« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

少年キャンプ

CLUB3719ダンタクマさんが企画している少年キャンプ3泊4日に長男が参加してきました

ダンタクマさん 私たちと同年代で 海外で活躍されていた方です そのダンタクマさんに少人数でマウンテンバイクのレッスンを我が子にしてもらえるだけでもおいしい企画です 
私たち夫婦も結婚前は仲間たちといろんなところでマウンテンバイクでをのぼてシングルトラックを楽しんでいたりしました 
旦那はサロモンクロスアドベンチャーに出たり ダウンヒル とれとれ とかなりはまって遊んでいました
 
我が子にも好きになってくれて一緒に楽しんでいけたらいいなとおもい 今までもいろんなキッズレースに参加させたり 林道体験させたりしてきました それなりに子供もたのしんでくれたとおもいます でも親だと 子供もあまえがでちゃうし 弱音はきすぎて肝心の楽しいところですすめなかったり 家族だけだと限界もあります 
やっぱり仲間と励まし合いながら坂道を上ってくだって 助け合って 自然と隣り合わせになって。。。。 そんな仲間をこどもたちにも作ってあげたら遊びがぐっと広がってくれるのでは。。。とおもっていたのですごく魅力的でした このキャンプ 

マウンテンバイクだけでなく川遊び いろんな経験をさせてもらえたようです 
毎年はじめから参加しているマンモスキャンプの主催者ルーカスさんの英語教室も楽しかったみたい
少年キャンプのブログにうつっている我が子の笑顔に安心しました 御飯もおいしそう。。。 
内容はこちらのブログ(我が子はパート3)でみてください

やっぱりはちゃめちゃな着方していたり 忘れ物が何個もあったり 上はダンタクさんからのプレゼントをきていたからいいけど下はきたきりすずめ 肌を露出しないのはあの半ズボンとあの靴下だからということにこだわって 2本の七部のパンツは未使用 まぁ いろいろあったようだけど無事帰ってきた事で安心しました

実は 帰りはあすさにのって 高学年のおねえさんと一緒に帰ってきたんだけど ホームでおりてくる8号車のまえで待ち合わせの約束だったのに かってにタカラが勘違いしていなくなってしまい迷子になるというハプニングが最後にありました
家を出る前に イノウのトイレとママの腹痛でドタバタして新宿に着いたのがあずさと同時だったので一瞬のすれ違いでいなくなってしまったのです

タークンは最寄りの駅の名前をあげて「ぼく○○にかえるんだよ」とお姉さんに話していたらしく ひとりで電車に乗ってしまうかもしれない可能性もありました 東口 西口改札とイノをひっぱり走り回り 大声で名前を叫び続けてもみつかりません 二つのホームの端から端を探し走って 駅員さんにもお願いして探してもらいました 探す事20分 私の携帯が鳴り タークンといっしょにいるので迎えにきてくださいという連絡がありました 新宿について25分後やっと タークンと会えました
もう私が涙ボロボロ流しながらタークンを抱きしめちゃいました

家族旅行の1人で電車に乗る練習では小諸駅改札を出たがちゃがちゃの前で待ち合わせだったので そのイメージが残っていたようで ホームをおりて迷いながら東口の改札を出て ルミネから外に出たら雨が降っているし 人はいっぱいだし ママもいないしで 泣きながら地下にもどってきたところで 優しい男女に声をかけてもらったようです 切符を入れておく封筒に 子供の名前 年齢 住所 私の名前 携帯番号をかいてあり 何か困った事があったら 誰かにわたして助けをもとめるようにいっていたのですが その封筒を男性に渡して電話をかけてもらったようです

もう私にとっては長い25分間でした

でも無事やり遂げたんです すごくほめてやりたい 
また来年も 冬も? 行きたいくらい楽しかったようです 
イノもダンタクキャンプ参加する〜と大泣きながら帰ってきたので参加させてあげたいな
「ぼくおまんじゅう食べれるようにがんばる(タカラはマショマロでも本当はマシュマロのこと)」と今からやるき満々 

ただ兄弟はべつの日程にしないと。。。。 
兄弟二人だと楽しすぎて調子に乗って騒ぎすぎてこわいから。。。。

ダンタクさんこれからもお世話になりそうです よろしくおねがいします

山の中の1週間 パート2

6日目 遊び過ぎて子供がぐずる事が増えてきたので小休憩でママの大好きな長門牧場で過ごす事に
ここのピザがおいしくって。。。もちろん牛乳も
今回はピザだけでなく コロッケ カレー サラダ ポークソテーのラタトゥユ添え も食べてみたんだけどどれもおいしかったです。
ここにはいろんなトラクターがおいてあってのれるし 牧草の巻いた塊をつみあげた山にも登れる
しかも見晴らしがすばらしいのです さすが夏休みそれ以外にもいろんなイベントがありました
ひき馬にのって 牛さんみて 草原のクラフト展もやっていて 
クラフト展でこどもたちが本格木で作るゴムでっぽう作りに挑戦 ずっと遊んでました
遊び足りないようなのですが雷雲が。。。山を下りて遊ぶ事に
立科の温泉と運動公園が隣り合わせのところにいって公園あそび
長い滑り台に ターザンロープあそび 小さな水路には生まれたてのカエルがいっぱいいて
地元の子と仲良くなってめいいっぱいここでも遊びまくったこどもたち 小休憩の日のはずが遊び倒していました
遊んだ後は権現の湯へ
権現の湯 
地ビールで親は乾杯
Yama_nagatobokujyou

Photo_2
7日目 前日の長門牧場でかったおいしいソーセージ クリームチーズ(必ず買いましょう)をパンに塗って おいしい牛乳 地元やさいを買ってつくったラタトュユ サラダと豪勢な朝食をとったら また遊びへ
白樺湖の御泉水自然園でトレッキング

パパはマウンテンバイクで蓼科7合目登山入り口まであがり ママと子供たちはゴンドラで途中まで登ったら泉水自然園をトレッキング 湿原がひんやりとしていてきもちい 本当に自然のエアコン 呼吸も楽です そういえば 旅行前眠れないくらいの咳が1週間も続いていたのに 山のお家にきてからほとんど咳をしていません
いいな〜 山の中は
きれいな花々も愛でながら パパと合流 自炊ランチを楽しみ パパはシングルトラックも楽しみながらくだりました 来年は蓼科山 山頂までのぼりたいな
長門牧場でふたたび遊んでいたら。。。
前日同様暗雲が立ちこめ 雷が。。。早めの温泉につかって最後の夜をすごしました
毎日温泉 すっかり男チームで入る癖がついてくれたおかげで 私は1人ゆったりつかれて 幸せこの上ない いろいろまわりにはたくさんの温泉がいっぱいあるけど 望月温泉 みどりの村 がトロミのあるお湯で気持ちがいいです
布施温泉もおすすめ

Yama_hachitoazami

Yama_gosennsui

8日目 茅野へタークンを少年キャンプにおくって帰宅 
少年キャンプの団琢磨さんの3719ガレージはとっても素敵なところ 親もうっとりでしたが イノウがなかなかかえりたがらず30分も車の中で大泣き 小学生になったら是非いってね

少年キャンプ ブログの様子を見るとタカラは満喫しているようです 山遊びにマウンテンバイクにアウトドア遊び やっぱいいね

たのしい 山生活はおしまい あしたはタカラが1人で特急あずさにのって帰ってきます。。 ドキドキ

山の中の1週間 パート1

今年は旦那の会社命令もあり1週間のバカンスができました
1週間どこかホテルに泊まると偉い金額になるので今回は佐久にある旦那家の山のおうちで自炊しながらあちこち山遊びしてきました

1日目とはいうものの私の咳やら子供が順番に熱を旅行前日にしていたのでゆったり地元で様子を見てからスタート ちょど映画の日だったので カーズ2 の初回をみてランチしてから出発 出てきたキャラのミニカーとカーズのレジャーシートを車の中で広げながら山のうちまで行きました スズメバチが巣の作り始めで夜中にスプレーで撃退 ドキドキでした 
別荘地帯の中にあるのでとっても便利な温泉につかって終了

2日目 朝から山の家の回りを虫探しきのみ探ししながら散策 もぐら ちょう カナブン カミキリムシ 広いところで自転車レース 

Yama_kanabunn

Yama_ichigo

Yama_cyoou

調子に乗っていたらやっぱり子供がふたりとも微熱を出してしまい 山のお家の中で過ごす事に

3日目 白樺湖ファミリーランドへ はじめ雨が降っていたのでフリーパスにしなかったのですが 途中で晴れてフリーパスの値段以上に遊んでしまいました
影絵美術館でターくんは影絵体験制作 アドベンチャーカヌーやゴーカートは距離もありかなりたのしめました。 以外と入り口にある北欧アスレチックにこどもたちははまってました やっぱり我が家は公園が一番好きなのね〜 望月高原ヨーグルトを買ってソフトクリームを食べて帰ってきました この辺では一番ヨーグルトもソフトもおいしいと思います 是非いってみて! 

JA佐久浅間 しらかばアイス・ヨーグルト工場
〒384-2204 長野県佐久市協和3335-1

4日目 美ヶ原高原へ駐車場から自転車をもって高原へ入っていきました 本当は家族4台の自転車をつんでいたのですがサポートのためイノ自転車1台 美しの塔 牧場 王ヶ頭 へとトレッキング
はじめのうちはイノも登っていたのですが 牛さんあたりからターくんがじゃり坂をぶつぶついいながらもがんばってこいであがってくれました イノは車でも肩車が多かったかな?山のうえでランチしたのですがカップラーメンとおにぎり 自分ではこんだ貴重な水で食べるカップ麺はこどもたちには格別おいしかったみたい こういうときに いろはす はのんだあと小さくたためるから便利です
スノピとジッポのバーナーもおすすめ チョ〜コンパクト
下りはもちろんダウンヒル? イノもブレーキがだんだん上手になってきました 快調に下っていたイノですが一度こけたら 肩車にお乗り換え かえりは頑張って登った分を快調にくだっていったターくんでした 
駐車場の小屋で買ったチーズケーキおいしかったですよ マウンテンバイクで美ヶ原是非みなさんも挑戦してみてね
Yama_utukushihana

Yama_utukushi_nobori

Yama_utukushi_kappumenn
Yama_utukushi_yuri

Yama_utukushihana

Photo

5日目 野辺山高原へ ターくんのすきなぽっぽ牛乳工場へもいきました
この日は最大なる挑戦が。。。 旅行後つづけてターくんだけ参加する少年キャンプではかえりは電車に乗ってひとりで帰る事になっています その練習の場でもありました
うまく小諸から乗れなかった小海線。。10分まえに電車は出たばかり 車で電車をおいかけやっとこさ松原湖駅でのれることに
行きはママもイノウも動行 電車の乗り方 トイレ マナーのチェック 通った駅名をかく事にも挑戦したのですが 物はそこら中におっこどしても気がつかない 忘れ物 最後はきっぷをどこに入れたかわすれてしまい慌てるターくん 。。。。。 偉い心配をのこして野辺山で下車
野辺山高原駅JR で最高標高地点の駅です。
パパはイノのサポートでジョギングでついていくことになり3人は自転車てサイクリング 
ぽっぽ牛乳工場を見学してアイスをたべて一息ついたら SL村まで登り イノくんけっこう早いペースでのぼります 旦那はへろへろ 横の溝に落ちないかどきどき
SLにのってカートに乗って楽しんだみたい もっとちゃんとしたSLにのせてやりたいな〜
折り返し地点の野辺山高原線路最高地点までいきました そこにあるレストランのおそばとってもおいしかったです 帰りも快調にとばすこどもたち パパへヘロヘロでも 「さすがイノウの名前だけある」と上機嫌 駅にもどったらとうとう タークンの挑戦です 
野辺山から小諸まで切符を買って1人で電車に乗って帰ってくる。。。。 
イノは大泣き ママとパパはハラハラ タークンは緊張でカチコチ 
車でがんばって追いかけたのですがタークンは小諸駅に一あしさきについていました
成長したな〜 ずっと近くにすわったいろんな人とおしゃべりして帰ってきたようです

Yama_nobeyamakoumisenn

Yama_nobeyamadennsyanaka
 
後半はパート2で。。。

かぶとむし対決

さて まるまると太った幼虫37匹でしたが 成虫にはなんと36匹になりました
2瓶つくったようしつ監察セットは1瓶はうまいことみれるような位置に部屋をつくってくれました
だたようしつ作ってからがあっという間でくらくするカバーをつけていたのでだんだんと変化していく様子は見そびれたのが残念 気がついたころにはほぼ成虫 ようしつしかみせれなかった

オスが17匹 メスが19匹 どんどん産まれるカブトムシくんたち 夜はバタバタうるさくて眠れないくらい 脱走するカブトムシくんもいたり おおさわぎ。。。 うれしいひめいはエサ代も馬鹿にならないくらい 今年は角も大きさも立派 こまめに昆虫マットをかえた成果(コストもすごいが)だね
いろんな方に里親になってもらいました 
ことしでカブトムシの飼育も最後に、、、とおもい 最後にはオス4匹 メス6匹までくばってへらし 佐久にある山のお家に1週間のバカンスに行った際 にがしてこようとにカブトムシくんも動行

ところが トラップをかけなくても 夜になるとまっくらな山の中のうちの玄関灯めざしてばんばんいろんな虫がぶつかってきます 
朝 みると カミキリムシ カナブンに まじって カブトムシが毎日のようにいるのです
しかも天然ものはおおきい!
そんなりっぱなのを子供たちはにがすわけもなく 結局あらたに7匹ほかく

育てられるものだけそだてようと 子供たちとはなしあい 最終日前日 カブトムシ対決をしてつよかったやつ オス4 メス4匹を つれてかえる事になりました

2本のわかれた角と うえの角の間に あいてのつのをひっかけてひっくりかえしたり すごかったです

天然物はやはり強かった 
自然のエネルギーはすごいな 本当は山の中の方がカブトムシくんもしあわせなんだとおもうけど こどもの大泣きにまけて グレードアップした8匹をつれてかえってきました

空気がおいしいせいか 監察のためつれていった朝顔もたくさん花をつけてました

Photo


« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »