« パパおにぎり弁当87 | トップページ | パパおにぎり弁当88 »

これが10歳のかべなのか?

10歳の壁ってしってますか?
体はグーンと大きくなって力もありあまってきている。 でも
内面的成長においてバランスが悪い為に 
イライラしたり 学習についていけなくなったり
自己肯定感が低くなりやすい  価値観も多様化してかわってくる
これは定型であっても同じ。。ギャングエイジっていうじゃない?
感覚統合 脳の発達がほぼ完了して 成長の節目
心が不安定で揺れ動く時期なのです。

 

9歳を境に具体的思考から抽象的なことも理解できるようになってくる時期だそうです。
ただ、言葉を聞いてそれを視覚イメージとして再現できないと、その言葉自体が理解できない
言語の意味の取り違えの多い息子はつらいでしょう
9~10歳になると、人の気持ちや背景を察することができるとともに、自分を客観視することができるようになるといいます  息子は自分を客観視するのが苦手です
9歳以下で生活の中での実体験が少ない子、考えない教育をうけてきたこにも同様にかべになるようです。 まぁこれに関しては実体験 考えさせるようにしてきたのでまぁまぁだともうけど

 

また親よりも友だちの評価を気にする時期です。 
「みんなどう思っているんだろう?」不安さは強くなっています。

 

親は思春期にむけて子離れの準備をする時期になっているんですよね

子ども自身で乗り越える必要があるのですよね。。

 

最近息子は荒れています。この10歳の壁なのかな?

2月末あたりから様子がおかしいのです。

 

What?

何がおこったかというと

●鉛筆を折る ●チックが強くなる ●つま先立ちが多くなる

●間違えた字をくりかえしかく ●ポロポロ涙を流す

●ディクレアセンターにいくことを拒否

●机の中の物をぶちまけたり

●紙をくしゃくしゃにしてしまったり 破いたり

など 

落ち着いていた気持ちの切り替えこだわりがまた強くなってきたのです

 

WHY?

なぜでしょう?

●担任いわくその時期に隣の席になった子が幼く、ちょっかいを出してきたり イライラするとその子は鞄をバンバンたたいたり 机をけったりするそうで 怒りの出し方のモデルとしてしまったのでは?といいます

心理の先生も影響が多かっただろうと言います

●漢字に完璧さを求めすぎている 気負いがある

学期末漢字テスト合格点を一発でとるのを目標に、そのためには小漢字テストも100点を目標にしているようです。そのためには何度も書かないといけない 

↑ こだわり 想像力の問題 自分を客観視できてない

●周りの邪魔が入る 弟であったり 隣の席の子であったり 

↑落ち着いていた音の過敏さがでてきている

●春休みの長期休みの不安

↑同一性を保持したい こだわるこうどうがふえている

 

ではどうしたらいいのか?

 

正直 私も疲れてしまいました。 どうしたらいいものか

テスト前日間違いを指摘すると パニックになり何度も間違いをかく

終いにはカーテンをひっぱり ハンモックをビリってやり 壁を蹴ろうとしたので

手を挙げてとめてしまいました。 

新学期に入っての初めての漢字テスト100点でなく間違いを指摘されて 鉛筆をおり

机の中をぶちまけた息子 

ほんと些細な箇所なのですが あきらかに足らないのがあるのです。

(いや〜まるっきりの空白ではなく全て埋められているのだってすごいはずなんだけど)

その後もなかなか気持ちの切りかえができなかったようです。

そこで第三者の方に助けをもとめることにしました。

 

担任の先生 通級の先生 心理の先生 ディスレクシアセンターの先生 皆さんに意見をききました。

 

週2で心理の先生に息子のカウンセリングをしてもらうことにしました。

通級ではまずは安らぎの場 居場所作り そのうえでコミック会話などの振り返りをおねがいしました。

なににおびえているのか? 話してもらえるように。。

またできるようになって減っていた環境整備

予定の変更 時間の余裕 みとうしをたてること こちらが余裕を持って接してあげるようにしたいと思います

 

「怒りの適切な処理を 表現の仕方をまなぶこと」「自己理解」

今年の息子のテーマとなりそうです。

« パパおにぎり弁当87 | トップページ | パパおにぎり弁当88 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パパおにぎり弁当87 | トップページ | パパおにぎり弁当88 »