« 春休みチャレンジ | トップページ | 春休みチャレンジをおえて »

新学期の支度は自分で

新学期にむけて必要な物
一緒に手伝いながら いらないプリントを整理したり 教科書ノートを整理したり
いらない鉛筆など処分 色鉛筆削ったり 絵の具ふいたり
洗い物チェック をしました
そうしながら それぞれに 足らないもの 補充しないといけない物を
記入させました

その買い物リストをもって駅へ買い出し。
かったものは自分で持たせます 
買いながら 
「鉛筆は1ダースで600円だったね。
1本いくら?」
学校帽は1400円に名札は100円さっきの文房具屋さんの会計を足すと?」
などお金の計算をさせながら 買い物。。
上履きは2種類 こっちの方が安いね 300円安いからその分
普通の靴もこっちのかえそうだよ

みたいなお金の勉強。。

3月 長男は鉛筆を6本一気に使えなくするのを2回しました。
ものの2時間で1ダース粉々半分にしたのです。
(ステッドラーのめっちゃ高いものだっただけにショック)
学校帽と水中眼鏡もなくしました。
水中眼鏡は自分のおこづかいから購入させました。

なくして こわして 
「かって〜〜〜〜」 があたりまえでは困ります。
どの物がどれくらいの値段なのかわかったでしょうか?

「大好きなガンダムカードが100円だから 65回分長男はできる分を買ったんだね」
これが一番分かりやすいのかも。

« 春休みチャレンジ | トップページ | 春休みチャレンジをおえて »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春休みチャレンジ | トップページ | 春休みチャレンジをおえて »