« バレンタインモビール | トップページ | スープジャーお弁当セット13 »

東京のグループ通級がなくなるの?

息子は通級に週1回 午後2時間だけ個別で他校に通級にいっています。
いわゆる情緒級 息子のようにディスレクシア(LD)や 不安によるチックも含め
人とのかかわりが円滑に行えず、社会生活に適応しにくい面があるが、通常の学級での学習が可能な子が通っています
その通級が巡回式のみになります。
通級指導教室 情緒級が28年度よりなくなり 小集団指導ができなくなる
と通級の先生も危惧されておりました。

すでに東京都特別支援教育第三次計画実行中で4区?でモデル事業として各校に通級の教員が出向いて
そちらで取り出し授業とするという形式にするようにしているようです。

もちろんLD部分一番の困り点だとしたら正直取り出し授業でカバーしていただけるのはありがたいとおもいます。

でも理解されないことにより2次障害にいたったこの居場所だったり通級であることのメリットもいっぱいあり
いきなりなくなっては困るお子さんも多いかと思います。
またグループや他校通級にいくことにより気持ちの切り替えができることもありがたい
確かに送り迎えは大変ですが 親もどのように子どもを支えていったらいいのか相談に乗ってもらえたり その週に問題が起きてふりかえりをすぐに対応してもらいたい時にも直接はなす大切さはあります
心までささえていただいています。
いろんな感覚統合訓練ができる(子どもにはご褒美遊びに感じる)施設や道具も
巡回式のみになるとありません 
先生もマンツーマンになり他の先生の目もなくなりいろんなアイデア関わり方の提案が出し合えなくなると通級の先生も問題に感じているようです

一方東京都とLD親の会の質問書の返答の場においては
働いているお母さんが今はいっぱいいるのだから みんな付き添いがなくてたすかっているという 肯定的な意見ばかりです
と都の方からお話があったようです

もちろん送り迎えの大変さから巡回式があるのはたすかります
巡回式とグループ通級選べるようになってほしい(今もできますが)というのが私の願いです

実際 友だち関係で来年はグループ通級で午前中4時間過ごした方がいいという話が我が子にもでております
28年度うちの子は卒業しちゃうから関係ないではなく
実際現状どうなっているのか考える 知ることが重要に思います
LD親の会東京東部支部準備会で 下記の勉強会を企画しました
(私は東部支部のお手伝いをしています)

ご興味のある方は是非足を運んでみてください
申し込みベージはこちら

************************************
   

第2回 研修会
「東京都における特別支援教育の取りくみ」
~発達障害のある子どもたちへの適切な指導と必要な支援について~

  通常学級で学んでいる発達障害のある子どもたちの教育環境は、どのように整っているのでしょう。 特別支援教育は、特別な支援を必要とする子どもたち全てが在籍する学校で実施されていますが、 発達障害のある子どもたちにも、適切な指導と必要な支援が届いているのでしょうか?
  第2回の研修会では、東京都で実施されている「特別支援教育推進計画第三次実施計画」での取り組みや、 基本的な考え方をお聞きしながら、最新情報を取り入れる機会となるよう計画しました。
  多くの皆さま、ぜひご参加ください。ご来場をお待ちしています。

  •     日 時:2015年2月7日(土)午後2時00分~午後4時30分       
    (受付は午後1時40分から)
  •     会 場:タワーホール船堀 307会議室
              東京都江戸川区船堀4丁目1番1号 TEL 03-5676-2211
  •     講 師:山本 優 先生
    (東京都教育庁指導部特別支援学校教育担当課長)    
  •     定 員:42 名
  •     参加費:無料
  • 対 象:発達障害のある子どもの保護者や家族(東京東部地区在住の方優先)、
              支援者、教育・福祉関係者、その他一般の方
  •     主 催:特定非営利活動法人 全国LD親の会
  •      協 力:東京東部地域に在住の保護者有志のみなさん
  •     申 込 : 上記の講演会の案内用紙でお申込みください。
              (1)E-MAIL ldkouza_tokyoeast@outlook.jp
              (2)FAX 03-6276-8985
           ※必要事項(郵便番号、住所、氏名、電話番号、所属)を明記の上、メールまたはFAX(裏面の込票にご記入ください)にてお申し込みください。
           (参加希望者のお名前はすべて書いてください。)
           先着順受付で、定員になり次第締め切ります。FAXは2月3日(火)で申込みを締め切ります。定員に達し、お受けできなくなった場合のみ、こちらからご連絡します。

« バレンタインモビール | トップページ | スープジャーお弁当セット13 »

育児」カテゴリの記事

コメント

まったくおっしゃる通り。
急な変化が苦手な子が情緒級の子に多い特徴だと言うのに、そこが無視され、親の都合や指導側(っというか都の方針?)が優先されるのは困りものですね。

私のお仕事方面でも「これ、ほんとに子どものこと考えてるの?」って改変があります。
選択肢が増える方向で対応してもらえたほうが、現場は助かるのに、処理の煩雑化や専門家を投入するコストなどと天秤にかけて、合理化が進められてしまうのは歯がゆいです。

エセマダムさん
ほんと不登校だけど通級にきているってこもいますしね。他校通級もありだと
予算の関係だと思います。
巡回式をとりいれるなら
いっぽうで子どもの発達状態 困難さ 障害をうけいれない方もおおいわけで
うけいれられないけど 勉強を見てやる暇ないし すこしだけとりだしてくれるなら
頼みますって子の支援まで取り組んでもらえるといいのですけどね
贅沢ですが両方あるといい

きかんぼさん
都にお金がないのよ とりあえず40人学級のはなしはなくなったけど
それもお金がないから
実はきかんぼさんの区は巡回式がかなり軌道に乗っているモデルケースの区なのですよ。
でもそのかわり先生たちの勉強会や指導員だけではなく いろんなプロがかなりそれぞれの学校を巡回しているのです。 きちんと基盤があってなりたっているということです。
学習支援員を増やすなど ただ巡回式にしてコスト削減するためだけでない改革あってでほしいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バレンタインモビール | トップページ | スープジャーお弁当セット13 »