« やる気の空回りでパニック | トップページ | 夏休みの見通しとポストイット2014年版 »

見稽古と冷静になるコツ

学期末と梅雨の時期本当に不安定な息子。。
泣いてしまうこと増えてます。
でも泣いてすっきりすることばかりではないし パニックから気持ちを切り替える練習も必要です。。
振り返ること それが重要に思います

(例え1) 
お皿を割っちゃいました。 音にびっくりしてどうして言いか分からず泣いてしまいました。
結局 お友達がかわりにかたずけてくれました。

その日は通級のお迎えだったので 私と一緒に副校長先生に謝りにいきました。

(振り返り)
大きな音はびっくりするね 怖かったね 割ってしまったことだけでもびっくりなのに音まで大きくてつらかったね
ママの時代はアルマイトだった なんで割れるお皿を今はつかっているとおもう?
割らないように大切に扱う 暖かみのある食器で食べれるように考えられたお皿だね (我が家も赤ちゃんの時から陶器をつかわせてます) お家でお皿割れることなんどもあるよね。 学校でも割れることがあるってことわかったね。
割れたら謝ることが大切だね 
でもパニックになって謝れない時もある でも落ち着いた時でも謝ったり 手伝ってくれたお友達に感謝の気持ちを伝えるのが大切だよ

って話を私が一方的にはなすのではなく 「ってどうおもう?」など自分でいわせながら一緒に考えました。
そしていえないかもしれないけど「手伝ってくれてありがとう」っていう練習もしてみました。

パニックになったのは仕方がないでも 振り返られた 
お家に帰ってビー玉貯金

(例え2)
お楽しみ会の係でじゃんけんで負けて悔しくて30分泣いていました

(振り返り)
朝から嫌なことばかりだった
Nくんがたたいてきてすごくやだった でもNくんはすぐに手を出してしまう特性のある子だから我慢しなきゃっておもって でもそれから1日ブルーだった
そして楽しみにしていて一緒にAくんとあるゲームのチームになること楽しみにしていた。。でもじゃんけんで負けて嫌なゲームになってパニックになっちゃった。

(振り返り)

本当に丸一日嫌なことばっかりだったかな? ストレスがたまっていたんだね
ストレスたまったらすぐに友だちに愚痴をこぼしてみたら
「Nくんがたたいてきてとってもショックだったんだ でも我慢しなきゃって」
「俺も今日やられたよ。大丈夫?」
「まぁ そんなひもあるよ」
友だちはいろんな言葉で返してくれるかもしれない いっただけですっきりするかもしれない
ジャンケンでまけて涙か出てきた
落ち着くつぼ(背中の下の方と手のひらをまずはマッサージ)を押して深呼吸しても駄目なら 
「くやしかったなあ 一緒にやりたかった」って口に出してごらん
「そっか じゃあ次は一緒にやろ あのゲームもおもしろいかもよ」ってアドバイスがもらえるかもしれない。 いうだけですっきりするかもしれない
マイナスなことばかりイメージするのもよくないけど パニックするまえに悪かったパターンを想像してその時の答えを用意しておくのも大切真。

実際 どういえばよかったかな?を劇のごとく相手のこの役になっていわせてみたりしています。

またいいイメージでないそのゲームやってみたら楽しいかもしれない
と口に出してみるのもいいんじゃない?
振り返られたらビー玉貯金

本当 毎回毎回場数を踏んで対応を自分で身につけさせるしかないです。
勝手に学べないところあるので 一緒に振り返ってあげる
もちろんできている時もあれば 1人で振り返ることもします。でも不安定な時期は振り返りを手伝ってあげるのも大切
すこしまた安定したら 
「まぁ そんなひもあるよ」ってつきはなします

幼稚園の時はそうやって1つ1つ教えていったでしょ。。不安定なときはそこまでさかのぼることも重要に思います

でもそろそろ 客観視できるようになるためにも
見稽古を息子に勧めています
やらなくても剣道でもみることで体にイメージさせることでできるようになる話がありました。
実は息子よりしょっちゅう泣いちゃう子もいます。 
どうすればよかった?どう声をかけたらそのこ落ち着いた?
「悪い点とったって一生の命に関わることじゃないし」ってはげましたっていってました。
イライラすると手が出る子もいます。
そういう特性があるんだな でも後で謝らないとだめだよね みんなびっくりしちゃうよ 素直に謝ればいいのに

まぁ 人のことならよくわかってます

友だちと一緒に成長できるといいのですが。。

« やる気の空回りでパニック | トップページ | 夏休みの見通しとポストイット2014年版 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やる気の空回りでパニック | トップページ | 夏休みの見通しとポストイット2014年版 »