« ひつじのショーン弁当 | トップページ | パパおにぎり弁当66 »

我が家の感覚統合遊び

長男は板書が苦手 不器用です。よく転び よくぶつかります。

前庭覚(前庭覚…重力と運動に関する感覚)に問題を抱えるとおきやすいです。
体の軸部分が定まらず、常にユラユラと体が揺れている状態になるため
書き写しが苦手になります

固有感(筋肉と関節に関する感覚)がそだってないと自分の体の重心を調節・筋肉の緊張、弛緩のバランスが取りにくいそうです。

触覚(皮膚に関する感覚)

これら三つの感覚を使って脳に働きかけみんな入力しているのですが この3つの感覚が育ってないと出力がおかしくなります

つまりことばや運動がおかしくなる
これを鍛える事ができる感覚統合の訓練は10歳までに働きかけるべきだそうです

支援や通級 養育が必要とされ感覚統合の訓練をうけている子たちもいますが
我が子は普通級であるがため なかなかうける機会はありません

視機能の問題もあります それには視機能トレーニング 眼球運動トレーンングが必要です

また 訓練となってしまうのも我が家の考えにはなく 遊びを通して発達させてあげられたらとおもい 幼少の頃からいろんな事をしてきました。

小学生になってからディスレクシアである事がわかりそれまで指摘される事もなくきましたが とにかく 公園であちこち走り回る エネルギッシュでこだわりもあり育てづらい子と感じたので 定型発達の子であっても感覚統合を鍛えてあげるとよいといろんな本を読んでとにかくやってきたのでした。

飛んだり、回ったり、揺れたり、バランスを取ったりする要素が入った遊びがいいそうです

ブランコ ハンモック 平均台 トランポリン 滑り台を逆からあがるなどもいいそうで。。。

砂遊び 水遊び とことん子供が納得させるまでつきあいました。
公園も朝から夕方遅くまでいました。
平均台がなくてもこの線しか歩いちゃ駄目ゲームをしながらおいかけっことかしていました。 この線とは砂場の淵だったり 垣根の端だったり、、、
あとバランスボールのうえにのせてあそんだり。。。

誰もいない時間の公園で滑り台の反対からあがり 自転車遊びをしました。。

我が子のようなタイプは 自転車をのる事が苦手だったり
固有感がつかめずジャングルジムがにがてだったりするそうなのですが

それだけ外であそんでいるとマウンテンバイクでオフロードを走って遊ぶのもとくいになりました

いや 低緊張の子は、固有覚から脳に送られる信号が弱く強い刺激を与えてやらないと、脳が感知してくれないため、刺激を求めてしまうので。。
夢中になって激坂をくだったり 階段をくだるのがたのしかったのかな?

つまり刺激をしてあげると集中しやすくなるんです。。
集中しようと思って鉛筆かみかみ刺激をおくっているようなんですね

バランス感覚を刺激する家にしたいというのも家作りのテーマでした。。。だから階段を建築さんが提案したときに「梯子にしちゃいましょう」といったのもわたし。
危なっかしいかもしれませんが片手で玩具をもちながら器用に体バランスとって上り下りしています。。

本当はボルダリングもつけたかった。。
指先もきたえられるしクライミングは最高の感覚統合あそびだとおもうから。。

最大のポイントはふたつのハンモック。。。とくにブランコハンモックは絶対につけたかった。。。
Photo_5
このブランコハンモック すごく長男にはよかったみたいで 常にのっていてくるくる回ってます。。宿題したくない時など特にのってくるくる。。

甘いかもしれませんが 本当にいやがる時は ハンモックブランコにのりながら音読(暗唱 いったあとにいわせる)やら算数の暗算などもさせたりもします。

くるくるするだけでなく ハンモックの中でジャンプしまくるので設置して1年しかったってないのに足のあたる部分が透けるくらい薄くなりやばい。

H

Photo_6 補強しました。

アスレチックあそび好きですよ。。

視機能トレーニングはおもにIPADをつかってあそびながら手探りでやっている状態です。。
ビジョントレーニング 型合わせ タングラム パズル 紐通し 間違い探し 点つなぎ遊び 
本当にいろいろやってきたのですが すごくいやがります。。
本を読むのが苦手なのも視機能が弱いんだろうな。。。
視機能検査 訓練を受けたいのですが 高額でもあり
「これ以上連れ回すのもどうなの? 遊びをとおしてじゃだめなの?」という主人の意見もあり 比較的近いところに検査を受けトレーニングを受けれる眼科クリニック(全国でも専門家はすくないです)があるのにいけていません。。

訓練いろいろやりたいけど いまでもディスレクシア指導ができる個別学習塾に通わせているのに(こちらも高額です) スイミングもさせているのに。。。 
連れ回すのも。。。。 子供のペースもある

眼球運動の訓練も10歳までというのであせりつつ ただただ色々家で試している状態です

« ひつじのショーン弁当 | トップページ | パパおにぎり弁当66 »

育児」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
初コメです。

いつもコメントありがとうございます(*^_^*)
お邪魔しに来ちゃいました(笑)

ご自宅の工夫、素晴らしいですね~!!
ハンモックにハシゴっっ!!
いいなぁ~・・・
我が家もこんなんにしたいっっ!!
でも、お金がないっっ!(笑)

色々やらせたいことが親としては山のようにあるんですが、子どものペースを崩すとダメだし・・・
葛藤しますよねぇ~・・・。

10歳まで!ってこだわらなくても大丈夫ですよ(*^_^*)
ただ、脳の神経回路を作るのに時間がかかるだけで・・・(T▽T)
今やっといた方がいいのはいいんですが、的を絞っていかないといけなかったりするんで、結局アレもコレもってなるんですよねぇ~・・・

我が家は10歳を迎えちゃったので、工夫を重ね、ときには切り捨て、のんびりとトレーニングを進めていきま~す(o・ω・)/

ふねさんいつも素敵な記事ありがとうございます。。
いろんなアドバイスもありがとうございます。。
ちょっと息子もけんちゃんと似たタイプなうえに学年が少し上ですごく参考になります。。
支援のペースって親がついつい先ばしっちゃう。。まぁ脳の思考回路作成に時間かかるだけのさなら
いろんなことで 息子タイムになおしているので感覚統合訓練も息子タイムでやっていきます。。
お互い頑張りましょう 頑張りすぎず

眼球運動をコントロールしているのは前庭覚です。バランスをとりながらキャッチボールや風船バレー等の遊びがいいと思います。
また、ビジョントレーニングは広い視野で行えるあそびがいいと思います。神経衰弱や数字つなぎ(大きな紙)等。このときも前庭覚を入力しながら行えればさらにいいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひつじのショーン弁当 | トップページ | パパおにぎり弁当66 »