この工作を考えた人はすごいとおもう。
子供の心をくすぐる遊べる工作 美しくてたのしい。。是非私もこんな後に受け継がれるような工作をあみだしたいものだ。
割り箸鉄砲 
Photo_2


くるくるレインボー
Photo_3 Photo_4 Photo_5





先日 おもちゃは誕生日以外は買いませんと子供にいいました。(クリスマスもあるけど)たくさん既にあるしあまりにもぞんざいに扱うので。。親があたえなくてもおじいちゃん、おばあちゃん、幼稚園行事などあらゆるところで貰い物、配り物が有るしね。 作った人 くれた人 買ってくれた人の気持ちを考えてくれたらいいけどどうなんだろ? 簡単に手にいいれたものはポイ!するのに躊躇なさすぎ。それはもちろん大人も同じ事が言えます。なので私も本当に必要かとことん悩み買い物です。

 

もちろん 外あそびはとことん付き合ってます 子供と料理したりしてすごしたりもします。親はおもちゃがないと確かに大変です。
欲しいおもちゃが有れば一緒に作ってあげるよと約束をしました。
今でもそのための材料さがしも作り方探しもとことんつきあってます。
作ったおもちゃは直せるよ。だから自分でつくってみよう!が合い言葉。。
想像する喜びも感じてもらえたらいいな

汽車ぽっぽ シュウマイ弁当

Photo 冷たいと油かえっておいしくないけど暖めたり蒸したてが最高においしいシュウマイをお弁当に入れてみました。 
そして汽車ぽっぽにしてみました。

シソひじきごはんおにぎり 人参とカボチャのグラッセ ゆで卵白身
ポテトのバター青のりあえ シュウマイ レタス ほうれん草ナムル
イチゴ

シュウマイは子供たちの大好物。。蒸したらあっとうまになくなります。
家庭で作ったシュウマイが一番おいしいとおもっちゃいます。是非つくってみて

材料
シュウマイの皮 一袋(25枚)
ホタテ缶水煮 一番ちいさいやつ
豚バラ 100グラム
豚赤身 150グラム
干ししいたけ 2枚
タマネギ 80グラム
レタスの葉
片栗粉 大2

酒 ごま油 しゅうゆ 小2
オイスターソース 砂糖 小1

作り方
 お肉はよ〜くこまかくたたきます。ぎょうざもそうだけど、ひき肉よりたたいてねっとり粘りがでるまで混ぜるのがポイント 調味類をいれて ホタテの缶汁をいれてさらにぐるぐる混ぜまくる。
みじん切りにしたタマネギに片栗粉をまぶしたもの、干し椎茸戻したものみじん切り、ホタテをほぐしたものを投入してまぜる。
シュウマイのかわにつつんで 蒸し器の上にクッキングペーパー、レタス しゅうまいの順番にのせて蒸し器で強火8〜10分
完成!

お弁当の時は前日にタネは混ぜておいて朝包んでフライパンやちいさな鍋で蒸しちゃいます。

トラ君餅つき弁当

新年最初のお弁当の日は幼稚園の餅つき大会。
今年は寅年。。トラ君に餅つきしてもらいました。
Photo  今日も暖飯機にいてるそうなのでリクエストでもあるカレーにしました。サフランバターライスのおにぎりの中にドライカレーが入っていてそこにもカレーをひいています。
トラ君。。。 サフランバターライス ドライカレー きんぴらごぼう スライスチーズ パプリカ塩ゆで 
餅つき。。。 臼と杵はさつま揚げ おもちはフランス風マッシュポテト 
ブロッコリーとスナップエンドウの塩ゆで

幼稚園で食べるときにはパスタサラダで固定したのですがトラ君の黒目が一つ動いていたようです。なかなか崩れないようにするのは難しい。。暖飯機に入れると海苔はしなしなになり形が崩れるし、、みなさんどうやっているのだろう。

子供と作る凧

年齢に合わせた凧をいろいろかんがえてみました。2〜5歳までで簡単いつくれて簡単に揚げられるものにしました。

くるくる凧
 ○に渦を描いてハサミで自分たちで切らせました。そして模様を描いて中心に紐をつけたら完成。
Photo
三角でも同じような事ができます。○と違う動きをします。走ったり、持ってうろうろ程度でもまわります。自分がもって回ってもいいです。。ただしめもまわしますが。。。
Photo_2

Photo_3
2歳9ヶ月のイノウもつくって飛ばして楽しめます。

折り紙凧
折り紙を5回折っただけでできる凧です。。年中さんならつくれるでしょう。。ただし紐つけに先生の手が必要かも。。揚げるのはもの凄く簡単。。風を受ける感じも有るので凧揚げ気分が味わえる。。でも室内でもできるくらいのお手軽凧です。

Photo_4
折ったら広げて 下の写真のような位置に30〜40㎝くらい(折り紙の大きさにもよる)に切った紐の両端をくっつけます。。風を受けるための帯?をつけてください。中心に一本でも3カ所にでも。写真を参考にしてください。その紐の中心点に揚げる紐をつけたら完成。。

Photo_5

Photo_6

折り紙凧 家型
これは2歳のイノウでもつくれました。3回折っただけ。。ポイントは中心のところに上から3分の1のところに紐を1本つけることです。 あとは帯をつけるだけ。。
上の凧に比べて引っぱりはないですが帯が揺れてちゃんと飛んでます。

Photo_7

家型の応用で対象になる図柄ならトラさんもチューリップもできます。紙を半分に折ってから型取りして二枚いっぺんに紙をきりました。紐のつけるところは家型と同じ

Photo_8
ちゃんととぶよ。トラさんとおなじ型で熊さんやパンダさんやかえるさんもつくれるね。


ビニール凧
うちの子の場合、絵だけ描かせて親が完成させる形にはなりましたが小学生ならできるのでは?親と一緒の工作なら幼稚園でもできそう。。爪楊枝2本(2センチ)と竹ひご90センチ(45センチ2本)とビニール袋(45ℓで2個とれました)があればできちゃう。。飛ばすのは紙の凧より簡単です。


Photo_9
イノウとママ共作

Photo_10
タカラ作 〜電車の線路の中の家にはママとパパがいるよ〜

寒いですが子供を凧揚げすると自然とはしりまわりぽっかぽかに。。。
Photo


おまけ やじろべい お母さんと一緒に触発されて作りました
Photo

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。
今年はイノウの幼稚園入園がまちかまえています。。そしてそれと同時にいよいよ仕事復帰。。。とはいえフリーランスなので自宅にいますが、、営業にいけるように作品を作りためる年にしたいです。。。なにより後2年後には個展できる自分になれるようエンジンかけていきたいです。

Photo 今年も自作の松飾り。。200円でできました。


Nennga2010 今年は図案は出来上がっていたのですが渋紙(型染めの方につかう紙)をきって終了。。切り絵になりました。

2010osechi 今年は子供たちも遊びに夢中でキッチンに邪魔しに入ってこなかったので2日かけておせちつくりました。
煮物も一つ一つ丁寧に煮含めました。やっぱり手を抜いてまとめて煮た年もありましたが個別に煮ただけの味になりました。
昆布巻きは子供が食べるよう豚肉(豚バラ)を巻いて圧力鍋で柔らかくしました。 
きんとんはサツマイモとリンゴのペーストに栗を入れてフルーティーに甘みを控えてみました。

来年は伊達巻きと黒豆も自分でつくりたいなぁ。。。。自分で作った方が味も好みにできるのも有るけど安上がりなのよね。。。
一方でおせちも作れないくらい仕事に追われたい気持ちいっぱいです。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »