« マンモスキャンプ2012 | トップページ | パパ弁当 ピクルスさん »

漢字が書ける事は目標にあらず

でも 毎回0点を目の当たりにすると 陰でこっそり落ち込んでいる私。。
一生懸命練習しても 次の日にはわすれてしまいます
2年生になってからつらくなる漢字とともに忘れ物、整理整頓、連絡帳の乱れ、鉛筆かじり、洋服しゃぶりがひどくなってきました。。
漢字がすごいストレスになっている?どうしたらいいの??どうしたらおぼえられるの? 毎日必死過ぎでした。漢字3文字との戦い。。
幸い学校や学習教室では頑張って投げ出さないでやっているようです。
でも私やグランマや旦那のまえでは 読まない 書かない。。。

私が不安でいっぱいいっぱいになってしまいました。
そもそも わたしのやりかたでいいのだろうか? いままでは学習面のみの遅れがもんだいであって他動や他害もないため通級もかんがえてこなくて わたしが勉強の個別指導計画を考えているような状態。。。
教科書イメージでは専門家チームの判断のもとに学校の特別支援コーディネーターや校内委員会による個別指導計画がきまって支援が始まるのだと思っていた。
正直荷が重かった。。。 苦しくって学務科や教育センターに電話してみた。。
特別支援コーディネーターにきいてみてとまわされてしまった。。
いっぱいいっぱい スクールカウンセラーの先生とクリニックの臨床心理士の先生に 相談に乗ってもらいました。

そして再確認した事「おかあさんはどうなってほしいとおもっていますか?」ということ
漢字がかけなくてもいい 0点でもいい 今はパソコンもあるし 
ただ 少しでも読めるようになってほしいということ いろんな助けを借りながらでもいろんな事を知る事ができるのはすばらし事で楽しい事がいっぱいあるのだから 知る事をやめないでほしということ
学習面も大事だけど 自己肯定感をさげないでほしいということ
自分で身の回りができ社会の中で自立していく事

でも 私が一番漢字にこだわっていたのかも。。。1点でもとれたら覚えられたら彼の自信になってくれてまた漢字練習しだすかも。。 とおもっていました。

学校で頑張っているんだから たとえ宿題でも無理にさせるより リラックスの場にしてやることが先決でした 身の回りのお手伝い 日常生活でスモールステップを実感させてやること。。。

臨床心理士の先生にも通級にいくとしてもLDに対する学習の個別指導の場ではなく日常生活のスモールステップを実感できる場所にするべき。といわれました。。

私は学習教室だけでは不安でさらなる勉強のための取り出し授業 入り込み授業 通級をかんがえていたのです

担任の先生に相談すると 先生はきちんとスモールステップを実感させる事を重要視してくれていました。
ついつい机がずれまくる息子のため クラスみんなの机の足に印をつけてくれました。 結果としてみんながしっかり授業に取り組む形になったといってくださいました。
整理整頓をクラスみんなで授業前に取り組む事にも挑戦しているようで
息子もできるようになってきたんですよ〜 とほめていただきました。
そして それぞれに目標を考えさせ頑張ったね とがんばった成果を確認し合う事までしてくれていました。
その目標も息子はかけなく苦労していたらしいのですがいまではかけるようになったようです。。 

何よりもクラスのみんなが毎回学習教室に行くのに「がんばってこいよ〜」って送り出してくれていること こんなにステキなクラスメイトに囲まれています
学習教室のため1時間 みんなと同じ授業ができない事を残念がっている息子を無視してさらなる学習の場を求めるべきではなく 
クラスのみんなとともに成長を担任の先生に見守っていただけるようおねがいをしました。

« マンモスキャンプ2012 | トップページ | パパ弁当 ピクルスさん »

育児」カテゴリの記事

コメント

クラスメートに恵まれてよかったね~。
さちさんの肩の力が抜けてきたようで、安心したよ。

本当にクラスメートと先生に恵まれました。。
すぐにエンジンぶるぶるになってしまうので 気分転換に一緒にランチしてね。。。いろいろ頭いっぱいで約束事できる状態でなかったのですが落ち着いてきたのでメールしますね。

私の子どもは
小学校1年のとき、授業中多動でウロウロ
そんなこともあり
WISC-III 知能検査 (ウィスク・スリー)を学校側で
言われて検査をしたときは
知能含めて問題なかったのですが
1.2年生とお友達とのトラブル
コミュニケーションとの関わりの問題が
続き校長先生と担任の先生とのお話から
今は、特別支援学校に週1だけ通学してます
やはりクラスの子ども達
そして担任の先生との協力
そして特別支援学校との協力
一番はママとお子様との関わり
私も痛いほど気持ちがわかります
整理整頓と連絡帳はまだまだ
時間かかりますが
自己肯定感を高めるやり方で
できたときはほめる(勇気づける)やり方で
自信をつけてあげたいです
お子様に向けるママの姿勢が
伝わります。
クラスみんなの机の足に印
このやり方
私の子どもも視覚からのほうが、理解しやすいので
いい方法だなって思いました^^

ほめながら 漢字の書き取りを何度もする事にもこだわらず 
ここの中の線は何本かな?他の文字と区別できる? 読めるが前提におしえています。
算数も桁がそろわなくてもんだいうつしをいやがるので補助的に問題をかいたりしています。

今日は宿題が多くて6割はわたしとやって3割はグランマにお願いしました。1割は無理なので長い目でできる時にすると担任につたえることにしました。
それ以外にも 授業中手が付けられなかった部分の補助も今はできないとおことわりしています。

宿題のあとグランマはもと小学校教師なのでなかなか覚えれないこと相談しました。。。
 
こだわりも個性としてとらえるべき 
求めすぎるから算数好きだったのに嫌いになったのでは?
無理に漢字覚えようとさせ過ぎ  おぼえなくてもいい といわれました。
追いつめているんじゃない? とまでいわれました。

もうショックでショックで涙がいっぱいです。 
個性としてとらえる努力しまくってるよ。こだわって癇癪を起こしている子とつきあっているのは私です。 そんなに私は無理難題求めているのだろうか? 求めすぎないためにも診断を受けて特性をみていいところを伸ばそうとおもっているのに。。。

もう漢字覚えなくていいよ 宿題しなくていいよっていうのは簡単
学校行かなくていいよというのも簡単です

わたしのさじ加減で子供の学習態度すべてが決まるとはおもわないです

あ〜〜〜 もうわからなくなりました。 やっぱり私の育て方のせいなのでしょうか?
 

さちさんの家族の愛は
さちさんも知っているし、キャラ弁でも伝わる
私も自分を追い詰めて
ほんとこのままいなくなれ~なんて
いつも自分に勇気くじきしていた私だけど
もう人は人だし
生きていて息してくれて
毎日美味しいってご飯食べてくれている
あたりまえのこと
介護の仕事していると
そのあたりまえのことを
ゆっくりゆっくり時間をかけて
自立支援に向けて接しているのだけど
目、耳、手、口、足
五体満足なわけだから
今のそのままの子ども達で
ゆっくりあせらず
子育て楽しんでいきたいな~って
そう考えるようになったら
ネガティブに考える時間がもったいなく感じてしまって
きっと子ども達は、ママがいるだけで
とーーても安心だし、幸せなんだよね
子ども達に
いつも生まれてきてくれて
ありがとう
私をママにしてくれて
ありがとう
なんていっていると
子ども達も円満な笑顔でママありがとう^^なのですね

かなり落ち込んでいたのでたくさん子供たちにハグしてもらいました。
ちょっと落ち着きました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マンモスキャンプ2012 | トップページ | パパ弁当 ピクルスさん »