« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

手作りくす玉

3月のお祝いシーズンに試行錯誤して作った
手作りくす玉紹介します
透明ケースバージョンと牛乳パックバージョン

まずは透明ケースから
Photo_5
こんなレタスみつけました
Photo_6
下に落ちた紐をひくと
Photo_8
ぱっか〜〜ん こんな感じ
Photo_9
仕組みはこんな感じ
Photo_10
金の画用紙貼付けてカバー
Photo_11
くす玉のなかみは 紙テープを八の字にしてホチキスでとめただけ
ひらひらとかわった落ちかたします
それと金色のテープをひらきぐちにつけて

牛乳パックバージョン

Photo_15

下に引っ張ると

Photo_17

Photo_16

うえからみると

Photo_18

こいのぼりモビール

遥か2ヶ月前につくったモビール 最近はfacebookばかりで
アップし忘れてました。来年5月にモビール作る人の参考になればPhoto_2
きれいな柄の折り紙って最近いっぱいある。ついついかわいくて買って使わなかったものをこいのぼりにしてみました。
Photo_3
折り紙の縦 5分の1くらいおりかえし
折り紙の横 3分の1くらいで折る 筒状になるように糊や両面テープでとめる
しっぽになるよう 端っこを三角に切る
切った端切れを えらひれになるように差し込んで糊で貼付ける

今回は顔のいろが白じゃなくしたかったのでピンクや水色の帯状の紙を巻きました
白いまんまでも顔になります
いろんな大きさのシールを貼って目を作ります

竹ひご3本を凧糸で束ねて放射線状に
そこから凧糸をたらしてこいのぼりをつけました。

バランスがとれて平行に泳いでいるように見えるよう
お花紙2枚をくしゃくしゃにしてこいのぼりが膨らむようにいれてます
(テッシュでもいいかと)

くもは白と水色の紙を半分におってから切る
白と水色の雲の間に凧糸がくるように挟み込んでとめる
Photo_4

細長く折った 紙を3本クロスさせてとめる 初心者マークのような形の羽を切ってはる 真ん中はシールではさみました。

金色の紙2枚 をまるめて
紐に差したら
完成です

紫陽花の壁面工作

梅雨に入りました

紫陽花の季節です
簡単な壁面工作2つ

二つにおってさらに折って 丸く切り抜く 中心も切る
するとこんなかんじ
Photo_4
これを紙皿にはっていくと
Photo_5
2色でこんな感じ
色違いで作ると
Photo_6
こんな感じです 葉っぱも半分に追って葉っぱの形に切ってから
ギザギザ 葉脈を切ればできます

別の素材バージョンで涼しく
Photo_7
これはカラークリアファイルつかってます。

このファイル お花の風車の素材の残りで作りました。
おって切りぬいたお花の形をクリアファイルに挟んで切り抜きました。
それを両面テープでつないだだけ

ほかにも雫の形に切り抜いて 白シールをはって水玉にしました
Photo_8
これに過去に作った
カエルの切り紙をあわせると
Photo_9
こんな感じになりました。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »