« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

カマキリのたまごみつけた!

私が小さい頃みてびっくりした体験
ずっと200も300匹とうじゃうじゃ出てくる子カマキリの様子をみせたくて
探していました。。
やっと発見
Photo_8
じゃ〜〜ん

しかもおくには
Photo_9
みのむしのおまけ付きですよ

暗号を解いておばけちゃんを集めよう!

ローマ字の練習をかねてこんな遊びをしています。

学校から帰ると時計のまえに暗号文がおかれています
Photo
暗号文はローマ字でかかれています
Photo_2
表をみながら暗号をときます
Photo_3
おばけちゃんの切り紙をみつけます
Photo_4
Photo_5
Photo_6

どんどんつり下げていって
Photo_7

10個それぞれあつめたら自家製カボチャプリンが食べれます。

ローマ字のお勉強

いま3年生の国語ではローマ字を習っています。
そんななか社会の宿題で1週間の親の買い物 どこで何をかったか?
表に記入してくる宿題がありました。
5センチ×8センチほどのスペースに補助線もないフリーの中に書くには字もかなりちいさいですし、長男には至難の業です。

そこで毎日パソコンのキーボードを打たせてプリントアウトした物を切り貼りして提出しました。
ちょうど9月からポケモンタイピングの練習をしていたのでいい機会と思いやらせました。
ポケモンタイピングとは
Photo
ポケモンの名前をうつ練習をするDSのゲームです。。
なかなか苦戦でしたがこつこつがんばっていました。
とりあえず指のおく場所は無視です。まだ指1本うちですが。。。。

特別支援教育に理解のある今の担任の先生のうちに教室にポメラを持ち込み可能にしてもらい 長文をかくときに使わせてもらえることが目標。。
最終的には中学の授業中ブラインドタッチでみんなと同じペースでノートをとるかわりができることです。
すでにごくごく一部の小中学校では導入されています。
これは地域差もあり、東大最先端研究所の協力のもとやっとこさ実地にふみきられはじめたかばりです。
1年前に我が親子も東大最先端研究所のこころ相談室の門をたたきました。

海外ではあたりまえの補助ですが日本はまだまだおくれています。
またディスレクシアの場合試験も

1 試験時間の延長…通常よりも1.3倍長い試験時間に延長
2 拡大文字の問題用紙…1.4倍に拡大せれて問題用紙(文字を読むのに支障がある場合)
3 別室での受験
外国の名門大学もあたりまえのように導入されています。
日本も2012年からセンター試験で特別措置が導入されました。

(1)申請書
(2)医師の診断書
(3)高校定期試験での特別な措置を示すもの
(4)普段、学校生活で取られていて措置を示すもの

を出願時提出しないと行けません。

この(3)(4)のベース作りをしたいのです。

実際息子は理解してないのでなく書字をすることが困難なだけの場合が多く
問題文を読んでやるとすんなり答えが出せたりします。
東京オリンピックの頃にはタブレット学習があたりまえになるとおもっています。
暗記の時代ではなく使いこなす応用力の時代は目の前です。

とはいえ前例を誰かが作っていかないとすすみません。

今はこつこつパソコンで文章が打てるよう練習中。。
また書けなくても熟語を読めれば変換した時に出てきた漢字を見つけることができるので3年生のならった熟語は単語帳にどんどん書き足していきました。時間があるとき、機嫌がいい時に読ませています。
わからなくてもきにせず すぐに答えをつたえて どんどん読む練習をしていますフラッシュカードのようなノリで。。。 
読むことはほとんど大丈夫な状態まで長男がんばりました。

キーボードを打つとき 
平仮名も書いてあるキーボードだと視線がちらついて息子にはむずかしいです。
アルファベットのみのキーボードがいいようです

B

またローマ字を確認する時に利用させていただいているのが

フリー教材 チビムスさんのパソコン記入用ローマ字

縦軸が行 横軸が段になっているのがみやすいです

「れ」なら「らりるれろ」だからRからはじまって「れ〜〜〜〜〜ぇ」と「え」になるからEだね。。 とやっていたらAIUEOの位置はわかったみたい。。

ローマ字を覚えるのに気をつけているのはもうパソコン入力のローマ字だけをとにかく今は覚えさせているということ

学校で習う訓令式(日本式)は無視

今は英語をおしえないようにしています。アルファベット表もあえてみせないように

りんごは 「RINGO」  「apple」もおぼえようとすると混乱するから

ろけっと 「ROKETTO  」?「roket」なのか?ってね

とりあえずブラインドタッチができるまでは英語は封印。。

平仮名の「せ」カタカナの「セ」世界の「世」の区別がつきずらくそれぞれの引き出しにしまえないむすこには難しいから。。

たのしみながら覚えられたらいいな。

新鉛筆フォルダー

まえのアルミの鉛筆フォルダー(アルミならどうだで紹介したもの)
9ヶ月ほどもったのでよい物だったと思います。
ただ新学期よりわざわざフォルダーから出して鉛筆をカミまくるようになり
また無理矢理突っ込んでは支えるところがおれてどんどん駄目になっていきました、
一時安いノーマルな金属の補助軸にしたのですが1日でペッチャンンコ 噛みちぎって半分に切るまでしてしまいました。

そこで新たに導入したのが ITOYA の鉛筆フォルダー
Photo
これいい!
まずしっかり強度あり。 ゴムクッション性あり
太すぎない(前回は太すぎるのが悩みだった)
鉛筆のとんがってない方の金属のところをくるくる回すと固定できます。

教具で子供サポートできるならさがしまくるぞ!

小骨

今年は子供会の役員になりました。もちろん今までも親子で参加できるものは極力参加してきました。
うちの町内会は子供会の活動がしっかりしていてイベントも多く長く続いています。

旦那の実家に越してきて「あ〜ここの土地でずっとくらしてここのお墓に入るんだ」と家を建てたことで覚悟も決めていました。

地域になじんでいきたい
子供会 図書ボランティア 読み聞かせボランティア PTA役員 とにかく地域のこどもたちと積極的に 学校にも積極的に関わり いろんな学校内の情報 また長男の様子を把握できるよう まわりの客観的意見も感じ取れる自分でいたいと走り回ってきました。

でもなかなか 息子の苦手な部分をきちんと話すことはできないでいました。
なんでも自分で背負い込んで自分の目で息子をチェックしないと不安で対応にぬかりないようアンテナ張り巡らせていました。

子供会の役員の会合で イベント半分けなどをきっかけに息子の苦手なこと
書字と読字が苦手でストレスからオーラルチックがあること
不安からこだわりが増えていることをつたえました。。
登校班でこだわりをみせてパニックになっていたこともあったようで(ぬかりありでした。。。なさけない)
対応を聞きたかった とおっしゃっていただきありがたく思いました。

子供会の役員の皆様は長いこと子供と接してきていて自閉の高いコも過去にはいたし もともと支援員をなさっているかたもいて
「社会の中でやっていけるよう 子供会みんなでいろんな大人でみまもっていきましょう 大丈夫」とおっしゃっていただきました。

もう涙涙。。。。 甘えすぎず親子共々成長していけるようがんばります。
引っ越してきて本当によかった。。
もう地域に貢献してから骨埋めます

喉の小骨がすこしとれました。

もちろん全ての方に理解していただけるとはおもっておりません。
誠実に毎日を過ごすことで道が開けるといいな

スカイツリーへツーリング

10キロいくかいかないかの距離なのに
やっとこさはじめていきました。
長男は行きたかった公園とちがい予定の変更にとまどい
公園でたちつくしてしまい大変でしたがなんとかたどり着きました。

こういうとき いっつも「こんなやつはしらん!」といって先に行ってしまうパパ。

最終的には 家族でいっておいしい抹茶ソフトたべてハイタッチ

Photo_3

毎回 「どうやってここまでつれてこれたの?」っと旦那は不思議がる。

話しかけずじっくり待って 遠くにはなれたり 
でもみまもっているよ って近づいたりしながら ひたすらまつ。
「なんかのどかわいちゃった コンビニでジュースかお。」っていって走り出すだけです。

気持ちが落ち着いたら 本当は行きたいけど どういいだしたらいいかわからないので 全然関係ない話をして 長男にとってほんのちょっぴり特になり 動き出すきっかけをあたえ さらに悩んでいた行動の有無にはつながらないことをするのがポイントです。。

でもそれよりポイントは 
予定をきちんと伝えて さらに変更になることも伝えておくって言うこと。
なんだけどね。。。

トチの実

グランマが主催している水辺の交流会 
子供たちに自然で見つけた物で遊べること 川の様子などを伝える活動をしています。
トチの実を大量にいただいたそうで 
トチの実で何か工作できないかしら?と相談をうけました。。
元工作先生だったのでそういうお題あたえられるとウッキウキ
小学生が簡単に作れるもの。。。。。

お人形にしました。
Photo
Photo_2

トチのみの模様が男の子や女の子のかみがたにみえました。
乾燥してなければ目打ちで簡単に穴をあけられます。
ボンドはなかなか乾きづらいともってかえりにくいですよね。。
そんなときは爪楊枝で連結です。爪楊枝の先っぽにボンドをつければさらに完璧
また時間があれば。。。と操り人形を提案していたのですが
糸を結ぶことは低学年には難しいかな?とおもってやめました。
そんな時はわたしはモールをよく使います
モールなら穴にも通しやすいし結ばなくても固定できるから

またトチのみのからは乾燥しきるまえならはさみでサクサクきれます。
なので殻を色々アレンジすることでそのコそのコの個性も出ますね。
殻にモールをさして木のみを入れると花カゴになって人気があったそうです。
人形をもって動かせるようにたけひごも差しました。
手は数珠玉やドングリにしたいところですが
簡単に布を結ぶだけでも手にも見えますよね。
とにかく簡単にアレンジがきくのが大勢のコに教えるコツです。

はじめての通級

きょう初めての通級にいってきました。
本校で給食を食べ終わったころ迎えにいき 家から自転車で通級学級に向かいます。
週1回 個別指導で5、6時間目に行くことが決まりました。
今日は 基本の二本の線の間をなぞる運筆の練習
目の動かしかた
たて読み 横読みの練習では たて読みの方が読みやすく 横読みだとどこ読んでいるかわからなくなるようでした。
また物を探し出すゲーム(目の動きの練習) など色々したようです。

書字 読字がどれくらい苦手なのかゲームを通して確認していたようです。

長男はとっても楽しかったらしくてほっとしました。
同じ時間の個別授業の子3人ともすぐに仲良くなって遊べたみたい。。。

長男が一番不安がっていたことは 本校のクラスメイトがどんな風に思っているかってこと

以前1年生終わりから2年2学期まで週1水曜日給食後早退してLD支援をしてくれる個別塾にかよっていました。
そのとき色々きかれたそうで「1人で塾なんてずるいぞ」「どこいくの?」
といわれるのがかなりストレスだったみたいです。

のちに鉛筆をかむチックがひどくなりタオルを口にパンパンに詰め込んでいたとき
「どうして?」ときくと
「みんながどう思っているか?不安になるとタオルを押し込みたくなる」といっていました。一番嫌だったのが早退の時だったとか

そこで今回はクラスのみんなにしっかりどこに行くのか説明して理解してもらうことにしました。

はじめ私が読み聞かせの際に読もうと思っていた本を先生が長男が通級に言っている間に読んで説明しておきます。といってくださいました。
長男に確認すると読んでほしい といっていたのでお願いすることにしました。

Photo
ありがとう、フォルカーせんせい
という本です。

作者のボラッコの子供の頃の実話です。
ボラッコは小学生 長男と同じディスレクシアです。
いろいろいじめられて つらいおもいをしていたボラッコでしたが
転校先のフォルカー先生に出会い LDの特訓を放課後することになり
だんだんいろんな本が読めるようになります
そして絵本作家として成長するお話。。

いじめのシーンもあり 読んでいい物か悩んでましたが 
担任の先生が お任せください といってくださったので お任せしました。

通級から帰ると自宅にかわいい同級生の女の子がふたり これまたかわいくラッピングされたお手紙をとどけてくれました
「いままで無視ししていてごめんなさい ひどいこといってごめんなさい 
 すごく頑張っていることがわかりました。 これからも一緒に○○小学校でがんばろうね」といった内容のお手紙をとっても丁寧な字でおもいをこめてかいてくれているようでした。

最近 唾液の匂いがくさい といわれたりしていたらしいのです。
毎日筆箱の紐をあらったりとりかえたりしているのですが
鉛筆かみはひどくなっています。
鉛筆は縦にさけるだけでなく 鉛筆フォルダーからとりだして噛み砕き
アルミのフォルダーもかみつづけ 5本中3本駄目になりました。
その3本 よくある金属の補助軸にしたら。。。
ペッちゃんこになるまでかじりまくり 金属 真ん中でカミひきちぎられていました。。
よく口を血だらけにしなかったな。。とおもうほど無惨な状態です。。。

また 
「あいつは 噛むと気持ちが落ち着くんだから そっとしておいてやれよ」
「どこだかわかりづらくて わからないまんまおわっちゃったから もういちどさせてやろうぜ」とずっとかばっていってくれてる男の子がいるのですが。。

すごく感謝しています。。 その私の感謝の気持ちも生徒たちに話してくれたようです。。

本をよんだあと 「目をつぶって心に手を当てて考えてね」といってくれたようです。。

いままでも ほとんどの子が 優しい目でみまもってくれる学級で 
感謝感謝でいっぱいでした。 
だから申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

「もっと 噛まないように唾液の匂いが気にならないように努力します
 あやまります。なんならきちんと保護者の皆様にも何故かお話しします」
 と先生に言うと

「もう十分がんばってますよ これ以上長男君に頑張らせたくないです。
 保護者の方には話さなくていいです 
 子供たちのなかで理解し合うことが大切だと思います
 おまかせください」といってくださいました。。

安心して先生にお任せできそうです。

また抜けてできない2時間分も先生の方でフォローするので一切自宅でしなくていいです。 
週1時間は どの子も苦手なところ できなかったこと うまってないところなど 補う時間をとってあり 余裕をもって授業をしているので 何ら問題はないです」

とおっしゃっていただけました。

息子は夏の不安定からすこしぬけでました。
ほとんど忘れ物なししても週1くらい 快挙です
「つかったらしまうようにすれば わすれないことがわかったから」と言ってました。 まぁ急がしい終業時間のときだとわすれちゃいますが。。。
また 私の見本やなぞりなしで書いた漢字ノートに 先生が
「全部自分で書いたね えらいね」とかいてもらっていらい
連日 全部1人で漢字練習をするようになりました。ハナマルチョウチョがもらいたくて しっかりマスにかけるようになりました。
もう真剣に一生懸命かいています。。するとミスもすくないです。。 
適当にながれるようにふにゃふにゃ文字で書いていた読みがなまできれいに書いています。
またそれでも間違えて書く時があるのですがあえて1人でやったことをほめて細かいことの訂正はさせないようにしています。
「あ〜〜むずかしい〜〜」とイライラしだした時も
「あ〜 これ1年生の時に習った あれとあれじゃない?」とだけいって
知らんぷり 自分で乗り越えてかいています。。

みなさんに感謝をわすれず 息子には成長を実感させてやりたいです

細かいことはきにするな

子供たちが好きな 忍たまらんたろう。。
最近車の中で ラジオドラマ版のらんたろう聞いています。

そのなかでの登場人物
七松小平太先輩 ことあるたびに
「細かいことは気にするな イケイケ どんどん!」
っていうのですよ。。 もうそれがおかしくって。。

なので最近 長男が 「あ。。できないかも どうしよう。。。」
「あ しっぱいしちゃった」って時

「細かいことは 気にするな イケイケ どんどん!」といっている我が家。。

なんだか素直にまぁいっかとおもえるみたいだし
わたしもイライラ気になっちゃってたことも
本当にどうでもいいことだったのかもしれないとおもえることがふえました。

これ いいですよ。。七松先輩ありがとう。。

台風であそぶ?

良い子はまねをしてはいけません。。
すごい台風でしたね。。 隣の店の看板が外れかかって危ないくらいの強風でした。。

そんな中でも息子たちは真ん中のテラスにでたがります。。
風で遊びたいのですよね。。

誰が一番かぜをうけて速く走れるかゲーム!

次男
Photo_2
軽くてメッシュなので雨を下に逃がす
低い車体が安定性あり

パパ
Photo_3
改良に改良をかさね

Photo_4

いざ勝負

次男の勝ち。。。

相変わらず雨 風にもまけずに遊ぶアホ家族です

シュウマイパーティー

息子が幼稚園のとき仲良くなったお友達。。とシュウマイパーティしました。。
みんなでシュウマイ包んだりしてとっても楽しかったです。。
あつあつにシュウマイにビール。。昼間っから飲んでしまいました。。
いろいろみんなが持ち寄ってくれた物でおいしかった物があり覚え書き。。

紅茶豚。。。。紅茶で豚を茹でて甘辛のたれにつけたもの。。。
 どうしてもいままでパサつきがちな焼豚だったのですが早速週末チャレンジ。。
 土曜日の晩ご飯ついでに圧力鍋に紅茶と豚をいれて茹でました。。後はあわせたタレを一煮立ちあら熱とって紅茶豚と半熟卵いれて冷蔵庫へ。。
日曜日はお出かけでかえってきたのは6時半でしたが切って並べるだけだったのにすごくおいしくいただけました。。
つけ込んでおくのがパサつかないポイントなのね。。ちなみに蒸し鶏も蒸し汁につけ込んでさまして時間を置いた方が断然おいしいパサつかないですものね。
(さとこちゃんありがとう)

ツナ缶と塩昆布で炊き込み御飯 味付けは塩昆布のみ めちゃくちゃ簡単でおいしかったです。。。さんま蒲焼き缶もそうだけど災害時のサバイバル料理として調味料がないのは覚えていていいですよね(よしみちゃんありがとう)

シュウマイはわたしのレシピだったのですが元はと言えば雑誌のレシピ。。
そこには豚ひき肉だけではなく豚バラ肉をたたいていれるレシピでホタテ缶を入れるのもポイントだけど この豚バラの粗挽き感がおいしさのポイントなんですね。
最近は粗挽きの豚肉をうっているお肉屋さんを見つけて以来それを投入。。
プチプチ歯ごたえがあっておいしいのです。。
ハンバーグも普通通りに合い挽き肉でつくって仕上げに粗挽き豚ひき肉をさっくりまぜあわせて焼いてあげるとものすごい肉汁でふっくらジューシーに仕上がることがわかりました。。

おいしい情報の共有。。。

Photo

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »