« パパおにぎり弁当33 | トップページ | おつかいありさん弁当 »

カミカミ

我が子はいろんな物をカミカミしないと気持ちが落ち着かないみたいです。
服の襟やそで はもうボロボロ 
鉛筆が一番すごくて噛み砕かれて鉛筆の芯までいってます。
さすがに下敷きまでかまれてたのにはびっくり

鉛ははいってないとはいえ鉛筆が一番 カミカミ多いし気になります
プラスチックキャップはすぐにわれ、金属キャップまでぺちゃんこになって帰ってきます 
最近はハンカチ代わりのガーゼや 給食のマスクもかんでるらしく 
気になる子には きたないよ〜 といわれるらしいです。
先生もかんがえてくれて そでは腕まくり 「鉛筆をかんだら先生が自分のほほをパチパチたたいて合図をしてすこしづつやめてみようか?」と提案してくれました。 できたら よくできましたのご褒美のかみがもらえる。。。
でも カミカミやめようとするとそれにとらわれ授業も耳に入らないみたい。。。

う〜 わたしとしては 気持ち安定のためには仕方がない。。恥ずかしいと思ったり、周りをかんがえる余裕が出てきたら自然と治るといいなとおもっています。
「周りの人に不愉快な気持ちにさせるカミカミはやめようか? びちゃびちゃになるくらいかむとか。。。 まるっきりかまないようにとはいわないよ」と話してます。

家での勉強ではガムを試みた事もありました 次から次へのかんでしまいます
ガムはお腹を緩くもしてしまいました。
次に宿題やったご褒美に途中でグミをあげるというもの。。 最後にもグミまぁ グランマではこの方式に落ち着いてるみたい 
ちょっと餌付けのようできになって私はできないのですが。。

そこでこんなものみつけました。
カミ癖のあるこのため 発達障害などあるこのためのQキャプ鉛筆付きです。
ついでに物差しもかってみました
Q
シリコンゴムでできています。
意外と柔らかい。。。 これでは金属キャップがペッちゃんこの我が子はすぐに食いちぎるな。。。。
一応 「カミカミこれならしていいよ ただし噛み切るくらいかむのは歯によくないから噛み切らないくらいでかもうね」と。。。
さい先良く かむ物として気に入ったみたいでカミまくってます 
ただ かみすぎて書くに至りません。。 
自ら やめれれないから「い〜ち といって!そしたらかむのやめる」と言い出しました。(い〜ちは 漢字の練習のかきじゅんの い〜ち)

かみごたえはいいらしいのですが キュ キュと かむと音が出ます
さすがに周りの子に迷惑になるので学校では使わず家で様子をみることになりました。
シリコンのかむところ空洞でなく、つまってればいいのに。。

いや。 いっその事 鉛筆だけなら気にせず自由にかみなさいといってしまおうかな。。。。 いいアイデアあるかたいませんか?

同じシリーズの物差しは うごいてグニャグニャの線ばかりだったのがきれいにかけるみたいで気に入ってました ただしこれも家で使う事に、、
だって物差し既に3本学校で紛失中なんです。 
文をよむのにあてたり 算数にもつかう。。。 かりるのでは隣の子に迷惑なので4本目与えたばかりです。。。 
これはお高いし家で大切に使ってね。。

« パパおにぎり弁当33 | トップページ | おつかいありさん弁当 »

育児」カテゴリの記事

コメント

実は私もカミカミ魔でした。今では思いもよらないと思うけど、ホント。鉛筆のお尻はいつもボロボロで、母が噛み癖防止につけた金属の補助軸まで、噛みしめるもんだからペッタンコ。爪噛みもひどくて、両手は常に深爪状態。足の爪まで噛んでたよ。
集団生活が超苦手だったから、それがストレスだったのだと思う。

なんで収まったのか…というと、小学校3年生の時に、仲のいい友達が出来たから。絵を描くのが上手で、毎日絵を交換し合っているうちに、自然に収まったんだよね。その友達も、ペンだこを安全ピンでほじくるというデンジャラスな癖を持ってたけど、いつの間にかしなくなってたなぁ。
確かに噛むことが緊張緩和になってるから、周りがいくら言ってもやめられないのは解る。私がそうだったもの。噛みちぎった爪はみっともないのは解っていても、やめられなかったし、みっともないのを解っているのに指摘されて叱られるのもイヤだったなぁ。
全然解決になってないですけど…、「自然に治るかもね」に一票です。

実はわたしもカミカミ女だったんですよ、、 きかんぼさんにいわれて再確認したよ。
わたしも集団生活がこわくてこわくて 幼稚園もびくびくしているおもいでしかありません。 ちょ〜〜つめカミふかづめでした。 お気に入りはタオル カミカミしながら糸を引っ張りだすのが好き 糸がひっぱられたタオルがい〜っぱいありました。 それをしないと寝れないくらいの安定感 かなしくて泣くような事がある時は必ずタオルかんでたっけ。。。
私も4年生の頃 植物の絵を描く事に夢中になって それを学校の先生にほめられてから 絵が好きになりいろんな成績もアップしてその頃からつめかみ タオルシャブリはなくなりました。 
6年生では絵本クラブ部長 代表委員(学級委員の学校全体仕切る版)中学受験 2年生のわたしは考えもしなかっただろうな。。。。 したったらずで言葉もぐちゃぐっちゃな話し方だったし ば〜か といじめられていたくらいだから
だから息子もいじめられるんじゃないか それが心配で心配で 
でも よく考えたら 息子も自分で好きな物見つけて 心も成長するんだから ほっておいてあげてもいいのかなと思いました。 母親もいつしかあきらめてくれたのかいわなくなったっけな 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パパおにぎり弁当33 | トップページ | おつかいありさん弁当 »