« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

実施設計 理想と現実

ずっと家の事かけずにいました。図面は当初からあまり変わる事なく基本設計終了 実施設計にはいったところです。が。。。が。。。

初めて図面を見た時から夫婦で不安に思っていた事が的中。。
複雑な形、構造なためそちらにたくさんコストがかかるのでは?
だんだん打ち合わせのたびに建築家さんのトーンが。。。。
「食洗機はミーレでなく国産もあるし〜」「コルク床はやっぱりたかいね〜」「水洗金具は安いところよく使ってます」「照明はヤマギワはめったにいれられない ○○がおいですよ〜」
あ〜 やっぱり。。。

 天気が悪い時はヤマギワ あらゆるシステムキッチンショールーム トステム オゾン サンワカンパニー いろいろまわりました。 新建築 住宅特集 LEE    LIVES  CASA などなどたくさん 本も読んで勉強しました。 たくさんのカタログも独自でとりよせ。。
どんどんどんどん 不安に。。これではきっと大幅に予算オーバーしそう。
私たちの声のトーンも トイレは何も機能つかなくていいです。。ウォシュレットと温水便座もいりません(いまは機能ついているけど子供がもともと動作音にびびってつけた事がない)
え〜い 床暖もいりません。 

 それでも駄目でした。 1000万オーバーにさらに追い討ちをかけるように地盤調査とくい打ちで500万近くプラスになる。もうお手上げ。。ただしまだ1社にか見積もりはとってないし大まかな数字ではあるんだけど。。。
さらに内装の半分以上ラワン合板仕上げになっているではないですか。。。床もです。 

建築家さんからはとうとう一部屋減らす案がでてきました。 これなら収まるらしい。。
はじめのコンセプトは樹のような家 風が通る家 自転車部屋とママのアトリエがある
へらされるのは納戸、その荷物は自転車部屋に。。コンセプトから外れるので自転車部屋は死守(パパ)

そんなおり しばらく調子良かったのに私の皮膚の具合がよくない
皮膚科に家の事もそうだんすると 「金属アレルギーだからステンレスキッチンは極力さけたほうがいい。」 たくさんのアレルギーに対応した家をたてないと!とあらためて気づかされました

自然派接着剤がいかといえばそんな事なくわたしはラテックスアレルギー 
そしてシックハウスに弱いの、そもそも引っ越したい理由もそこにある
新築ワンルームのアパートにすんでいたときなじめての夏 ロフトで寝ていたら目がつぶれるようにいたいし 気持ち悪い 頭痛がでる などひがいにあったこともある よけい怖いのだ
いくらホルムアルデヒドが少ない合板はっても多くの面積をはったら意味がない?

建築家さんの作品の代表作になるよう頑張りたいなんて建築雑誌見ながら夢描いていたけど甘かった。。建築家さんに頼む物件は ローコストや訳ありな場所環境のためのパターン と お金に余裕がありデザイン的にこった一品を作りたいパターン とある、建築雑誌をみていると後者に夢見がちになるが忘れてはいけない。我が家は前者なのだ。

解決策
とりあえず そもそも防火建築 重量鉄骨 ALC使用 それだけで予算はとんでいくのだ。
仕方がなく予算は譲れない仕様は叶える。あきらめていい物はどんどんけずっていくをした上で増額も視野に入れた。
部屋は減らさない 自転車部屋は作る
ママのアトリエ〜キッチンは 安全な床材を使う(コルクとか無垢)

国産間伐材合板など合板の可能性も探る
スリットをあきらめる
ガラスブロックをあきらめる
床暖あきらめる
のこされた白い壁面はなるべく調湿効果のあるものにする(モイス 漆喰 珪藻土)特に寝室には気をつける(喘息発作をおこして眠れないなんてもういやだ)
作り付け家具をあきらめる(子供部屋の仕切りをかねたクローゼット)(靴箱)既製の物を使う
キッチンなどで施主支給で安くならないのか再度検討

さて合板にかこまれた部屋はどんな感じだろうイメージがつかめない。建築家さんの作った家でそういう家をみせてもらえるようおねがいした
また木場にいって合板の博物館と無垢の木のショールームにいって素材確認にいくことにした。

もうあきらめついでに 3月入居もあきらめてもいいと腹をくくった。 入学に間に合わなければタカラ転校になっちゃうかもだけど目の前の公園一日中いるくらいだいすきだし(ディズニーランドより好きらしい)
近くの小学校のおにいちゃんが大好きでそこにいきたがっているし。。。

一生住む家。。 納得するまで頑張りたい。。

ウルトラマン弁当

建築家さんのところに行ったり実家に帰ったり、建材みにいいったり 子供たちは移動ばっかりにブーイング。申し訳なく車の中で退屈しのぎにウルトラ8兄弟をせてました。今日も雨子供のストレスはどう発散させたらよいものか。。。。

なのでお詫びついでにウルトラマン弁当にしてみました。

Photo

タカラくんにはピグモンもいれてみました

男爵コロッケ 
 下には千切りキャベツに少量バターをのせてチンした物にソースをかけその上においています ソースをかける手間を省いてやれるしこれなら横のおかずに味もうつりません。生のキャベツよりうんとたべますよ。
ベーコン巻きブロッコリー 塩ゆで人参 ゆで卵 薄焼き卵 チェダーチーズ 海苔
梅と枝豆のごはん 豆御飯が子供のリクエスト傷みやすい時期なので梅と胡麻をまぜてみました。
イチゴ

Photo_2

こちらはイノウ君のお弁当。

自家製ひものと自家製なめたけ

自家製でおいしく簡単に市販品よりリーズナブルにできる物いっぱいあります
これは定番で常備総菜となりそうなのがナメタケ!特売の時に大袋でたくさんこんどはつくろうと思えるくらい何回もおかわりしました
自家製干物はキャンプの食器乾かしでかわかしてみました。 いろんな風味をつけれるのも自家製ならでは バジル塩もナンプラーもいけるらしい
Photo_4
Photo_5

ちなみにこの日の献立は 
雑穀まぜごはん あじのひもの だいこんのみそ汁
なめたけ ほうれん草のしらあえ

白和えと肉味噌レタス巻きは確実に子供が野菜をモリモリたべるアイテム
となっており 最近野菜たべてくれないな〜 と思うとつくります。

ボブとはたらくブーブーズ弁当

今日は幼稚園の親子行事 運動遊び クイズ遊び トンカチ遊びをしました。
トンカチ遊びするということから子供たちが大好きな「ボブとはたらくブーブーズ弁当」にすることに 今日は3人分です
イノウ弁当
Photo
タカラ弁当
Photo_2
ママ弁当
Photo_3
こどもたちはトンカチとボブをいれて ママはスクープをいれました。
当たり前のようにスクープ弁当はタカラにとられました

豚こまだんごのケチャップ煮 じゃがバター レタス 
アスパラとエリンギとソーセージのバター醤油いため
薄焼き卵 海苔 チーズ 昆布の佃煮 塩ゆで人参
鮭まぜごはん キウイ リンゴゼリー












キャンプ弁当 

先日のキャンプをイメージして
きんぴらごぼうのキャンプファイヤーといなりシェラフです(小さい目を眠らせるのが難しく断念)
Photo


鶏の南蛮 タルタルソース添え 
たらこブロッコリー
ごまいなり チーズとのりでお顔
きんぴらごぼう 塩ゆで人参とパプリカをそえて
キウイ

mammoth powpow music &camp festival 2010

mammoth powpow のキャンプに今年も参加してきました。
2年連ちゃん雨。3年目にしてやっとこさ晴れのキャンプです。
いくら晴れと天気予報で言われてもカッパやら長靴満載で半袖を忘れたくらい
雨の心配をしてました。よかったよかった。暑すぎたくらい。
毎回雨の中テントの準備でアップアップ そのうちにワークショップの申し込みに
おくれちゃった2年だったので 今年は早めにつきました。

早すぎたので イノウとママは西湖のコウモリ穴に行ってきました。
そしてタカラ君とパパはコウモリ穴から野鳥の森公園まで初めての林道ツーリング。
イノウくんがんばってコウモリ穴の探検できました。
タカラ君の初林道ツーリングにはぴったりのコースでした。山の尾根に落ちる心配もなく
ふかふかの太めの林道 やぶこぎなし。。。
軽いのぼり程度であとはたくさん「ジェットコースターみたい!!」
といいながら 難しいラインも自転車のったまま下ってたそうです。
「また林道はしりたい!」といってもらえてよかった〜。

Photo

そしてマンモスへ。。 まずは本命の檀拓磨さんのマウンテンバイク体験の予約をして
子供たちの大好きなレゴへゴー!

今年は子供たちがやっているワークショップとコンサート会場が同じ場所だったので
聞きたかったけど子供の遊びにつきあって聞けなくなるなんてことがなくよかったです。
パパの好きな高野寛さんと子供たちの大好きな「英語であそぼ」のエリックさんまで聞けて
大満足!!やはり子供の盛り上げ方がうまい!
エリックさんみたいな方が入るとパパママが聞きたい他の方の曲も子供たちに一緒に聞いてもらえるのでよかった。
キャンプファイヤーが始まるまでタカラはエリックさんの隣に行ってはいろいろはなせてさらに
大喜びでした。
 
今年は雨が降らなかったのでたくさんワークショップもまわれました。ピザも焼いたり
あしうら体操もしたり
Photo_2
ひっしに目をつぶってフラフラをこらえているイノウかわいかったです。

年々ワークショップもアウトドアならでわの企画がでてきてよくなってきました。
例えばネイチャーウォークや竹パンなど、、参加したかったけど他のワークショップに参加していてできなかった。次回は参加したいな〜

去年と同じ内容のワークショップの店は行かなかったけどまた来年違う企画を出してもらいたいな。楽しみにしています。

ノースフェイスのモーニングヨガ と たき火 森の中の紙芝居 はまた来年もやってほしいな
自然の中でしか経験できないことだから。 
たき火のあかりでの紙芝居とキャンドルに願いをこめては神秘的でした。 
空気のすばらしい中 とりのさえずりを聞きながらヨガなんてできる機会はなかなかありません。深呼吸もきもちいい。
森の中太鼓をききながらみんなで紙芝居をみて世界を作り上げていく。トランス状態になってるのかも。

MTB教室 レゴにずっといたくて気がなかなかのらなかったタカラくんですが、最後は楽しかったといってくれました。一番のりのりだったのは補助付きのイノウくん がたがた道も シーソーも挑戦したのでした。 
パパ ママも いっぱい山サイやツーリングで経験があるとおもっていましたが、きちんと教わった事はなかったので基本にかえれ、なるほど〜なこともありました。
サイスポのようにマフラーにボーダーでおしゃれさん そしてやさしくわかりやすい指導の檀先生、
何年後か?我が子を少年キャンプおくりだしたくなりました。。

Photo_3

今年は夜も快晴満点の星とはいきませんでしたが 天体観測で土星と火星がタカラもみれました。

いっぱいいっぱい 楽しみました。 
また来年も是非参加したいです。

種から育ててみる

園芸ショップで苗や種もかえるけど あえて食べたのこりの種、ひろった思い出の木の実そしてそれがそだってまた種ができて。。。の一連の植物と自分たちとの関わりを感じたくて種をうえています

去年のスイカとカボチャは芽が出たもののマビキをして植え替えてからうまく育ちませんでした。
今年もでたらラッキーとばかし挑戦することにしました。

早速 食べた後のかぼちゃの種をまきました

去年 幼稚園に咲いていたヒマワリがタカラが興味津々だったので園長先生に分けてもらい植えました。早速1週間でめがでました

Photo_4

去年秋にひろったくぬぎどんぐりの実からも芽が出ました(残念ながらこならどんぐりは失敗)
クヌギドングリうまく育てられたら一年後新居に植えかえて木にそだったら楽しいだろうなぁ


Photo_5

あとは幼稚園の入学祝いにいただいた百日草の種も子供たちと一緒にうめました。

クリスマスプレゼントに 子供の名前のは言った絵本をグランマからもらいました
「サンタさんとコットンボールのまほう」その絵本に付いていたコットン(綿)の種もまきました。


種ってなんだかドキドキします そして神秘的です。

自然の色をもらって

たんぽぽのお花からいろをもらいました。
紙に直接こすりつけるだけでも絵が描けます(ちなみに露草も)
今回は羊毛に色を移しました。
 
私の大学の専攻は工芸科染め専攻。。染色は楽しい、
それなのに子供たちとちっとも染色遊びをしてこなかった。子供たちにも伝えたい
年間を通じていろんな近くにある植物や草、木の実から色をもらって羊毛に
移していこうという計画。。
年末にはそれらをつかって何かを完成させたいとわくわくしている

Photo


Photo_2

Photo_3

そしてきょう ネットをとおしていただく事になった 武庫川女子大学 生活環境学科 の方々が
大事に育てた 藍の種をいただき植えました。
藍の葉をそだてての生葉染めができたらどんなに素敵でしょうか。。そして羊毛にも色をうつしてみたい。。今年は無理でも増やす事ができたら藍玉をつくってみたいと欲張りに夢描いている私なのでした。

そうそう私の実家は今は薬品会社ですがその昔 藍玉を作る仕事をしていたそうです。
なぜか藍瓶が倉にたくさんあり 聞いてみてわかりました。
染色をしているわたしにとって不思議な因果を感じます

レゴ弁当

こどもの日に3年連続いってるマンモスのキャンプ。
いろんなブースでワークショップがでていろんな体験ができます。
せっかくアウトドアしているのですが、我が子たちの大本命はレゴ。レゴ。レゴ。
レゴの宝物探しに、組み立て遊び。。。すごく楽しかったらしくレゴかって〜 レゴしたい〜
と かえりの車中の中も叫んでいたタカラくんでした。
親のまいた種なのですが 我が家はレゴグッズをはじめおもちゃの半分以上レゴがしめている。
おっぱいをやめたらレゴ、頑張って○○できたらレゴ、誕生日レゴ、クリスマスレゴ。。
レゴの威力はすごいのだ。。。

Photo

豚肉のアスパラ巻き しめじ巻き 甘辛ソース トマト
ブロッコリー塩ゆで 人参グラッセ ふかしサツマイモ 鮭おにぎり
いちご 

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »