« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

豆まき鬼さんポシェット

もうすぐ節分 今年も豆を入れる物を作ってみました
鬼さんポシェット 
Photo_4
乳幼児イベントや年少さんでも作れる物を考えてみました
紙袋 もしくは封筒を用意して 上部を鬼の角をのこして切っただけです
底が口みたいでしょ? こどもが毛糸をつける事を考えると
ボンドを刷毛で上の方をぬるかして (短時間で持ち帰りの場合は両面テープ?)
切り刻んでおいた毛糸をパラパラおとしてくっつけた方が簡単かな?(右)
いろんな色の毛糸を用意してもいいし 
シールで目を付けなくても 鼻や牙にもなりそうな三角 四角 丸の紙をいろんな色で切っておいて自由に糊ではらせてもいいかも(幼稚園児なら)
穴あけパンチで穴をあけて毛糸を通したら完成。。。。

なぜか我が家は豆でなくレゴいれになってます。。。

うす弁当〜さるカニ合戦〜

2月の上旬に幼稚園でお楽しみ会があります
我が子のクラスはサルカニ合戦をやることになりました
我が子のやくは。。。 まさかの ウス。。。。。

カニ くり ハチ さる 臼 という選択肢の中から 臼。。。。
次男らしい。。。

やっとこさ完成した衣装 お弁当も「臼がいい!」と次男
そこで臼弁当です
Photo

臼のおにぎりは茶飯にしました(熱々御飯に醤油と削りたてかつおぶしをまぜたもの にゃんこ飯とも言う) ゆで卵の白身とのり
ブロッコリー炒め
スィートカボチャサラダ(干しぶどう タマネギ ベーコン入り さつまいも入り)人参
鶏肉の照り焼きカレー風味 イチゴ

次男 「わ〜い 臼弁当だ! このさる 変。。。」と言われてしまった
臼君につぶされたさるくんなのだよ 次男
再来週はリベンジ(フツフツ。。)

さて衣装の話
臼 誰にはなしても かなり難易度がたかいね〜 なんてはなしてました
しかもベースとなる服は自宅にある服がきまり
我が家に破れてしまったマクラカバーとシーツがちょうど臼っぽいいろ。。。
ちょうど買い替えたばかりでありました
ほかの臼役のママさんは段ボール予定みたいでしたが このシーツくんに最後のお役目を果たしてもらうべく使う事に
でも臼に見せる自信ないよ〜 「うす ってひらがなでかいちゃだめ?」と次男に聞くと 「ママなら平気 ぜったい ○○先生はうすってわかってくれるよ」
とプレッシャーかけてくれました

臼に見えるかい?次男よ
Photo_2
シーツの中には100均一のウレタンスポンジを入れてみました
手ぬぐいしめたら さるカニのウスくんぽくなる?

Photo_3
より臼っぽく見せるために ラップの芯とフエルトで杵もつくってみました
上部だけTシャツに縫い付けたのでしゃがんでも大丈夫にしました
材料費400円 何とかなったかな?

子供入園前 幼稚園雑誌でお遊戯の衣装 ヨサコイの衣装 作る仕事の依頼を受けた事がありましたが 今ならこうつくったのにな〜 と悔やまれるわ。。

バターチキンとナン

旦那のリクエストより きょうはバターチキンカレーとナン
インド料理です
Photo
バターチキン ナン 塩ゆでブロッコリー 半熟ゆでたまご
シャンパン(こどもはリンゴジュース)

実はわたしまたもや本格的バターチキン食べた事ありません
すごくおいしかったです 辛くないカレーなので
子供も一緒に同じ物で本格的な香辛料のきいたインドカレーが食べれる
これは何度もこれからリピしそう 
そのまえに 旦那さんに ビリヤニとバターチキンを食べに連れて行ってもらわなきゃ
外食してないな。。。。。

それと今回どうしても手に入らなかった香辛料 カスーリメティ
絶対手にいたいな カルディになかったのよね
クイーンズ伊勢丹か紀伊国屋ならあるのかな? どこで購入できるか知ってる人
教えてください。。。

旦那いわく おみせよりおいしいといって 走り回っていましたが。。
確かに足踏みするほどおいしかったです

子供にはラッシーをこんどはつけてあげよう。。。
やっぱりナンは手作りで焼きたてに限りますね
モチモチなので1個でお腹いっぱいです

天才ちゃん といって家族が喜んでくれたのでよかった よかった

自家製ベーコン

お家で自家製ベーコンにチャレンジしてみました

まず 
生活クラブでおいしい豚バラ700グラムを準備
大さじ1を丁寧に練り込んで1週間熟成。

塩を洗い流してから水の中で半日 塩だししました。

圧力釜で茹でて火を通します 6分で自然放置)

足なしのダッチ-オーブン にアルミホイルをひいて
スモークチップミックスを1つかみのせます
その上に 私の場合フィスラー圧力鍋の蒸し器の台 をのせ 
その上にざるを置いて ざるの中に 上記のお肉をセット

火をつけて 煙が出てきたら ふたをしてスモークしました

本来20分位で(途中で裏返す)できるはずなのですが 
我が家のリンナイ デリシアグリレという機種のガス台では 
空焚き検知をしてしまうのか 火が勝手に極細になってしまい
煙が出てこなくなってしまいました

そこでキャンプでも使ってる SOTOの登場
今度はうまくいきました いろいろあって40分いぶした事になります
Photo

いい感じにスモークされました

Photo_2
飴色です

肉汁が落ち着くまで 休ませている間に

ゆで卵と カマンベールチーズをスモークしました
このとき新たにいい香りがつくようスモークチップを取り替えました

ゆで卵は茹でて殻を剥いた後 塩をふって5分おいてから水気を拭いてから蒸しました
10分くらいと検索してましたが 色合いをみて結局15分スモークしました
Photo_3
こちらもいい感じ カマンベールチーズは崩れないけどとろ〜んとしています

Photo_4
レタスに包んでいただきました

お肉を端から切って味見してみたら。。。。。
その場で飛び跳ねて じたんだふんでしまいました。
家族全員まちきれず 切ったそばから味見して その場でランニング?
いや〜自分で作って食べてじたんだ踏むほどおいしかったのはあまりないな。。。。

いや〜 自分で言うのは何ですが めちゃくちゃおいしかった 
天才ちゃん。。。

次はキャンプで実践です
他にどんなものスモークしようかな?楽しみ。。。

水周り シンクと蛇口にこだわる

入居して2ヶ月たつのになかなかアップできない家の事
内装とおなじくらいこだわった水まわりについて書こうと思います

建築雑誌も隅々まで見たし いろんなかたのブログを隅々までみて ググりまくって 選んだ蛇口です 私と同じようにさがしているひとのヒントになれば。。

まずはキッチン 水栓
Photo_2
我が家で唯一高い蛇口です
グローエとクリンスイが合体した蛇口   グローエF913
シンクしたにクリンスイのカートレッジが隠れています
右はじのをまわすと浄水がでます 左はじをまわすと水とお湯が出ます
とにかくオープンなキッチンなので浄水器と普通の水栓が二本にょっきり出るのは嫌だったので一体型を選びました
ほれぼれデザインにうっとりしてきめました
Photo_3
前から見ると。。。 シャワーになるし のびます

そしてシンクはCOMOアンダーシンク65です
実質横幅68あります COMOシンクはステンレスに焼き付け塗装をしたもの
いろんないろがあります
トップはコーリアンの人造大理石 
なぜシンクも統一の人造大理石にしなかったかというと熱でマンションの人造大理石にヒビをいれたことがあるから
また経年着色もありました メラニンスポンジでシンクはお手入れしています
Photo_4
シンクの大きさは初めCOMO75を選んでました 
小さくした理由は 全体の上から見た面積に対してバランス的に大きすぎるシンクは間抜けに見えたから 
マンションでも無意味に大きいジャンボシンク 調理スペースがなくて無駄に感じてました 何度もメジャーを引っ張ってショミレーション 新聞紙でシンクの大きさと全体のバランスを確認しました
またシンクがおきいと食洗機も大きさをちいさく45センチにしないといけなかった 中途半端な食洗機は中途半端に洗って使わなくなりそうでもったいない
1日1回まわせばいい ということで65センチにしました
大きな食洗機があるのになぜ大きなシンクが必要? 洗いカゴも必要ないならコンパクトでもいいのでは? 
食洗機の増額分シンクをちいさくすることで同額にできました

結果このシンクの大きさと食洗機の大きさは私には大正解でした
Photo_5
ミーレにしました カトラリートレイが便利です
大きいし3段あるので 洗って水切りすればいい物食洗機にはかけない物は2段目手前において 汚れた物は下段や2段目奥 など洗いカゴとしても使えます

また止水フタをすればシンクに水がたまり つけ置きしてからそのまま食洗機へ並べる事ができます この止水蓋をつけるまでは 中途半端に水で汚れをかりおとししているのがもったいなくて え〜いそれなら洗ってしまえ という衝動と戦っていました 止水ふた便利です
ちなみに高さは850です 164センチの私はちょうどいいと感じてます

さて次に洗面所(バスルーム脱衣所)です
私は染色をするので大きな水のたまるシンクが欲しかった 
和紙から細かい柄を確認しつつ糊を落とすとき腰をかがめてやるのがすごく大変でした
そこで選んだ高さは820 染色以外の靴洗いの時も腰が痛くなく便利な高さです
天板はコーリアンの人造大理石
シンクは激安の実験用シンク TOTO SK106
Photo_8
蛇口は楽天で一番安かったレトロなキッチン用水栓INAX SF131FGの蛇口をイブキクラフトエッセンス PIVOT コールドとブランカにつけかえました
レトロなキッチン水栓が
Photo_6
こうなります
Photo_7

ちなみに前面ガラス張りのイメージを壊す事ないよう横に収納をもうけました
Photo_21
サンワカンパニーのもので扉を開ければ前にもってこれますし
IKEAでかったのびる拡大鏡で歯磨きもアップでできます

しかしこれだけ洗面所高さがあると 子供たちはまだ身長が(特に次男)たらない
そこでかわいい無垢の踏み台(イス)を用意してあります
Photo_9
これにのって歯磨き。。

でも手を洗うとき毎回台を出すのは。。。不便ですよね
そこで 外から帰ってきてからの手洗い うがいは 玄関からすぐ階段を上がった2階に上がる階段前のここにあります
Photo_10
ここは食卓テーブルからも近くにあります
あけると。。。
Photo_11
グリーンに着色された壁が見えます
ここは子供の背丈に合わせたカウンターの高さにしてあります
750センチです
こだわりのグリーンです 何度もサンプルをもらいえらびました
木のカウンターのいろも我が家では珍しく濃い色にしてイメージを変えました 
狭いので あらゆるカタログやググってやっと見つけた フジコーポレーションのFJ-WM30Cです 
蛇口はあこがれのVOLAにそっくりなサンワカンパニーのものです
Photo_13
本当にそっくりで下のリングが見える事くらい 水の出し方は違います

実はここトイレなんです 
扉を開けていてもトイレには見えません
洗面所としても使える用 アクセントにみどりの壁にした訳です
Photo_14
でも こだわった深いみどりは落ち着いたトイレ空間になりました

さてまたバスルームにもどって シャワー水栓 
これまた激安のものをえらびました というのも金属アレルギーの私はハイクラスの蛇口に多い金属だけでできたシャワー水栓は選べません
でもただ安くてださいのはいや せめてのもの抵抗
普通  止 と書いてあるところが STOPとかいてあるものを 星の数ある情報から見つけ出しました カクダイ サーモスタットシャワー混合栓173−110

Photo_15

バスルームは幅1400しかありません そこでシャンプーボトルなどをおくスペースは壁に穴をあけて
Photo_16
壁と床は 掃除しやすさとローコストからFRP防水仕上げ 建築家さんがすすめてくれました
タイルにも憧れたのですがタイルの目地のカビがいやなのでこの仕上げにして正解だと思います

幅が狭いので狭く奥行きのあるバスタブを選びました スタルク3
フィリップスタルクなのですが これは意外と安かったです
70センチ幅しかないものをさがすのは大変で
ヴィロイ&ポッポのパヴィアも候補にあがりました 
実際のものを見に行き バスタブにも入らせてもらい 寄っかかる背中の角度も検討 しっくりきたのがスタルクでした 
またパヴィアはプッシュ排水栓がうえについて見た目がうるさくなるのでやめました
Photo_17
これがこだわりの角度
そして洋バスなのでオーバーフローのあなを塞がないと肩までつかれません
Photo_18
上の穴の真ん中までで水は排水溝へ もったいない
穴を塞ぐと
Photo_19
肩までつかれます

専用のバス蓋はさめずらいし スタルク3選んだ人にはおすすめです
Photo_23

風呂蓋は洗面下に収納
Photo_24  
ここに椅子も収納しています
バスタブの縦長にそうように窓ガラスがあります 
大きく風の入れ替えができてカビずらいようにしました
またここの窓から建物のスリットでそだてているバラ一面になる予定
ですが バラが咲いてないのにガラス張りではヤバいので IKEAのシャワーカーテンを縫い直して突っ張り棒でつるしてあります
あえて下7センチほど窓の腰より下げているのがポイント 
Photo_20

外水栓はクロスハンドルを選んでみました
Photo_22

これから選ぶ予定の人参考になるでしょうか?

おじゃる小鬼のキスケ きいろレストラン弁当

簡単に言うとキスケ弁当です
子供が大好きなおじゃる丸 おじゃる丸と忍たまは絶対みたい子供たち
忍たまがおわった6時20分が我が家の夕食開始時刻 
おじゃる丸が始まると最後の料理仕上げ開始の合図です

さてきいろレストランとは 前の日の朝みた いないないばぁ のなかで
ゆうなちゃんが黄色レストランをやっていたから
「ママ これつくって〜 黄色レストラン」
メニューは同じにはできませんが黄色いっぱいのお弁当にする事になりました
小鬼はやはりもうすぐ節分だから 黄色レストランだからキスケに登場してもらいました

どうぞ
Photo
「えんま大王様のしゃくをかえしてもらうぞ〜」な感じでたかしら?

サフランバターライス 千切りキャベツ カレー味の唐揚げ オムレツ
塩ゆで人参 ブロッコリー さつまいものレモン煮
リンゴの甘煮いりヨーグルト

おまけで からっとあがる唐揚げのコツのうんちく 

肉は均一に広げ 黄色い脂身を外す(臭みが消える)白い筋も切るようにして
切れ目を入れてあげると食べやすく 火が均一に入る
下味をも見込む 
いろんな味付けの仕方があるけど 仕上げサラダオイルもしくは胡麻油をもみこむのもポイント
ドレッシングでした味つける時は例外だけど基本10分程度でつけ込みすぎない
ふわっとさせたい時は卵をさらに絡める
衣は小麦粉と片栗粉をそのとき作りたいタイプの唐揚げに合わせてブレンド
片栗粉がおおいとサクサク しっとりは小麦粉多めもしくは小麦粉だけ
スパイシーにフライドチキンっぽくしたいときは衣にハーブやカレー粉やニンニクパウダーをまぜる
一度にいっぺんに入れないで少なめであげていく
はじめは中温 途中から高温
多めにあげるときは一度低温で揚げた後引き上げ 二度目は高温の二度揚げをする
シュワシュワとっしたおおきめな泡からちいさなカラカラピチピチとした小さな泡になったらあげる

地震とアレルギーに負けない家作り

家を作る際 やっぱりデザインより地震に強い家にしたいと思うはず
私たちもそうです

我が家の場合街道沿いのため 防火住宅にしなきゃならなく 大きさから鉄骨住宅になりました
もうその時点で普通の1.5倍の予算がかかります

建築家さんのすすめにより地盤改良 複雑な構造をクリアーするための入念な構造家による構造計算
そして重量鉄骨にALCパネルで組み上がっています

内装に関しても自分たちでいろいろと勉強しました
漆喰 珪藻土 モイスのうちどれかを使ってほしいと指定しました
そしてアレルギーに負けない家 呼吸する家にしたい カビの生えない家にしたい
とおねがいしました

具体的に珪藻土も漆喰も この珪藻土 この漆喰 と種類を指定 サンプルも取り寄せました
私たちがいちばん押していたのはモイス 
なぜかと言えば 珪藻土も漆喰も合板の上に左官屋さんの仕事が入り 材料 行程 職人さんの分価格が上乗せになるのですが モイスは材料こそ高いものの 下地の合板は省け モイス素地仕上げにすることにより 価格が抑えられるのではと思ったからです
もちろん吸湿性に優れているのも気に入っていましたが シックハウスにも対応 匂いにも作用するし 防音効果もある 防火仕様であるのも重要
何よりもしなりと粘りがある素材のため地震に強い家作りができるということが最大なる魅力でした 耐震壁になるということです
コスト面から合板仕上げも話にあがっていた中 トステムまで行って見学 資料とサンプルをもらってきて建築家さんに検討してほしいとプレゼンしました

結果 建築家さんはモイスを選んでくれました

床は無垢の床材を希望 数カ所木材を見学してきて 価格的な事から 杉とパインで数種類(かなりだな10種類はとりよせました)
自分たちで取り寄せました

建築家さんが探してきてくれた一番安価なノルディックパインを床材と使う事にしました 床材とはいえ壁にも使っています

内装が変わっていて東西を床から壁を伝って 天井をわたり ぐるりと一筆書きのようにパインがつながっています
建築家さんの一筆書きのアイデアに調子に乗った私がネットで見つけたパッチワークハウスのように木目のながれが奥行きにつながるような視覚的に面白い家にしてほしいとお願いしました うまく融合しておもしろいことになっています
一筆書きが奥行きを感じさせます

また南北はモイスを使っています

ちなみに外壁も南北は茶色 東西は白で塗り分けられています 
そしてこんな感じになりました
Photo
パインにはオスモの白いホワイトオイルがぬられています
木目を柔らかくして パイン特有のカントリーっぽさがぬけて北欧的になったようなきがします

床が無垢 それは暖かくて気持ちがいいのですが 水回りは心配です
そこでキッチンと洗面バスとトイレの床はリノリウムにしてほしいとお願いしました
具体的にフォルボのリノリウムいしてほしいとサンプルまで取り寄せ厚くお願いしました
天然の物 抗菌性 耐久性 エコな部分から私が気に入った物です
色も冒険してグリーンを選ばせてもらいました
さわやかなポイントとなったと思います

Photo_2

さて実際に住んでみて。。。。

リノリウムはお手入れが楽です 亜麻の匂いなど数日で消えてしまいました
水回りがパインだったらメンテナンスが大変だったでしょう 心配していたアンモニアによる変色もありません

パインは白くしたため掃除が大変です ゴミも目立ちます 
なので掃除をこまめにしなければなりません
パインなので柔らかい木なので随分傷もつきました 家族の成長とみて気にしてません 汚れはオスモクリーナーなどで手入れをしていますが 
やはりダイニングはかなり汚れてしまいました 
う〜〜 むずかしいぞきれいに保つのは。。。 でも十分に検討して気にいいって決めた素材 愛着があるのでがんばります

そして モイス! すばらしい!
焼き肉や餃子 次の日に匂いが残りそうな料理の次の日には匂いはもう消えています
カビもはえてませんよもちろん 喘息もひっこしてからおこしていません

妥協しなくてよかった 満足です

いろいろ取り寄せた資料 建築家さんのところの我が家のファイルは他の家とは比べ物にならないくらい厚いらしいです

さてここまで 念入りに地震とアレルギーに対応した家作りの仕上げ
子供部屋の本棚にはふんばる君というものを差し込んで転倒防止をしてみました
床ぎりぎりに差し込まれた透明なのがそれです
そしてテレビやスピーカーの下には耐震ジェルをはさみました
このジェル引っ越す時に困ったほども粘着力でした もちろん3月に地震の際もびくともしませんでした
Photo_3

ひと月ほど前大地震がおこる夢をみていらい ちょっとやりすぎ?というくらい防災対策を年末に強化しました
アウトドアグッズがあるのでそれでなくても準備万端な方だと思うのですが 胸騒ぎがしていろいろやってみました

皆さん防災対策は万全ですか? 今一度ご確認を

こぐまちゃんのほっとけーき弁当

きょうは餅つきが幼稚園であるので少なめなお弁当
子供のリクエストが イチゴ バナナ ベーコン にんじん
だったので サンドイッチにしました
フルーツサンドに白い柔らかな食パンをえらんだのでそこから連想して
こぐまちゃんのホットケーキ弁当になりました

Photo

ベーコンとトマトとレタスとゆで卵にコーン味のマヨネーズサンドイッチ
イチゴとみかんとバナナの生クリームサンドイッチ
パンケーキ にんじん

懐かしいな 幼稚園はいる前はよく読んだえほん 
やけたかな? ま〜だかな? 絵本を読んだ後一緒にほっとけーき作ったっけ

鍋帽子

このでっかいベレー帽のようなものは。。。
Photo_5
鍋帽子です
圧力釜で普段は調理する事が多い私ですが 1つだけでは足りず。。 とはいえ鍋は足りていて。。 そこで作ってみました鍋帽子
きょうは早速スープを作ってみたのですが沸騰したらすぐに火を消して 鍋帽子の座布団の上にのせて帽子をかぶせておきました
1時間後暖め直さなくてもいいくらい暖かく 柔らかく具は煮え スープはできていました

工夫した点といえば 片手鍋っもっているので使えるようにスリットを入れて下の方に帯ゴムをいれたこと 
簡単につかえてよかったです。。
Photo_6

またネットで作り方を検索してつくったのですが キルトが動いてあわせ縫いずらかったので 内側の布に裾を折り返し処理しながら縫い付け動かないようにしてから さらにキルトをうけから重ねてぬいつけてとめておきました。。
欲張って余っていたので薄手のキルト芯4枚がさねしてしまいました。
上にくる布も裾処理をして下とあわせて手縫いして完成させました。
完成した後もキルト芯がよる事もなく使いやすそうです
Photo_7

布は余っていた物でほとんど作ったので生地が足らずあわせで作った部分もありますがかわいい物ができて満足満足

これ薫製を作る時にも使う予定。。。いろいろ鍋帽子で作れそうなので楽しみです。。しばらくはまりそう。。。

リビング階段 吹き抜けを暖かくしたい

建築家さ〜ん 寒いです
1階野玄関からの冷たい空気がダイニングに直結してこまっていました
1階納戸からグレーチングをとおしてくるつめてい風はカーテンの残布をつかってつくり塞いでからかなり変わりました

そこで階段も手すりしたの抜けを カーテンの残布で制作する事にした
とはいえ カーテンの残布はいろいろ作りまくったのでもうのこり少なくなっていて両端に違うカーテンサンプルを組み合わせてみました
Photo

結果的に玄関に色味が無く 天窓の光も1階玄関までは届かなく暗い印象だったので 明るいイメージになったと思います 以前張っていた落下防止のロープより見た目の安心感も増したように思います

付け方は

Photo_2

一枚の布状にしたものを上の手すりにかけてその場で簡単に縫い付けてループ状にして長い帯状になっている磁石で鉄の階段に貼付けています  以前より見た目もすっきりしたように感じます

また簡単に取り付けているので気候が変わったら簡単に取り外せますしいろんな布を楽しんでもいいかもしれません

またその上のダイニングに面した部分は

Photo_3

同じくその上の部屋の仕切りに使われている遮光カーテンの残布でつくりました

もう布がギリギリすぎて端はジグザグミシンで処理しただけ上の布もカーテンサンプルをつけたしなんとか隙間があまりできないように縫ってみました これも手すりに直接ぐし縫いでとめていますので簡単に外せます

夏になったらもとのようにはずぜば涼しい風の通り道になるでしょう

ここに布をおく前は毛布をかけて検証していました 

やはり遮光カーテンで風も遮ってくれてかなりいいかんじになったのですが毛布の時の方があたたかかったきもします

そこでずっと欲しかったKLIPPAN(クリッパン)の スローケット ポルカ  ライム(グリーン)を購入しました

130×200cmというおおきさといい 色のトーンが我が家にぴったりだった

早速完成した手すりの布の上にかけると。。。

Photo_4

いい感じです あわいグリーンが増えてよりツリーハウスなイメージが増した感じ まぁ淡いグリーンの家の全体に対する分量はこれ以上増やしたら多いかなとは感じますが

濃い緑の樹木を室内においてバランスをとりたいところです

でも寒々しかった玄関から見上げてきれいなグリーンがめに入り暖かみがましました

ちなみに私しかいない時はスタディーコーナーでお膝に抱えてたり ソファのおともに。。。と持ち歩いています

湯たんぽと一緒にかかえたり 下にホットカーペットがあるとスロー一枚かけただけなのにこたつに入ったみたいです

このスロー本当にかってよかった。

すこし暖かくなった我が家です

2012 あけましておめでとうございます

Cci00001_2
あけましておめでとうございます

仕事をいっぱい頑張っていきたいと思っています
そろそろ個展の準備しなきゃ

Photo
今年もお料理いっぱいして
Photo_2
お家もきれいにととのえて
Photo_3
生活も楽しんで

充実した一年にしたいです

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »