« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

長男9歳になりました

Photo
リクエストはお母さんが作ったブルーベリーチーズケーキ
タルト ブルーベリーの入ったほんのりピンクのレアチーズケーキ ブルーベリーゼリーの三層構造にしてみました。
激務のパパもなんとかかえってきて家族で食卓を囲むことができました。。

今日は完成したばかりのレゴを公園に持っていきたいと聞かない長男
壊れたり 部品なくすからってとめて
なくしても癇癪おこさない約束だったのに 
まんまと部品をなくしパニック 
散々公園をさがしまわったあげく靴箱の下におっこちてましたというオチつき
もうぐったりです。。。。。。。。。。
その後の漢字のプリントは無惨なほどパニック
激動の8歳だったな〜といまおもいます。。
2歳のいやいや期の自分を思い出しました。。

9歳はどんな感じになるのかな?

音読 漢字をよむことだけは 自信を取り戻したみたいですが。。。
こだわり 苦手な物が増えてく一方 長男の気持ちが落ち着く9歳になるといいな

夏休みの見通し〜結果〜

夏休みのはじめに夏休みの見通しを立てました。そちらの記事はこちら

目標は3つ
得意でもっと伸ばしたいこと
苦手だけどちょっとできるようになりたいこと
大切だと思うこと→挨拶すること

をそれぞれきめて100個シールを集めると映画が見れるはずでした。

長男
自転車を外で長距離乗るかローラー台(得意な物)
1学期に習った漢字帳をよむ(苦手なこと)

次男
切り紙(得意なこと)
縄跳び 毎日続かなくてもいいので50回飛ぶこと。(にがなこと)

結果Photo_3  

100個到達しました

本当お出かけとか旅行のときでも極力やっていて毎日コツコツ

長男は目標の25日までに次男はおまけの27日までに

26日から学校が始まりましたのでぎりぎりですがやりとげました。。

長男は書くことは相変わらずできませんが1学期の熟語全部すらすらいえるようになりました。

ローラー台のフォームもよくなり くるくる回せるようになり 道でもぐんぐんこげるようになりました。

長男は途中からローラー台に乗りながら漢字の読みをするという技をあみ出しました。ゆらゆらしてる中読むので気持ちが落ち着くそうです。

次男はなんと50枚もの切り紙をしました。

全てはのせられないし自由研究に出せないので写真に撮ってまとめました。

Kirigamisumou1

展示したのはその一部をクワガタのトントンすもうにして

Photo_4

土俵の中にたくさんの切り紙が入ってます

たとえば

Photo_5

Photo_6

Photo_7

すごくはさみ使いが上手になりました。

縄跳びも15回は連続でできるようになりました。

視線が上下しすぎると頭がぶれてつまづくので

とにかく私の顔をみながらまわすように言ったらとべるようになりました。。

ふたりとも成長しました。 というか自分たちでかなり成長を実感できたようでした。

ご褒美は映画のはずが いつのまにかニンジャゴーに

Photo_8

スッカリ気をよくして 

長男は自転車と縄跳び(変更)

次男は縄跳びと切り紙続けるそうです。

それぞれできたら1シール シール三つでコツコツ

忘れ物しなかったらはれる星のシールと交換できることにしました。

早くレゴランドに行きたいそうです。。

WISK-Ⅴ検査中

1年の夏休みから秋にかけて1回うけたのですが 
2年経ったので2回目を検査中です。。
もうすぐ9歳の長男。。。 周りの中の自分を意識するようになったみたいで自己肯定感がまた下がり始めました。

息子は幼稚園まで元気に一日中公園で遊んではいましたが、園生活で多動 他害もなくみんなと仲良く園での活動にも参加できてました。
なので小学校目前に書字の問題が出てきて親がきにしていても幼稚園では
「そんなことないですよ おかあさん とにかく待ってあげてください。大丈夫。」
といわれていました。

なのではじめのWISCの結果で
診断名に広汎性発達障害+ディスレクシアとついたとき
??????????????????????????
っておもっていました。
彼は友だちとも仲良くできるし こだわりもなかった。 書字が始まったらいろんなことが不安で 心配で 自信がなくなって 挑戦することをおそれて 
その不安をごまかすように チックやこだわりが出てきているように思っていた。
あくまでもこだわりやチックはディスレクシアの二次障害に思っていたのです。

この夏休み 不安要素がふえていきました。怖がることも増えてきました。
書字も拒否しが復活しました。
周りの中の自分を意識し始めたのだと思います。まわりも指摘してくる子もでてきますし。。自信がなくなっていく一方 まぁある意味成長ではあるのでしょうが苦しそうです。

その中でも一番の比較対象は弟なのだと思います。
これまた器用で字も長男よりきれいですし、はさみや包丁つかい お手伝い などでわたしへのコミュニケーションも得意、、  ゲームも得意 たぶん定型発達?
お茶をコップによそる ドレッシングをかける ゼリーの蓋をあけることさえ
不安がって それをよそめに 「じゃあおれがやってあげる」って簡単に弟がやってしまうのです。

不安はどんどんひろがっていって 気持ちを読んだり くみ取るのも自信がないみたいで。。。

長男かなり私に対してはあれていました、 日中はしょうちゅう長男はパニックをおこしました。
「こんなつらい毎日はいつおわるの もうつらすぎる〜」と毎日のように泣き言をわたしがいっていました。

とにかく 書字はさけよむだけ聞くだけの勉強にしました。

二学期最初に通級審査があります。
それにもし通ったとして 通級いっている間参加できない4時間分の授業のフォローを私に対してあまえてばかりの長男に教える自信がなくなりました。

そこで心理の先生に本当に通級が必要かどうか ソーシャルスキル部分の検査だけさきに簡単に教えてもらいました。。

結果 本人はいやがっていますが 「通級はいったほうがいいでしょう」というお話でした。

「幼稚園時は周りも幼かったですし 自由を尊重する幼稚園だったのでストレスがなかったのでしょう
やはり 広汎性発達障害はあるのだとおもいます。 年齢とともに苦手な物がふえていくのもとくちょうですし、 長い夏休み決まりきったスケジュールで動いている学校に行っている時とは違って不安要素が多くてストレスになり夏休みになるといつもよりあれるのも 広汎性発達障害の特性なんですよ」
といわれました。

物もならべなかったし ぐるぐる回す物もきょうみなかったし 友だちとも遊べていたし クレーンもなかったし。。。。
ってずっと 広汎性発達障害があることをみとめたくなかったのかもしれません。

どうやって 通級時間のフォローしたらいいのやら。。。
塾はなくなっちゃたし。。。って落ち込んでいたら
申し込んでおいてずっとまっていた大学のLD研究機関から面倒を見ましょうという
連絡が今日来ました。。。 

まぁ 授業内容そのもののフォローはやはりわたしなのですが それでも相談して一緒に取り組んでいただける機関とつながってほっとしました。。

夏休みも明日で終わり。。。 がんばったね私。。。 がんばったね息子
あらしい体制でのスタートになるのでいろいろ大変ですが頑張ります。

かんぴょう とうふ いか おむれつ ぜんざい

Photo
なんてことない きのうの晩ご飯の献立

かんぴょう巻き 
とうふとなめこのみそ汁
イカのわた炒め
ひき肉とジャガイモのオムレツ
ぜんざい
キュウリの浅漬け

じつは忍たまごはん

息子たちがはまっている
忍たまらんたろう ででてくる 気持ちが落ち着く忍術
かんぴょう とうふ いか オムレツ ぜんざい
っていう呪文なんだけど

本当はクジラの呪文っでなくて 九字の呪文
りん・ぴょう・とう・しゃ・かい・じん・れつ・ざい・ぜん
臨・兵・闘・者・皆・陣・裂・在・前
が忍たまたちがまちがえておぼえているというギャグ

これにはまって二人で合唱しているので
こっそりつくってみたら
こどもたちは大うけ

ちなみに ビランダ(呪縛を解く呪文)はビビンバとまちがえるので
前の晩は ビビンバにしてみました。

先週は2泊3日で戸隠キャンプしてきたんだけど
ちびっこ忍者村と 忍者からくり屋敷にいって
忍者の夢がさらに膨らんだ子供たちでした。

かわいい子には旅をさせよ

長男も1年生のとき1人で少年キャンプに参加させた。そしてあずさに乗ってかえってきた。
そして次男も1年生。。1人で少年キャンプに参加してきた。。
長男も参加するのだからおんなじ日時にすることもできたけどあえて ちがうパートにそれぞれ参加させた。。

長男は新宿から1人であすさにのっていった。。
次男は一緒にあずさに乗って茅野でおわかれ。。

もちろん電車の乗りかた マナーなど徹底的に教えたし
写真にとってカードにして全体の流れもつたえた。。

3泊4日の少年キャンプ くわしくはコチラ
長男はパート1 
次男はパート2

長男は次男が「まって〜」の言葉に随分我慢させられ まった
次男は長男のディスレクシアからくるあらゆる不安を励まし学習面において長男に付きっきりのことを随分がまんさせられ まった

だからそれぞれ1人で行かせたかった。。

大好きなマウンテンバイクで山に入り
川遊び 虫取り キャンプ 牧場体験 料理教室 写真教室
ともりだくさん。。

Photo_2

Photo_3

どれも笑顔いっぱい。。
正直お泊まり保育のなかった次男は初めての親離れ泊まり
こっちがドキドキした。。

長男はかえった後も宿題の際 書字したくなくって 
「う====!」と訴え逃げ出そうとした。
「逃げたかったら逃げてもいいよ。。
 でもいろんなこと乗り越えられたのだから大丈夫。。
 学習のペースを落とすのも環境をかえるのもいいよ。。
 うーーーー!て察してもらうのは今の環境じゃ無理だよ。
 キャンプでもこまったときうーーーー!っていったのかな?
 応援するからやれるだけやってみな。」っていったら
 キリリとした顔をして
 「頑張る」といって字をかき出しました
 ローラー台も漢字単語カードもがんばって続けています。

次男は重たい荷物をもってあずさからおりてきた。
随分しっかりとした顔つきに。。
帰りの電車で席が空いていても座らずたっており
最寄りの駅から自宅まで自分でリュックを背負ってかえってきた。。
「歩くの疲れた〜 まって〜〜」ってないて訴えていた次男が

Photo_4

息子たちの強みは 行動力だといつも思っている。。
一合一会の出会いを大切にして楽しむことができる子たち。。
日常に置ける環境をうまくすごせるのも大切だけど
この瞬発力と出会いに感謝する気持ちがあれば
可能性は無限に広がる

一カ所にとどまってうつむくな旅に出よ。。
かわいい子だからこそ旅に出しました。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »