« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

お引っ越し先は?

階段下と納戸にあった秘密基地。。。。
暖かくなったのでお引っ越し

春休み限定 テラスでテント生活。。。。
Ouchidetennto

懐かしき 私が北海道をソロで自転車旅行をしていたときに寝泊まりしてた スノピのソロテント(1.5人用) は子供二人の玩具いれても子供二人寝るのには十分な広さ
テントで遊んで テントに寝袋しいてねて テントで着替えて

キャンプ場の朝は早い。。。
朝5時台から活動開始の子供たち

明日はテラスでランチする予定。。。 

わざわざ外のテラスに出ないと入れない子供部屋(室内ははしご)不便なようですが このテラス 我が家にはなくてはならない場所になってます。。。

デザインあ展

六本木のミッドタウンまでいってデザインあ展みてきたよ。。
Photo_4
Photo_3
次男のリクエストでした。。
すご〜〜〜くおもしろいので是非いってみて!
Photo_5
○ と □

体験型の子供が遊べる展示になっていました。。
会場の前の桜並木でランチもできるしおすすめです。。
IPADでいろんな角度からみんなでスケッチして映像がすぐ動き出すのには感激。。

ミッドタウンではEクリ ピタゴラスイッチなどのクリエイティブな番組をつくている 展覧会ももう1つの見所
テクネ映像の教室 がやっていました。。
映像の面白さをいっぱい堪能できますよ。。。

こどもとたくさん展示会行きたいな

6歳になったよ

次男23日に6歳になりました。。
朝 8時55分にお誕生日おめでとうをいいました。。
大きくなったよ
本当自分でいうのもなんだけど 私頑張った。。。
Photo

リクエストは手作りピザと手作りパスタ ふ〜〜〜 頑張ったかいもあって
好きにトッピングしたピザに満足げでよかったわ。。

プレゼントは次男がはまっている切り絵を楽しむためのセット

Photo_2 アンデルセンと今森光彦さんの本です
切りやすい細かい物をきるようのはさみをつけて。。。

アンデルセンは童話作家
今森さんは自然写真家で有名ですよね。。切り絵の名手でもあります。。

次男はどんな子になるのかな。。。
3歳児のころはベビサップとよんでいたくらい癇癪の激しい大変育てづらい子でしたが
今ではだいぶ落ち着いてきて私を助けてくれる存在です

耳鼻科に行こう

歯医者の抜歯いらい しばらく病院とはおさらばしたかったのですが
一番苦手な耳鼻科に今長男かよってます。
いやがって受診拒否されていらいずっといっていなかった耳鼻科。。

3月あたまに 耳が痛いといいだしました。。
たまたまママ友に教えてもらっていた 評判のいい病院に行く事に
いや〜遠い自転車で往復9、2キロだもん。。

もう絶対に受診させないといけない。。 事前説明
どんな事をして 誰があたまをささえるのか?などしました。。
また気持ちを落ち着かせるために お気に入りの玩具も持参
看護婦さんにも先生にも事前説明 

内視鏡で本人も見ながら耳の中の説明して 器具を身体にあてるときもいちいちどんな道具でどんな事をしてどんな感触があるのかまで説明してからにしてくれました。。

歯科医での子供をまつ姿勢も大切だったけど 見通しをたててやることの大切さを実感。。
一度も怖い事なく治療できたようです。。

結果 
片耳 浸出性中耳炎 もう片方が急性中耳炎
副鼻腔炎 10がマックスなら10詰まっているようです。

「これじゃ〜 授業に集中できないよね 聞こえが悪い状態ですね」
ということがわかりました。。

あまりにも聞こえてないので内耳の発達の問題も心配してCTもとりました。。。
結果内耳の発達は正常だったようです。。。

うちのこのように ディスレクシアと診断されたこの場合でも浸出性中耳炎に長い事気がつかなかったために 言語性の習得が遅れている場合もあるようです。。
この場合は医療で耳の聞こえをよくする事で軽減できる部分があるので
ディスレクシア診断済みのお子さんをお持ちの方は是非耳鼻科にかかってみてくださいね。

結果的に内耳の発達異常でなかったのは幸いなのですが「書字困難すこしよくなるかももしれない」と期待していた部分もあったのでちょっと複雑な気持ち。。

息子の特性も考えて切開ではなく薬で治療中です。。 
きっちり完治するまで直したいですね。。

さて中耳炎になり 週2回のスイミングお休みせざるえない状況に
本人が1級まで頑張りたい ぼくが自信があるのはスイミングだから頑張りたいといっていたのですが
お休みして 時間の余裕ができたことで落ち着いて宿題に取り組めるようになりました。。 少なくていいいっていっているのですが 漢字いっぱい書いてます。。
あたたかくなり 大好きな公園遊び 友達とも遊べて 心身のバランスがとれてるみたい。。
学期末のテストや作文でイライラ鉛筆かみなどありますが
かなりいろんなもの(袖や紐)を噛む事が減っています。。

時間の余裕って大切だな。。。

最近仕事で忙しくしていているのと 失敗しても少しは突き放そうと自主性にまかせるようにしてみました。
私が家で仕事をしているのをみると
「僕もがんばらないきゃ」って思うんだそうです。。

親が付きっきりで いろんな事を盛り込んでやることの弊害を感じたいい機会でした。

とはいえ そろそろ 泳ぎたいようです。。
早くよくなれ!

卒園したよ〜 

゚゚(´O`)°゚
Photo_4

次男卒園しました。。って18日にですが。。。
あ〜 いやいや期がながく入園しても続いていた次男。。
まぁ3月末うまれ 未だに5歳の次男だから仕方がないけど。。
あの次男が とうとう小学生になります。。。
感無量。。。。
バスに乗りたくなくて 登園拒否であばれたのも今思えば懐かしい思い出?
すっかり 周りの気持ちを思いやれる優しい子に育ちました。。
優しすぎるのが心配なくらいです。。

幼稚園のクラスのテーマ曲が かけがいのない歌 なのですが。。。
これ聞いちゃうと大泣きしちゃいます。。。
次男に長男の事で 肩を抱いてもらいながら慰めてもらった事もあったっけ。。
次男の笑顔にいやされる日々です。。 
側にいてほしいけど 手をすこしつづはなさないとね。。

子育て4訓
乳児は肌を離すな。幼児は肌を離して、手を離すな。少年になったら、手を離して目を離すな。青年期に入ったら、目を離して心を離すな。。

さてそんな次男 将来の夢は
Photo_5
デザイナーだそうです。。。

まぁ 確かに私の血を受け継いでいる気はする。。。

これで 長男のプレからかんがえると6年おせわになった幼稚園ともお別れです。。
先生 ママ友達にであえ 支えられて 幸せでした。。 みんなありがとう。。
育児に悩んでバス停で涙ぐんだ時も何度となく話を聞いてもらえて何とか乗り越えてきました。。

お互い仕事もはじめ あたらしい世界が親たちにもまってますね。。 
頑張らないとね。。

すてきな幼稚園に通わす事ができたと思います。。
「みんなちがってみんないい」それを目標にしている教育はたくさんあります。。
これを徹底してまもり 見守れる園ってどれだけあるでしょうか?

どのこも キラキラ目が輝いています。。個性的です。。
長男 この幼稚園でなかったら苦しかったろうな。。。

段違いにとめたスモックのボタン。。 
「ニュ〜フアッション」とニコニコしならが見守る園長さん
本当にできなかったけど 気がつかないけど すこしづつできるようになる長男 
こだわってコーディネートする次男
幼稚園の絵はどれも個性的で すごく子供を待つ姿勢が伝わってきました。。

ついつい大人は自分のペース 大人の子供像 大人の価値観に子供を引っ張っていって うまくいかないとイライラしがち。。

育児相談を園長先生としたときも「とにかく待ちましょう 大丈夫」といってくださいました。。

ちっともプレで席に座らない活動に参加しない長男に対して
とりあえず先生のお膝に乗ってくれた事を喜んでくれた先生。。
無理をさせずじっくり待ってくれた先生を信じてこの園にいかせてよかったです。。

デザートチャレンジ3 チーズケーキの巻き

地道につづけておりました デザートチャレンジ
きっとこの表がなくなったら パジャマたたまなくなる?まだまだ定着していない
3人 
3人だからこそ大人が入っているからこそ 続いています。。
仕事で忙しいパパのかわりに 畳んでポイントかせぎする長男。
休日 脱ぎ捨ての子供たちに たたんで自慢げに判子おすパパ
。。

だんだん慣れからか 時間がかかってますが やっとこさ100ポイントたまりました。。
途中 判子がスイカのペンギンに変わった事で意識がまたチャレンジに向いたようです。。 判子効果恐るべし。。
Photo
Photo_2 だって畳むまですればコロコロ
連続で足跡がおせるんだもん。。

そして春休みになった次男とチーズケーキやきました。。
さっくさくのビスキュイ生地を焼いた上にレモンとバニラビーンズのきいたチーズクリームをのせて 合計4段階に分けて焼いたので時間がかかりました。。
お買い物からはじまって 粉の計量からまぜる 生地を伸ばす すべての行程を次男がチャレンジ。。

おかげでお店の物にまけないくらいおいしいチーズケーキが焼き上がりましたよ。。
Photo_3

おいしい ようで食べてからまた判子パーフェクトになってます。。
次回はフルーツタルト。。にチャレンジ

料理はとても子供には刺激的で手順など勉強になります
次回は 図入りの工程表なども作り 長男にさせるかな。。。

まずは継続は力なり

幼稚園最後のお弁当

幼稚園最後のお弁当です。。

すごくさみしいな。。。 

元気がない時も 育児に悩んだ時も 楽しい時も 
必ず週一回あるお弁当の日 その日おかげで乗り越えた事何度もありました。。
それくらい お弁当は私の楽しみでもありました。。
毎回残さず食べてくれた 息子たちよ ありがとう!

キャラ弁っていうより 思い出弁当、、、
そのとき子供が夢中になっていたアニメ 絵本 遊び 行った場所
などを形にしてきたつもりです。。

そして最後は 幼稚園のキャラクター
あすなろちゃん 弁当。。。
Photo_3  

もっといっぱい凝りたかったけど お弁当に入る物がこれだけでした。。
すべて 次男のリクエスト

ハンバーグ アスパラとソーセージのソテー(花束?)
ラタトゥーユ レンコンチーズ焼き ブロッコリー塩ゆで
ゆかり御飯 
海苔とチーズとブロッコリーの芯とにんじん (あすなろちゃん)
いちご

そしてこれがパパ弁
Photo_4

あ〜〜 私の張り合いが〜〜〜
旦那弁当じゃ物足らないよ。。。

子育てお疲れさま 

グランマから
「いままで頑張ってきたわね あの二人小学生にあげるまで大変だったでしょ。。
おつかれさま。」
といわれながら いただきました。。
Photo_2

金一封 

実は長男卒園時にももらいました。。

「自分のために使いなさい。。 子供のためでもなく 家族のためにでもなく
あなたのために。。。 よくがんばってきたわね。。 これでスーツでもかって 卒園式 入学式に着ていく物に使いなさい」

といってくださいました。。 その時もうれしかったけど

今回はグランマに抱きついて泣いてしまいました。。。

本当に大変でした。。 育児ノイローゼな時もありました。。
登園拒否もされました。 

来週には卒園です。。。 走馬灯のように思い出して泣いてしまいました。。

子育てって 当たり前の生活の一部であって ちゃんとねぎらってもらう機会なんてなかなかないですよね。。。

ちょっと育てづらい子 私のせいで、、、 私がちゃんとしつけられないから
心配しすぎて手を出しすぎるから 私が至らないから。。。

そう思ってつらかった毎日。。

 グランマ(お姑さんです)に認めてもらえたようで ずっと見守っていてくださったんだなと思えて うれしかったです。。

パパおにぎり弁当77

Photo
牛ごぼう甘煮まぜおにぎり
たらこ バター 昆布茶 しそ まぜ 焼きおにぎりにして パルメザンチーズ焼き付けました(たらこパスタ風おにぎり)

ブタバラのブロッコリー巻き塩味 卵焼き 人参 レタス プチトマト

注射がこわいよ〜

注射がきらいな長男。。
予防接種も看護婦さんと私で羽交い締め。。
耳鼻科は暴れるので医者に受診拒否されました。。

先日 息子二人とも グラグラな気になる歯があり歯医者に行きました。。
ここは親子代々でお世話になっている歯医者さん

相変わらず次男はさら〜とすませ
今までは検診のみだったので まさか歯医者で注射があると思っていなかった長男は。。

おとなの歯が生えかかっているのに抜けず引っかかっている子供の歯。。 ちょうど噛み切るよく使う歯のいちなので 麻酔して抜く事に。。。

あえて私は診察室には入らず。。

息子「いやだ〜〜」

歯科医「医者を馬鹿にしちゃいけない!!」「ふざけちゃいけない」
「自分できめなさい!」
(歯を閉じたり 歯科医の手袋を噛んでしまったりしたらしい)

息子「きめられない きめられない!!」

罵声がとびます。。 幸い最後の患者だったので叫ぶことによる迷惑かけることへの不安はありませんでしたが。。

あ〜〜〜 これでしばらく歯医者いけないかも。。受診拒否???って ハラハラ

ここの歯科技工士の奥様には 指シャブリでなやんでいた際特性など話していたのだけど。。。

奥様が待合室にやってきました。。

奥様「お母さん 待つ事はできますか?」「とにかく待っていてください」

私「見通しが立たない不安があるのかもしれません パニックになると 決断を迫るとよりパニックになります 大丈夫でしょうか?」

奥様「どんなにいやでも自分で決めなきゃいけない時があるの 本人に決めさせます。 お母さんはまっていて」

奥様「帰る?やめてもいいんだよ 自分で決めるんだよ」
「怖いんだよね 本当は頑張りたいんだけど 怖いんだよね」
「手をずっと握っていていいからね」「自分で決めるんだよ 決めたら応援するからね」 「これができたら君は何だってできるよ がんばれ」

30分の押し問答の末 やっと麻酔がうてました。。

奥様
「お母さん良く待ってくれました いっぱいほめてあげてね。。 ご褒美に消しゴム3個あげたよ 特別だよ」
「うちは 無理矢理おさえるけることはしないのよ。。 自分で決めさせる そうしないといけないの。」  

私「いいえ 先生とスタップの皆さんがいっぱい待ってくれたおかげですありがとうございました」

夕飯は8時までたべられない。。
苦手な漢字の宿題も残ってる 音読ものこってる。。
グミはたべられないから 大好きなブルーベリーヨーグルトドリンクをストローでのませてあげた。。

返事もハギレ良く その日の晩の宿題は 積極的に真剣に取り組んでやりとげたあと御飯になった。

長男にとって大きな自信となったのだと思う。。
僕だってやればできるんだ みんなが応援してくれるから

「ママ ○○くん(次男)待っていてくれてありがとう」と何度も長男が言ってくれました。。

特性を考え 環境整備対処も大事だけど 大切なのは「子供を待つ事」だな 
ってあらためて思わされました。
さすが同じ位のお孫さんがいらっしゃる奥様。

帰ってきたパパに一連の話を話すと。。
旦那「「あ〜 懐かしいな ぼくもあそこで暴れたよ」

私「で どうしたの?」

旦那「グルグルに羽交い締めにされて 無理矢理抜かれたよ」

今はついついゆったり見られないけど、いつか子供をゆったり見られるようになればいいのだな。。すこしづつ気をつけよう って思いました。

秘密基地をつくろう

先日いった秘密基地みたいな公園もいいけど
小さい頃秘密基地のあった私にとって 「秘密基地をつくるのがたのしいんだ!」っておもっていた。。

だから 我が家の納戸の一部と階段下を子供たちに提供してみた。。
(すご〜〜〜く狭い隙間なんですよ)

いらなくなったバスタオルや段ボール 紙テープ 毛布 あげたら 
あとは自分たちでいろいろ持ち込んでつくっていた。。
すご〜〜〜くたのしそう。。

テープや洗濯バサミでとめて。。いろいろ動かして。。 ある意味やりたい放題

これは次男
Photo

こちらが長男
Photo_2

お風呂があったり 机があったり いろいろ想定が広がってます

しばらくは壊さないそう。。 まぁ それもいいでしょ。。
玄関先で皆様には邪魔かもしれませんが。。。。

そこでいろんな事する 変化させていくのがたのしいんだもん。。

さっそく ストーブでやいた焼き芋基地で食べたり
シェラフもちこんで昨晩は就寝。。
たまたま預かっていたグランマのうちの犬ルミちゃんも気に入ったようで
基地で一緒に寝てました。。

ちょ〜〜〜かわいい!

今からすこしづつ廃材とっておいてやって 
隣の保育園と我が家の壁の隙間の1メートル幅の我が家狭い庭も基地に提供してお引っ越しをお願いするつもりです。。。

気持ちザワザワバロメーター

Photo
息子の気持ちが知りたくてこんな物作ってみました。。
気持ちザワザワバロメーター

スライドして表現
Photo_2

横から見ると
Photo_3

長男自身も自分の気持ちに気がついて必要以上に緊張したりしないですむ 落ち着く方法が見つかればいいなとおもいつくりました。。

いろんな場面でどれくらい気持ちがざわつくのかきいてみました。。

タオルをかむのは気持ちがざわざわしているから? そうでもないらしい
もう癖ですね、、リラックスしている時もあるみたいで やっぱりチックと出方がいっしょですね。。 

学校でマックス100になる事はきわめてないそうです
授業中でもこまったなあれ? な30ぐらい
学校で文章を書く時も20〜30らしいです。。
縄跳びがとべないと一瞬80あたりになるけど意外とすぐに気持ちも切り替えられるようになったみたい。。「飛べたら0になる事がわかっているから」といっていました。成功体験がいきているようです。
漢字テストで時間制限 算数で時間制限などタイムをはかられると頭が真っ白になって60〜70になるらしい。。

せかされるのが駄目なようですね。

では 学校ボランティアにいったさいにあった息子は移動ちゅうしきりにタオルをかんでいました そのときは? 20ぐらい。。
ザワザワというよりはずかしいらしい。。

学校公開で人がいっぱいで タオルをくちいっぱいに含んでいた時もはずかしいらしい。。

何がはずかしいのか? 怖いのか?

1年生の時から学習教室(ディスレクシア児専門に教えている塾)に週1でいっているのですが
今は放課後ですが 2年1学期までは水曜日5時限目を早退していっていました。
そのため迎えにいっていたのですが。。
その度に 「塾に行くなんてずるい 学校の授業も大切」
「どこいくの?」「なんでいくの?」と質問攻めにあってたらしい。。
息子自身は 「塾に行く」としかいっていない。。。廊下をあるくとそれがフラッシュバックして緊張するらしい。。

私はずっと書字の苦手さが原因で不安でタオルを噛んじゃうのだと思っていました。。
どうやら学校ではソーシャルスキルのほうが不安要素なのがわかりました。。

「LDよりそのまえに診断名として広汎がきますよ。」と医師がいった意味がやっとわかりました。

通級も考えているのですがものすごくいやがります。 
前と同じようにいわれるのが不安なんだな。。 。
無理して みんなと違う方法でやるのをいやがり 同じ方法でこなそうとする
そんな息子の気持ちくんで 理由を話さないとクラスでできないこと 使えない物は持ち込まない。。 今はその方がいいのかも。。(前記事でかいた 読みやすくなるものさしとは真逆な話をしているようですが。。。。)

では家ではどうなの??
残念な事に 漢字練習は60〜80 
日記を書くのは書きたい文章が見つかるまでは100だそうです。。
音読は0らしい。。 うまく読めないし 逐次読み出し 勝手読みだけど感情こめて読む事をほめてきたら 学校でもほめられて0なんだとか。。
新たな文章は30くらい。。
ママがせかした瞬間100ですね(ごめんなさい)。

あと時間に余裕が親子で持てるように工夫する必要がありそうです。。
なにがなんでも9時までに就寝(下の子にあわせて)
とおもっていましたが少しのばしてゆったりやる。。  

入学前 なぜうちの子はいつまでも名前がかけないんだろう?と悩んでいた時。。かなり怒りながら書かせてました。。
「もしかして そのフラッシュバックで?書きたくないの?ザワザワしちゃう?」
一応長男は
「違うよ ただせっかく覚えたと思っていたのに 間違えちゃうかもしれない。。 そうおもうと不安でしょうがない だから書きたくない」といっていました。。 
まあ これはLD特有ですね。。

「こんな時は気持ちザワザワしちゃうからグミかんでみてやろうか? 」
グミ噛んでれば平気みないな感じになっています。。
自分を知ってどうすればいいか 

ザワザワバロメーターを使いながら気がつけるといいですね。

「学校では大変そうではないですよ。。」と先生にいわれるたびに 

「そんなわけないだろう。。ごれだけ家でわ〜 わ〜しながら宿題しているのに。。」と思っていましたが 本当みたいです。。

全体的に家庭では学習面でのつらさが対人面で安心している分出ているようです。


« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »