« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

エスニック料理大好き!

タイカレー や バッタイ フォー バジルチキンライスもよくつくります
無国籍 アジアン料理大好き パクチー万歳な私です

きょうはシンガポールライスと生春巻き アサリともやしのフォー
作りました

正直子供にはあまりうけは良くない もちろん子供味バージョンで2種類の味で仕上げます

あ〜おいしい アジアン料理食べにいきたいな。。。
トムヤンクンが食べたい。。。

Photo_12
どこかおすすめのお店ありませんか? 

ダンボールクリスマスツリー

きょうは幼稚園がお休み
そこで幼稚園のお友達をよんでクリスマスパーティーをしました

段ボールクリスマスを作る工作を考えてみました
段ボールをこんな風に切ります
Photo_5

ペンで塗ってから組み立てます
Photo_6
ビーズやシール ボタン を用意しました

Photo_7

ビーズにモールを通すのは子供でも糸より簡単にできます
通したら 段ボールの断面に差し込みます

完成はこんなかんじになりました
Photo_8
次男作
繊細な作品の子 ビーズいっぱいの女の子 シールいっぱいの次男 
言葉いっぱいのお友達 

個性的なクリスマスツリーができました

長男作

Photo_2

いっぱいモールをつないでぐるぐる巻きに!個性が出るな。。。


会場もちょっとおめかし
Photo_9

これは長男が作ってきた朝顔のリースにリボンをまいただけ
Photo_10

痛恨の計算ミスはサンタさんが部屋の隅でゆらゆら浮かんでいる予定だったのに
ヘリウム買い忘れた事
サンタさんはどこだ?探しになてしまいました
Photo_11

アドベントカレンダー2011

毎年思考をこらし 子供たちがびっくりするのを想像して作るのがたのしい
アドベントカレンダー
今年は
Photo_2
25個かける2 のお家をぶら下げてみました
Photo_3
ちいさな封筒に窓をきりばりしてつけて。。
木のちいさなピンチではさんだら家みたいでしょ?
毎日学校からかえってきたら1ッこづつあけていくのです
中にはクリスマスをイメージしたお菓子が2〜3個入っています
5日ごとにちいさなプレゼントをさらに入れる予定
(まだ完成していないのです)

夜になると 白いカーテンを引きます
子供部屋からみると影絵になっていて 雪空に家がたくさん並んでいるように見えます
残念ながら暗すぎて写真は撮れないのですが 反対側からみたシルエットは
Photo_4

こんなかんじ

クリスマス近くになったら  おもしろい仕掛けをしようかな。。。
ふふふ

コンビーフピラフ

皆さんコンビーフって使われていますか?

牛肉が安く手に入るようになった今 なかなか買わなくなりました

生活クラブでおいしそうなコンビーフが手に入ったので
懐かしき母の味 コンビーフピラフを作ってみました

Photo

バターでタマネギ 人参 コンビーフを炒めて 
御飯投入 よく炒めたら 刻んだ茹でほうれん草をいれて
醤油を鍋はだからたらして出来上がり
醤油と バターと コンビーフがあいます

コンビーフはジャーマンポテトのベーコン代わりにしてもおいしいよね

コンビーフ おいしいレシピしりませんか?

カーテンつきました

カーテンやっとつける予定のところはつきました

カーテン以外は白のブラインドにしました
スタディーコーナーからキッチンにかけての浮いている四角い箱の部分の両端はブラインドにしたので抜け間があっていい感じになりました

ブラインドかっこいいのだけど 激しい男の子二人の我が家には危険です
既にもう 2カ所折り跡の傷かついてしまいました
ロールカーテンも激しく遊んでいるとうまく巻き取れなくなるそうなので残りは全部カーテンにしました

寝室は遮光カーテンにしました
がらりとイメージをかえメリハリがつくようあえて茶色にしました
Photo
リビングも映画鑑賞ができるよう遮光カーテン
なじむアイボリーを選択
Photo_2
Photo_3
Photo_4
小窓は残布をカーテン屋さんにもらって制作

同じアイボリーの遮光カーテンで子供部屋もなる時は仕切られるようにしました

子供部屋とリビングは 白い壁にみどりのカーテンがうつるのが素敵かな
と考え選んでみました 大胆にたくさん使ってみました
この布はスミノエさんでみつけました
Photo_5

Photo_6
ロフトの小窓 (落下防止のところも)は自分で残布でつくってみました

Photo_7

ダイナミックな空間をうまくいかす カーテンえらび ブラインドを心がけました
うまくいったかな?

ちなみにうるさく感じる房掛けはなしにして自分で残り布でくるみボタンを作り
カーテンの端っこ裏にくるみボタンを縫い付けました
Photo_8
ここにタッセルをかけて
Photo_9

こんな感じにとめられます
残り布でいろいろつくれました
他にダイニング窓にアイボリーの遮光カーテンもつくりました
ここは夏にはサンプルのミラーカーテンに付け替える予定です
タッセルもつくれました
まだまだ作れるぞ〜 
布をみるとワクワクします

さてカーテン ブラインドは建築家さんから紹介された
リヴィナ ダイニンさん

確かにネットで頼むとかなり安くできたりもします
それよりは高くなりますが 
建築家さんがみたててくれた オリジナルな縫い仕上がりも独自の縫い屋さんでつくってくれるし 残布までもらえて 
仕上がりもぴったりにそろえられるよう 採寸 設置もしてもらえて
ほんと 頼んでよかったとおもえるカーテン屋さんでした

テレビのジョン弁当

ピタゴラシリーズになってしまいました
「ピタ ゴラ 百科おじさん ぼてじん 作ったのに
なんでテレビのじょんはないの?」と子供に言われたのでテレビのジョンにしました

「てれびのじょ〜ん!」



「お呼びですか〜」

Photo_2
鶏とマッシュルームとモロッコインゲンのペンネグラタン
ゆでブロッコリー ゆで卵(白身) ハム チーズ 人参 のり

荷物はクレーンで

子供部屋に行くのに遠回りすればきちんとした階段はあります
梯子で行く方向もあります
また 子供部屋からロフトへは梯子です

子供たちのおもちゃと洋服はロフトにあります 
いろんな物を おろしてくるけど 「玩具かたずけなさ〜い!」
といっても 玩具を上に運ぶのは大変そうだし 物をもって梯子は危険?

こんな物作ってみました
Photo

キャンプ用の布バケツ(ジャンボシンク)にカラビナをつけたひもをかけました
この布バケツコンパクトにもなり自立もします
もちろんキャンプでもつかえます

おもちゃなどをバケツにいれたら
「はぁ〜い ひぱってくださ〜いい!」
手すりにかけとけば滑車のようにするするとあがります

玄関に宿り木を

クリスマスリースを毎年手作りしているのですが
今年は作らず ずっと欲しいと思っていた 宿り木のスワッグを購入しました

Photo

学生時代 大学の講師の先生が講師からニューヨークスタイルの花屋さんになりました
そのオープニングパーティーを少しだけ手伝ったんだけど 素敵なお店でアンティークの雑貨もいろいろあって アンティークのものや ラフな花瓶にナチュラルに差し込んでいくアレンジメントなんです
花は冷蔵庫に入れず 先生が厚着していて 無理矢理花は冷やさないんだって
オープニングパーティも素敵で そのスタイルにあこがれたものです
ちょと告白すると先生にも憧れていたわたしは手作りのケーキをもってクリスマスに訪ねたのです 店の玄関にはヤドリギ(西洋やどりぎ)がかけてありました
「西洋では クリスマスの晩に 宿り木の下にいるふたりはキスをしなければならない  宿り木のしたでキスをしたふたりは結ばれるんだよ」と教えてもらいました

どきどきしたけど 何もなく。。。。 あえなく失恋 そのおかげで
今の旦那と結ばれた訳です
切ない思い出の宿り木

そもそもは、ヤドリギの生えている樹の下で出会ったのなら、例え、敵どうしであっても、争いを止め、互いにキスをして仲直りしなければならないという言い伝えであったと云われています。              

また生命力の象徴として縁起がいいとされていて 宿り木の下をとおると健康でいられるとも言われています

残念ながら西洋やどりぎ はなかなか日本では手に入りません
赤いみの宿り木が最近ではじめたかな?

残念ながら 我が家のはアートフラワーなんです
いつか本物の宿り木てにいれたいな

みささん アートなヤドリギですがあそびにきてくださいね

クリスマスの星

すこしづつクリスマス仕様になっていく我が家
一年前に新居に使おうとかったクリスマスの星がやっとつきました
昼はやさしいターコイズブルー

Photo
夜は
Photo_2

きれいでしょ
自分で穴をあけてこぼれる光を調節しました
熱くならないようにLEDにかえてあります

ビリヤニ

旦那さんが「インド宮廷料理のビリヤニをつくってくれ!」
といってきた  おいしいビリヤニを食べてきたらしい

早速つりましたよ
香菜とミントも入るので子供がいやがらないように
チキンのビリヤニに加えて ほうれん草のキーマカレーとナンも添えてみました

Photo

万人が うまい!という味ではないが 癖になる人はいる味
ミントの味がいい感じ
でもわたしならこの材料で パエリア作るわ

写真のナンは違うのだけど 先週は手作りナンとキーマーカレーをつくった
生地をこねて発酵させて 焼いてだから1時間半かかるけど 
これがおいしいの(自分で言うか)
子供たちがおかわりしまくり 魚焼きグリルでやくと石釜ピザのように火が入るのでモチモチふっくら たまりません
うちはトーストもピザもいろんな物を魚屋やきグリルで焼きます
トースター買う前に 魚焼きグリルで焼くべし

旦那はいつも突如こった物を作ってほしいとお願いをする
ブイヤーベース トムヤンクン ゴルゴンゾーラ ボルシチ などなど
もちろんレトルトなしで一から作るのだけど もちろんわたしもそういうのが大好きで作っているのだけど

食べてみた事がない物はつくれません
ビリヤニ食べに連れて行って〜

トレイバンガー

これは?
Photo_3 トレイハンガー トレイホルダー
といいます  北欧ではトレイをこれにはさんで収納するそうです
よく北欧ビンテージの店にみられるあれです

たまたまお気に入りの 東欧のクロスで作ったかわいいエプロンがやぶれてしまいました
お気に入りのクロスだったので トレイハンガーに仕立て直してみました
4枚のトレイをはさむので 長さを長めにしてみました
リングは100均のリング
トレイをはさむと
Photo_4

こんな感じです
デットスペースにコンパクトに収納できました

ぼてじん弁当

ピタゴラスイッチ ぼてじんです
子供のリクエスト 
わたしずっと ぽてじん だとおもっていました
ぼてぼて ぼてじんです
Photo_2

きょうは暖めないお弁当
卵サンドとポテたらこサンド
塩ゆでブロッコリー にんじん
すりおろしたまねぎマリネのからあげ 薄焼き卵 のり
一口ハッシュポテト みかん

たらこポテトサラダ よく作ります ガーリックトーストにのせてもおいしいです
いろんな作り方もあり 子供がいない時はすりおろしタマネギとニンニクのはいったたらこポテトサラダでしたが
いまの作り方は
ふかしたジャガイモをつぶして たらことマヨネーズであえてすこし牛乳でのばします 少しだけ粉チーズをいれるとマヨネーズの酸味がやわらぎます

すりおろしたまねぎマリネの唐揚げとは
すりおろしタマネギドレッシングに10分ほどつけて
片栗粉と小麦粉同量をまぜた衣をつけてあげたもの
ドレッシングの酢が肉をやわらかくしてオイルでコーティングしてくれるのでさめても柔らかにしあがります

洗濯カゴは?

洗濯カゴ 以前のは壊れてしまい新居に伴い買い替えようかいろいろ探したけど
見つからない

引っ越しの時にみつけた思い出のクーファンを洗濯カゴに使う事にしました
ちょっと運びづらいけど広い取り出し?なので楽です

クーファンとは赤ちゃんを運ぶカゴの事 我が子2人とも昼間はクーファンに寝ていてよるはベビーベットもしくは添い寝でした

白いレースとお布団がついていてかわいいクーファンでした

このクーファン母が出産祝いに送ってくれる予定のものでした
わたしが長男臨月のころ母は乳がんからいろいろ転移して末期のガン患者でした
病室でおくるみのキルトを縫いながら 何を出産祝いにそろえようかとカタログで母と選んでました
兄の子のためにおくったフーファンとおなじで白のレースにしようね そして一緒に買いにいこう
とはなしていた その晩に母は亡くなりました

母の名前で父におくってもらったクーファン 大事にしまっておいたんだけど
編み終わり部分がほつれてきたので布で補強して使う事にしました

毎日の生活の中にこのクーファンがあるのがうれしいです これからも大事にしたいな

Photo

 

