« IT 利用を受け入れてもらうためには | トップページ | 学び方の違う子の親の会ルピナス 上野一彦先生講演会 »

本人がディスレクシアに向き合うために読んだ本

息子がんばってます。でも時には落ち込んで投げ出したい気分にもなります
そんな時に図書館で借りてきた本は
東京書籍の「いろんな学び方があるんだね」です
例えを登山であらわしてくれているのでとてもわかりやすかったです
(ブログには書いていませんが結構登っている我が家です)
ちょうど5年生くらいにぴったりでしょうか?
本人が読む向けに書かれています
Photo
子供への告知を考えている方にオススメです
もう少し低学年にはフォルカー先生ありがとうがオススメです

« IT 利用を受け入れてもらうためには | トップページ | 学び方の違う子の親の会ルピナス 上野一彦先生講演会 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IT 利用を受け入れてもらうためには | トップページ | 学び方の違う子の親の会ルピナス 上野一彦先生講演会 »