« こぐまちゃんのほっとけーき弁当 | トップページ | おじゃる小鬼のキスケ きいろレストラン弁当 »

地震とアレルギーに負けない家作り

家を作る際 やっぱりデザインより地震に強い家にしたいと思うはず
私たちもそうです

我が家の場合街道沿いのため 防火住宅にしなきゃならなく 大きさから鉄骨住宅になりました
もうその時点で普通の1.5倍の予算がかかります

建築家さんのすすめにより地盤改良 複雑な構造をクリアーするための入念な構造家による構造計算
そして重量鉄骨にALCパネルで組み上がっています

内装に関しても自分たちでいろいろと勉強しました
漆喰 珪藻土 モイスのうちどれかを使ってほしいと指定しました
そしてアレルギーに負けない家 呼吸する家にしたい カビの生えない家にしたい
とおねがいしました

具体的に珪藻土も漆喰も この珪藻土 この漆喰 と種類を指定 サンプルも取り寄せました
私たちがいちばん押していたのはモイス 
なぜかと言えば 珪藻土も漆喰も合板の上に左官屋さんの仕事が入り 材料 行程 職人さんの分価格が上乗せになるのですが モイスは材料こそ高いものの 下地の合板は省け モイス素地仕上げにすることにより 価格が抑えられるのではと思ったからです
もちろん吸湿性に優れているのも気に入っていましたが シックハウスにも対応 匂いにも作用するし 防音効果もある 防火仕様であるのも重要
何よりもしなりと粘りがある素材のため地震に強い家作りができるということが最大なる魅力でした 耐震壁になるということです
コスト面から合板仕上げも話にあがっていた中 トステムまで行って見学 資料とサンプルをもらってきて建築家さんに検討してほしいとプレゼンしました

結果 建築家さんはモイスを選んでくれました

床は無垢の床材を希望 数カ所木材を見学してきて 価格的な事から 杉とパインで数種類(かなりだな10種類はとりよせました)
自分たちで取り寄せました

建築家さんが探してきてくれた一番安価なノルディックパインを床材と使う事にしました 床材とはいえ壁にも使っています

内装が変わっていて東西を床から壁を伝って 天井をわたり ぐるりと一筆書きのようにパインがつながっています
建築家さんの一筆書きのアイデアに調子に乗った私がネットで見つけたパッチワークハウスのように木目のながれが奥行きにつながるような視覚的に面白い家にしてほしいとお願いしました うまく融合しておもしろいことになっています
一筆書きが奥行きを感じさせます

また南北はモイスを使っています

ちなみに外壁も南北は茶色 東西は白で塗り分けられています 
そしてこんな感じになりました
Photo
パインにはオスモの白いホワイトオイルがぬられています
木目を柔らかくして パイン特有のカントリーっぽさがぬけて北欧的になったようなきがします

床が無垢 それは暖かくて気持ちがいいのですが 水回りは心配です
そこでキッチンと洗面バスとトイレの床はリノリウムにしてほしいとお願いしました
具体的にフォルボのリノリウムいしてほしいとサンプルまで取り寄せ厚くお願いしました
天然の物 抗菌性 耐久性 エコな部分から私が気に入った物です
色も冒険してグリーンを選ばせてもらいました
さわやかなポイントとなったと思います

Photo_2

さて実際に住んでみて。。。。

リノリウムはお手入れが楽です 亜麻の匂いなど数日で消えてしまいました
水回りがパインだったらメンテナンスが大変だったでしょう 心配していたアンモニアによる変色もありません

パインは白くしたため掃除が大変です ゴミも目立ちます 
なので掃除をこまめにしなければなりません
パインなので柔らかい木なので随分傷もつきました 家族の成長とみて気にしてません 汚れはオスモクリーナーなどで手入れをしていますが 
やはりダイニングはかなり汚れてしまいました 
う〜〜 むずかしいぞきれいに保つのは。。。 でも十分に検討して気にいいって決めた素材 愛着があるのでがんばります

そして モイス! すばらしい!
焼き肉や餃子 次の日に匂いが残りそうな料理の次の日には匂いはもう消えています
カビもはえてませんよもちろん 喘息もひっこしてからおこしていません

妥協しなくてよかった 満足です

いろいろ取り寄せた資料 建築家さんのところの我が家のファイルは他の家とは比べ物にならないくらい厚いらしいです

さてここまで 念入りに地震とアレルギーに対応した家作りの仕上げ
子供部屋の本棚にはふんばる君というものを差し込んで転倒防止をしてみました
床ぎりぎりに差し込まれた透明なのがそれです
そしてテレビやスピーカーの下には耐震ジェルをはさみました
このジェル引っ越す時に困ったほども粘着力でした もちろん3月に地震の際もびくともしませんでした
Photo_3

ひと月ほど前大地震がおこる夢をみていらい ちょっとやりすぎ?というくらい防災対策を年末に強化しました
アウトドアグッズがあるのでそれでなくても準備万端な方だと思うのですが 胸騒ぎがしていろいろやってみました

皆さん防災対策は万全ですか? 今一度ご確認を

« こぐまちゃんのほっとけーき弁当 | トップページ | おじゃる小鬼のキスケ きいろレストラン弁当 »

建築家と建てる家」カテゴリの記事

コメント

無垢材の床は、手触りといい温もりといい魅力的だよね~。四谷のおもちゃ美術館に、総無垢材のプレイルームがあって、うっとりする反面「お手入れ大変そう・・・」って思ったわ。
床材というと、冬場の乾燥はどうですか?我が家では「マンションの床材でも意外と吸湿してるんだ」と思うくらい、敷居の両脇に紙一枚くらいの隙間があいてます。春になるとふさがるから気にしてないのだけど。

あまり傷など気にしない方なのでほったらかしですが 霧吹きかけて布巾のせてアイロンかけると傷も治るそうですよ
呼吸しているのね
うちは夏や梅雨を経験してないけどたしかにうっすらと隙間が今は開いているわ
我が家はモイスという呼吸する素材をもう一面使ってるからそんなにあかないのかな?
柔らかくて暖かみもあり 子供たちは裸足で過ごしているけど 無垢だから平気?床暖いらないとケチったら
寒くてしょうがないわ 今度遊びにきてね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こぐまちゃんのほっとけーき弁当 | トップページ | おじゃる小鬼のキスケ きいろレストラン弁当 »