ツリートップ探し

クリスマスツリーが出ています
なかなかきにいったツリートップが見つからず 毎年探してはつけずにいました
ストロースターやレロ社のオーナメントが多いのでナチュラルでちょっとかわいい感じ ギラギラはあまりあわなそう

そこで 白樺のスウェーデンの星のオーナメント(雪の結晶かな?) 中に電球が仕込めるヤツをねらっていました しかも17センチくらいの中間のサイズのもの
ところが11月では探すのが遅かったみたい 今年は残念ですがあきらめました

今年はヒンメリで星をつくって飾りました ストロースターとおなじストロー(麦藁)が材料なのであってます ストローは光に当たるとキラリとやさしい反射もするのできれいですよ

ヒンメリは幾何学模様の北欧の伝統的な飾り物 実は大きな作品を作っている途中で去年は仕事が入って断念 今年こそは完成させてから年明けしたいな
まずは 短時間でできる星を作ってみました

Photo

おまけですが
カーテンのサンプル布で 椅子のクッションを作ってみました
100均のウレタンマットと家にあったキルト芯で作ったので材料費100円
なかなかよくできた?。。。。
Photo_3
この椅子はeチェアーの佐々木さんのデザインの学習机とお揃いのデザインの物
デザインは気に入っているんだけど木の椅子ってしばらくすわっていると痛いのよね

ピタゴラスイッチ弁当

大人も子供も楽しい ピタゴラスイッチ
リクエストがあったので作ってみました

ピタとゴラは色は忠実でないけど 雰囲気は出たかな?
百科おじさんは難しかった

Photo
おかかおにぎり 昆布佃煮おにぎり
ソーセージのキャベツ巻きスープ煮
モロッコインゲンバター炒め ほうれん草塩ゆで
ゆで卵白身 
リンゴとサツマイモの甘煮
ハンバーグ 塩ゆで人参 水菜 レタス 柿

Photo_2
一番気をつけなきゃいけないのはきょうから暖飯機に入る事です
百科おじさんは 椎茸のスープ煮と昆布佃煮で顔を作りました

ハンモックつきました

ツリーハウスのような家にしたい。。。
やっぱりそれにはハンモックでしょ? 

家が建つ一年半前に買っていた ハンモック2000のブラジリアン ハンモックチェア 
やっと7日に大工さんにロープをかけてもらいました

自分で2本をさらにダブルエイトノットで結んだところにカラビナをつけてハンモックチェアを吊るしました
Photo_3

高さが高いので揺れます、、 寝てしまいそうです ぶらんこのようです
見上げると天窓から青空が見えます

残念なのは大人はブラジリアンなので足までは入らず あくまでもチェア
子供はスリングのように横になることができます
赤ちゃんの頃のスリングの子供たちをおもいだしました

いや〜 スリングはよく寝てくれる訳だわ 

予定では 3階の真ん中のテラスには普通のハンモックをかけるつもりです
サンタさんは カーテンやらまだ先立つ物があるようで来年になるかもとはなしています

はやく ねっころがるハンモックもほしいな。。。。。

がんばれジョージ君

週末 八ヶ岳にいってきました 
登山ではなく 富士見町へ 
富士見パノラマの近くに つる薔薇の先生がやているナーサリーがあるので
バラ苗購入&パノラマ自転車遊びの旅です
村田バラ園 八ヶ岳農場はちょうど農場祭がやっていて村田先生がいました
残念ながら講義を受けている方達がいてほとんど話せなかったのですが
皆さんバラに詳しい方ばかりで いろいろ横で聞き耳たてながら勉強させてもらいました

新居のスリットにバラを植えたいと思って 色々本を読んだ中で 
つる薔薇への愛情が伝わってくる村田さん著「つるばらのすべて」という本にみせられ ホームページを端からよんで それでもどれにしたらいいかわからず
村田さんに先にメールして相談してみました
内容は壁面4メーター超えをして育てたいということ しかも日陰
あげていただいたアルバータイン、トレジャートローブも魅力的だったのですが

紫系の花は日陰で美しい紫色を発色するので、ガリガローズの紫も検討の余地があるといことばにひかれて ガリガローズ キングジョージ4世にする事にしました

バラ園は一季咲きのものは咲いてないのに バラでいっぱい目移りしてしまいそう
でも予定どうりキングジョージ4世に 
ただ面積を埋めるには2株あってもいいのですがとりあえず1株購入して のび方咲き方 シュートののび方 絡み方 など様子を見て 色合いを検討した上で また違う種類を 植えるという事にしました

家に帰って早速植え替えました
村田さんの著書を読みながら。。バラ初心者でもあるのでまずはジョージ君の特性をみるためにも鉢植えにしました また植えたかったところの深さが足らない
30センチ下にコンクリートがうってあるので水はけを考えとりあえず鉢植えに
半日陰というより日陰かも。。。 ジョージ君心配です 

頑張れジョージ君
Photo

のびると 寝室から スタディーコーナーから バスルームから
そしてダイニングからもジョージ君を眺める事ができる予定です
Photo_2

バラ園の後 パノラマでMTBを楽しんだ後 山のお家へ
翌日は雨だったので 温泉のみしか遊べませんでしたが
雨にも負けず紅葉はきれいでした

Photo_4

 

偶然パノラマであった夫婦のキューピット マーボットさんにもあえ一緒に飲んで楽しい週末になりました

網の中は嫌なのよ

建築家住宅といって思い出される
手すりの少ない危ない感じの建物が多いというイメージはあながち外れてはいません

我が家は イメージがツリーハウスなので かなりやばいくちです
我が子はジャングルジム気分でテナガザルのように 
ぬうように本来とおるべきでない箇所を渡り歩いてる 
また 登山でも自転車もそうだけど 自分の重心バランスという物を養っていると
山の中でも恐れず走れるようになると思っている

だからこれでいいのだ!  といいきりたいものの

私も親 必要最低限の防御は考える
これでは子供のお友達すらよべないではないか。。。

そこで落下防止しました

でも建築家さんで作ると決めた時から 多くの家に使われる ネットの落下防止 すごく嫌です
鳥かごの鳥みたいだし。。 そもそも デザイン的に安全面も考慮されれば平気なのでは?
と考えていました 
ところが 照明のある部分や 縦のライン 横のライン 目線にうるさい物は 建築家さんデザイン上排除したと思われます

もちろん 足をぷらぷら子供部屋から出すくらいの遊び心あってもいいとはいいましたが
明らかに奈落の底行きの危険なデザイン箇所がありました

そこでたまたま買い間違えで余分にあった フックとザイル(クライミング用ロープ)をつかって試行錯誤 ロープを足らない分だけ買い足しただけで完成

リビングへの階段はたくさんかけると足が引っかかりそうな曲がり角だったので必要最低限

Photo

子供部屋への階段は手すりにそうように絡ませて 遠目には同じ手すりに見えるかも

Photo
たぶん手前の照明のために省いたのかもしれないがないがもともとデザイン上あってもおかしくないのにな〜とおもう

一階への階段 ここは奈落の底のような高さなので 細かめにザイルでジグザグ

Photo_2

これを下から見上げると

Photo_2

ちなみに結び方はテンションがかかると余計ほどけずらくなる二重ふた結びにしています
フックはコンクリートや鉄にもつくスッポンフック

Photo_3

スッポンフックは火であぶってくっつけるもの マンションでも使っていてくっつきの強さは実証済み

ロフトは一番高く 子供がよく遊ぶ所なので布でつくりました

Photo_4
カーテンのサンプル生地を縫い合わせました 洗いは外しもできます
子供たちは布が付いてから 前より見えない感じが秘密基地っぷりが増したらしく楽しそうです

ラテックスアレルギーの長靴選び

私はラテックスアレルギーなので 切りっぱなしの履き口のラテックスのレインシューズが履けません
アウトドア好きならほしい AIGELのレインブーツもバーバリアンチーフステン
もだめなのです
その結果
コロンビアの ミニホーガーレースをはいていました ショートだけでアレルギーもおこらずよかったのですが グリップが弱く 靴底がすぐにすりへってだめになってしまいました
またやっぱりキャンプにはロングたけがよく、探していました

見つけました 今年発売された THE NORTH FACE  ブーツ
THE BASE CAMP BOOTIE LADEYS
のブラックにしました

レッドにするか散々悩んだのですが キャンプ以外でも使いたいので無難なブラック でも中の赤がかわいい! 

ラテックスではありません
Hydro Seal WATERPROOFを使用した防水仕様

軽いです 臭くないです アレルギーもおきません 柔らかい素材なので折り畳めます 

いい事ずくめ これを履いて出かけるのが楽しみです

Photo

Photo_2

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »