« 落下防止ネット | トップページ | テラスにお船を浮かばせて »

ひらがなにっき

ひらがなにっき という絵本があります

絵を描いた長野ヒデ子さんがすきでたまたま図書館でてにとりました。
このにっきは 大正14年にうまれた吉田一子さんのおはなしです
Photo

一子さんは識字学級で60歳超えてから学び始めました。
一子さんは2さいで母をなくしてよそにもらわれていき、子守りや仕事で忙しく勉強できませんでした。背景にはその土地柄もふくまれます。

東京育ちの東京生まれのわたしは学校でこの同和問題が教科書で出てきた時、先生が「同和 部落のことわかるひといますか?」ときかれてほとんどの子がてをあげませんでした。先生は「知らない事をわざわざおしえて差別を掘りこす事はない」といって簡単な説明でおわりました。

なのでこの日本で言葉がわからない人がこれまでもいるとは、恥ずかしながらしりませんでした。

私はこのおばあちゃんのにっきに 息子をかさねあわせてよんでしまいました。

日記の中で
○ラーメンを出先でたべようとおもったけど 漢字がわからないので食べないで帰ってきました
○べんきょうしたら忘れなように そのじ逃げないようにぐっと手に握りしめていえにもってかえります
○かいてあるねだんがわからないのでせんえんはらっておつりをもらいました
○病院ではじめてなまえを吉田一子とかきました、「よしだかずこさん」とかんごくさんによばれてうれしくてびょうきもなおりました。
○えきでらくがきをみました。びっくりしてはらたってなみだがでました。
だいじな かわいい じ つこてひとのわるぐちかいて ばちあたりまっせ

ほかにもいろいろかいてあります。字を覚える事の困難さ できないことの悔しさがつたわります

初めて我が子が交通公園で自分で名前を書いて自転車を借りられたひのことわすれられません。。 なんども挫折して いじけて あきらめて 用紙もって帰って練習しました。 はじめて書けた日 息子と大喜びしました。
自転車にうれしそうに乗っている息子を見ながら泣きました。

一子さんは文章を綴る事はむずかしいです 
書きたい事を孫の司君に話をされて文章にしてもらい、そのまま間違わないようにちからをこめて書き写しながらにっきをかいているそうです。。。

ひらがなでもいい これがいちばんのべんきょうです。

ある日吉田さんが自分で書いた日記を先生にもっていき見せました。
そこには銀行で年金をおろしたくても代書はみとめられず引き出せずかえってきてくやしかったおもいがかかれていました。

その文章は息子同様 句読点 濁点 抜けてる言葉 っ などいろいろよみずらいぶんではありましたが 書かずにはいられずかいた、全くの自力の文章でした。。

本にもありましたが 文章を書く大きな意味をかんじました。

よかったら読んでみてください。。

さて夏休みの長男お宿題も のこすところ大ボス 絵日記2枚 トマトの観察日記2枚 一行日記 読書カードになりました。。

我が子にとっても文章をかくということはたいへんなことです。

拒否がつよすぎて 他の日常生活もあれます。。 

このズボンはいや この御飯はいや 生卵御飯くさい(いつもはたべてます) なっとうくさい(これまたいつもはたべてる) 履きたい靴がない みんなでのお出かけについていかないとすねる。 スイミングさぼる いろんな事ですねる 食卓になかなかつこうとしない いつまでもパンツ一枚 もしくはパジャマのまま

もうそれはそれはたいへん ほめて 無視して(ペアとれによる) 言葉がけ シール大作戦 そう登場で対応にあたります。

自信がない かけない わからなくなる 。。。 そこに本題があるのはわかりっています。。

もちろん出さない選択も息子には伝えてあります。。   みんなと同じようなお話を書くのはいや 花火大会〜みんなみてるし せみつかまえた〜みんなかくし

書きたい事は高度な事を自ら求めているようです。

トマトの三つの枝のそれぞれの数をこたえさせて 「足し算させて すご〜いそうだよね味見もしたがら全部で23個あるんだね。。」なんて次男も巻き込み気分をのせてみたり、、 鉛筆を何度もおとされても(わざと)ひろってわたしたり。。

トマトの観察日記は 葉っぱを実際とって形をなぞって 私の仕事用の色鉛筆でそっくりな色探し遊びで絵は書かせました。

文章はホワイトボードに 質問形式やらクイズ 本人の感想を箇条書きにして 書きたくない事を消していき 書きたい文章に順番をつけて 書く文章をわたしがよみ 長男がかいていきます

途中で何回も癇癪を起こしては紙をくしゃくしゃにされました。

文章になると く と へ の区別  は と わ の区別 いろいろわからなくなります。 漢字ももちろんわからなくなり ひらがなにっきです。

3日がかり。。。。

蝉も家族総出で夕飯後蝉の羽化をさがしてトマトと同じ方式で書かせました。。

これでは私が無理矢理かかせたのですよね。。本当にこれでいいのでしょうか?

もうどうしてあげたらいいのかわかりません。

本人が文章を書く意味に気がついてほしいです。 

« 落下防止ネット | トップページ | テラスにお船を浮かばせて »

育児」カテゴリの記事

コメント

「伝えたい気持ち」が、字を書かせるのかもしれないね。字を書く面倒くささ、自信のなさを越えうる「伝えたい気持ち」を持ってもらうのは、難しいけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 落下防止ネット | トップページ | テラスにお船を浮かばせて »